カテゴリ: オトノハにのせて の記事

2020年 04月 08日 UP!

4月8日(水)『オトノハにのせて』本日のお客様♪



11:10~「人ネットワーク」

今日はお客様に、北海道大学 水産学部 名誉教授 安井 肇さんをお迎えしました。

コンブ、特にガゴメコンブと言えばこの方!という安井さん。
昨年度末に一度定年退職をされ、この春からは名誉教授という立場で学生の指導に当たります。
ただ、新型コロナウイルス感染拡大を受け、大学は授業を開始できません。
先生の研究室では、学生のみなさんが個別での研究や、フィールドワークに出かけている状態です。

大学での指導以外にも活動を行う安井さん。函館地域にしか生息しない、ガゴメコンブのブランド化を目指し立ち上げられた産学官連携組織「函館がごめ連合」にも、スタートから参加しています。
会は昨年、結成10周年を迎えました。
当初は知名度もまだまだでしたが、メンバーの皆さんの努力もあり、さまざまに商品化もされ、ガゴメコンブは一躍人気となりました。

ここ最近、収量が落ちていることがニュースになっていますが、低気圧等でダメージを受けた天然物の回復を祈りつつ、栽培(養殖)も腕の良い漁師さんたちの努力で、質の高いものができています。

ガゴメコンブは、ネバネバが特徴的ですが、味わいもまた格別。
和の食材や調理方法だけでなく、洋食にもよく合います。
現在は「ガゴメでコロナに粘り勝とう!」というキャンペーンが市内の協力飲食店で開催されています。
こんな状況だからこそ、地元の特産品を食べて元気を出そうというものです。
このキャンペーン以前から、改良を重ね提供してきたものや、テイクアウトできるお弁当や、居酒屋メニュー、薬膳など、さまざまです。
コンブを主張しすぎず、組み合わせる食材の良さを生かしながら、味に深みを出してくれるガゴメコンブ。
是非、地元の特産品を美味しくお召し上がりください。

ガゴメマンのFacebookはこちら



| 2:12 午後 | オトノハにのせて |

2020年 04月 06日 UP!

4月6日(月)『オトノハにのせて』本日のお客様♪



11:10~「人ネットワーク」

今日はお客様に、アンガーマネジメント函館 えつはし りえさんをお迎えしました。

アンガーマネジメントとは、怒りの感情と上手に付き合うための心理的なトレーニングのこと。
アメリカで1970年代に生まれたものですが、日本でもここ最近、注目度が高まっています。
耳にしたことがある方も、いらっしゃるでしょうか?

えつはしさんは、一般社団法人 アンガーマネジメント協会のアンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナー、アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー、アンガーマネジメントファシリテーター、アンガーマネジメントコンサルタントという、たくさんの肩書を持って活動しています。

北海道教育大学函館分校(当時)を卒業後、先生として教育現場にいらした、えつはしさん。
スクールカウンセラーや、「やさしさを自己肯定感に変える専門家」としてもご活躍です。

怒りの感情は「喜怒哀楽」の“怒”。
誰もが当たり前に持つものです。
それは悪いことでも、恥ずかしいことでもありません。
でも、上手に付き合うことができないと、ストレスが溜まったり、周りの人、自分より弱い立場にある人などに向けられてしまうこともあります。

えつはしさんは、大人に向けて、また年齢別の子どもたちに向けての講座も開催しています。
明日からは、道新文化センターの講座もスタートです。
少人数で換気をしながら安全に配慮しての開講。場合によっては、配信で参加することもできます。
大人向けには、「“しない!されない!ハラスメント”パワハラ・モラハラ防止に役立つアンガーマネジメント活用講座」。
考え方は、1人1人違うのは勿論、時代によっても変わっていきます。
自分が新人の頃にされたように指導をしたら、パワハラと言われてしまった、なんて言う経験をお持ちの方もいらっしゃるかも知れませんね。
子供向けには、「ソワソワさんがどっしりさんに セルフコンパッション キッズ講座」です。
ゲームを通して、楽しみながら進めていきます。

えつはしさん個人でもキッズ講座を開講しています。
毎回の参加はもちろん、都合の良い時のみの参加も歓迎です。
習い事感覚で出かけてみませんか?

