カテゴリ: オトノハにのせて の記事

2020年 03月 11日 UP!

3月11日(水)『オトノハにのせて』本日のお客様♪



11:10~「人ネットワーク」

今日はお客様に、株式会社NTT東日本―北海道 取締役 北海道南支店 支店長(NTT東日本 北海道事業部 北海道南支店長でもいらっしゃる)立田 努さんをお迎えしました。

NTT東日本は、東日本電信電話株式会社。
「電信」と聞いても、ピンとこない方の方が多いでしょうか?
最近は、「電信」だけではなく「電話」も、通信の世界ではメインではなくなってきているのかも知れません。
現在は、多くの皆さんが携帯電話、スマートフォンを持ち、便利に活用しています。
また企業などでは「ICT(情報通信技術)」化が進んでいます。

千葉県ご出身の立田さんが、NTTに入られたのは、平成3年のこと。
かつての公社から民営化となって、まだ間もない頃でした。
NTTに就職していた先輩方から「いい会社だよ」とのお話を聞いていたそうです。
当時、会社が掲げていたビジョンに心惹かれたとおっしゃる立田さん。
その中に盛り込まれていた、通信で映像が見られたり、一人一人が通信機器を持つという時代が、実際にやってきています。

入社当時は、まだウインドウズどころか、インターネットがありませんでした。
パソコンは、特別な人が特別な時に使うもの、携帯電話は大きな肩掛けタイプか、車載のもの。
会社からの呼び出し用にと、ポケットベルが普及し始めた頃でした。

それから30年程。
通信を取り巻く環境は大きく変わりました。
通信環境の変化に伴い、NTTの会社の機構も大きく変化しています。
関東近郊でのご勤務が長く、研究所にいらしたこともあるという立田さん。
フレッツ光のご家庭の接続機器の開発にも携わっていたそうです。

地方勤務の機会はほとんどなかったそうですが、昨年の7月に函館にいらっしゃいました。
北海道南支店では、渡島・檜山・胆振・日高までをカバーします。
温泉好きの立田さん。
谷地頭温泉や、湯の川温泉の日帰り入浴を楽しんだり、函館の食も楽しんでいるようです。
また、専門分野の知識を持ってお仕事をされる方の多い職場。
支店長自ら、資格の取得を目指しての勉強もされているそうです。

春から新生活が始まる皆さんの中には、通信環境を整えたいと思っている方も多いのでは?
スマートフォンも便利ですが、ネット環境を整備することによって、可能性が広がります。
また、職場のICT化を進めたいけれど、どのように取り組んだら良いかが分からないという皆さんも、是非ご相談ください。

NTT東日本北海道のホームページはこちら



| 2:31 午後 | オトノハにのせて |

2020年 03月 05日 UP!

3月5日(木)『オトノハにのせて』本日のお客様♪



11:10~「人ネットワーク」

今日は、能戸フーズ株式会社 代表取締役 能戸 圭恵(たまえ)さんにお電話でご出演いただきました。

能戸フーズは、尾札部町にある昆布製品を扱う会社です。
「昆布村」の名前で、まろやかな味わいが人気の「がごめ昆布しょうゆ」や、お出汁・お料理に使える昆布・海藻製品、手軽におやつ感覚で味わえるユニークな商品など、幅広く展開しています。

能戸さんは、函館出身。
尾札部で水産加工業を営むお家に嫁ぎ、昆布の美味しさ、魅力を体感します。
当初は東京にお住まい。
ホームページを立ち上げてインターネット通販を始められました。
本を買って、ご自身でホームページを作り、産まれたばかりの娘さんをおぶってパソコンに向かうこともあったそうです。
後に、尾札部に戻り、2014年に昆布村を立ち上げました。

今一緒にお仕事をしている皆さんは、ほとんどが女性。
旦那さんが昆布漁師だったり、子どもの頃から昆布干しを手伝っていたりと、昆布のことを良く知る皆さんです。
函館デザイン協議会に依頼して完成したロゴマーク、パッケージは印象的で思わず手に取りたくなります。
決定したデザインを手掛けた篠原 麻紀さんは、偶然能戸さんと同じ年齢!!
商品は、ターゲットを定め、コンセプトを決めて展開しています。

NutsKo(ナツコ)は、昆布とナッツ等が入った自然のおやつ。
止まらない美味しさです。
Rinko(リンコ)には、北海道産の乾燥りんごが、Mameko(マメコ)には、厚沢部の黒豆が用いられるなど、昆布以外の素材にもこだわっています。

「昆布村」の商品は、24時間放送のTVショッピング専門チャンネル「QVC」でも紹介されることになりました。
3月8日の「国際女性デイ」にちなんで、QVCでは「輝く女性応援スペシャル」と題して、女性が手掛ける商品の特集が組まれています。
8日(日)の生放送には、能戸さんもご出演。
昨年秋から、放送に向けて打ち合わせや、出演時の注意点などのレッスンを受けていらっしゃるそうです。
お時間がありましたら、放送もご覧くださいね。(詳しくはこちら

昆布の美味しさや尾札部の魅力を、美味しい商品を通して届けてくれる能戸さん。
「昆布村」の商品は、函館市内の土産物店など、またインターネットで購入できます。
是非、ご賞味ください。

昆布村のホームページはこちら



| 1:57 午後 | オトノハにのせて |

2020年 03月 04日 UP!

3月4日(水)『オトノハにのせて』本日のお客様♪



11:10~「人ネットワーク」

今日はお客様に、旧小林寫真館 谷杉 アキラさんをお迎えしました。

美原に「Photo Studio TANISUGI 写楽館」を構える谷杉さん。
2009年からは、大町にある北海道内に現存する写真館として最古の建物「旧小林寫真館」でも撮影を行っています。

谷杉さんは、本町で営業していた「谷杉寫眞館」の三代目。
そもそもは、日本写真界の元祖とも言われる、箱館の写真師・田本研造の「田本研造写真場