いつもとは違う毎日が続いています。
なんだか、もやもや、イライラしているという方もいらっしゃるでしょうか?
リフレッシュの時間を設けることも大切。
そして、時には立ち止まって、自分の心に問いかけながら、ゆっくり進んでいきましょう。

えつはしさんのホームページはこちら



| 2:45 午後 | オトノハにのせて |

2020年 04月 01日 UP!

4月1日(水)『オトノハにのせて』本日のお客様♪



11:10~「人ネットワーク」

今日はお客様に、浄土宗 瀧沢山 湯川寺(りゅうたくさん とうせんじ)副住職の筒井 章順(しょうじゅん)さんをお迎えしました。

名前の通り湯の川、湯倉神社の近くにある湯川寺。
由緒あるお寺ですが、お寺の中にカフェを開いたり、さまざまイベントを開催したりと、楽しい話題を提供してくれます。
お寺と言うと、葬儀や法事の際に足を運ぶ特別な所というイメージですが、かつては地域の方が気軽に集う憩いの場でもありました。
最近では、全国的に筒井さんのような若い世代のお坊さんが、ユニークな発想でイベント等を開催し、気軽にお寺に出かけられる機会も増えています。

ただ、新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、お寺も開催予定だった行事の中止を余儀なくされています。
そんな中、間もなくやって来るのが、4月8日のお釈迦様の誕生日、「花まつり」です。
ここ数年、花まつりの際に仏にちなんで「ホトケーキ(ホットケーキ)」を作る動きが広まってきています。
発端は、吉本の芸人さん・小籔千豊さんのテレビでの発言でした。
イエス・キリストの誕生日・クリスマスには、クリスマスケーキを食べますものね。
お釈迦様の誕生日にも!というユニークな発想です。

湯川寺でも、毎年お寺での「ホトケーキ」作りにたくさんの皆さんが参加して来られましたが、今年はお家で作ったものをSNSに投稿しましょうと呼びかけています。
投稿の際は「#4月8日はホトケーキを食べよう」を付けて下さいね。
また、4月8日正午からは花まつり恒例の「甘茶かけ」の様子を本堂からTwitterでライブ配信します。
是非、こちらもご覧ください。

「ホトケーキ」同様、今お寺で熱いのがカレー。
カレーと言えばのインドはお釈迦様の出身地です!!
兵庫県・尼崎のお寺で始まった、その名も「カリー寺」も全国に広まりつつあります。
湯川寺でも、イベントの際にみんなでカレーを食べて楽しんでいます。
なんと尼崎のカリー寺のカレーはレトルトにもなっています。
今、函館バージョンも、というお話があるそうで、今後レシピ等の検討に入るようです。

今年の1月3日にお子さんが生まれパパになった筒井さん。
今後も、子どもたちにかかわることを含めて、「まだまだやりたいことがたくさん」とお話下さいました。
状況が落ち着いて、またお寺に人々が集う日が遠くなくやって来ることを願います。

湯川寺のホームページはこちら

筒井さんのTwitterはこちら



| 2:03 午後 | オトノハにのせて |

2020年 03月 30日 UP!

3月30日(月)『オトノハにのせて』本日のお客様♪



11:10~「人ネットワーク」

今日はお客様に、株式会社ハコダテミライカモン 代表取締役CEO 矢田 項一さんをお迎えしました。

ハコダテミライカモンは、「未来をつくる人を増やす」をテーマに立ち上げられた、地域プロデュース事業を企画する会社です。
これまで、さまざまに活動してきた異業種のお仲間5人で設立されました。
矢田さんは、飲食店のお仕事や、イベントプロデュースに携わってこられました。
現在38歳!メンバーの皆さん矢田さんと世代の近い、若い力です。

大きな志を持って会社ができたのが、今年1月下旬のこと。
イベント等も予定していましたが、新型コロナウイルス感染拡大予防のため実施できず、出鼻をくじかれるような形になってしまいました。

でもそこで、立ち止まりません。
新型コロナウイルス感染拡大で大きな打撃を受けている飲食店等を応援しようとクラウファンディングを開始します。
お客さんが減っていく中で、年度末を迎え、現金のやり繰りに苦労しているお店が多いということは、飲食店で仕事をした経験がある矢田さんにとって他人事ではありません。
また、観光客が減少し、外に出る人が少なくなる中、函館夜景も灯りが減って輝きが失われている光景を目にしたショックも大きかったそうです。

クラウドファンディングのテーマは「函館の仲間を応援したい!いただきますの未来をちょっと前倒し」。
函館市内のプロジェクト参加飲食店に前倒しで飲食代金を支払えるものです。
応援プランとして、寄付額プラスアルファの額、希望店舗で飲食できるチケットや、物販ではレトルトカレーや海産物等の詰め合わせがあります。
感謝のメッセ―ジが届く、金銭支援のみのプランもあります。
開始から24時間かからずに目標額に達成しましたが、今日いっぱい(深夜0時まで)受付を行っています。

図らずも会社立ち上げ後の、最初の大きな仕事が、この事業となったハコダテミライカモン。
今後の活躍が楽しみな会社です。

CAMPFIREのページはこちら



| 3:34 午後 | オトノハにのせて |

2020年 03月 26日 UP!

3月25日(水)『オトノハにのせて』本日のお客様♪



11:10~「人ネットワーク」

今日は、KTS鹿児島テレビ 放送制作局 担当局長でウェザーセンター長の新井 雅則さんにお電話でお話をお伺いしました。

新井さんは、かつてFMいるかのパーソナリティー・ディレクターとしてご活躍でした。
「25年位前から20年位前まで」とお話下さいましたが、FMいるかの創成期を支えたスタッフの一人です。
ちなみに、私・佐々木がFMいるかに入って最初のディレクターが新井さんで、私の仕事上の父のような人です。
一緒に掛け合い番組を担当していたこともあり、これが新井さんのFMいるかでの最後の担当番組になりました。

この頃に気象予報士の資格を取得し、その後は関東を中心にテレビ等で気象解説を担当。
縁あって2006年から、現在のKTS鹿児島テレビでお仕事をしています。

新井さんはこの度、「鹿児島の四季 晴れたり曇ったり」という本を出版されました。

地元紙・南日本新聞に連載していたコラム「晴れたり曇ったり」を加筆修正してまとめたものです。
取材やプライベートで訪れた場所で見聞きしたこと、新井さんが感じたことが、自身が撮影された写真と共に綴られた、鹿児島の魅力が溢れる1冊です。
鹿児島を訪れてみたくなります。

お話の中では、函館やFMいるか時代の思い出、そこで学んだことがその後の仕事の基本になっていることなどお話下さいました。
「函館は第二の故郷」とおっしゃる新井さんのご活躍を遠く函館から祈っています。



| 1:48 午後 | オトノハにのせて |

2020年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別アーカイブ

Tag Cloud - タグクラウド

4月8日(水)『オトノハにのせて』本日のお客様♪

BLOG PROFILE

*タイトル
807ブログ
*ブログ紹介
函館の地域密着型コミュニティラジオ FMいるか。 皆さまに役立つ情報や、地域の楽しい情報を楽しいパーソナリティがお届けします。

FMいるか Blog&SNS List

  • 函館山ロープウェイ
  • 日本コミュニティ放送協会
  • MUSIC BIRD
  • Adobe Reader

FMいるかの公式ツイッターアカウント

FMいるかのFacebook

80.7MHz 函館山ロープウェイ株式会社 FMいるか

〒040-0054 北海道函館市元町19-7
TEL 0138-27-3700/FAX 0138-23-3100
Copyright© 2003-2020, FMiruka. All Rights Reserved.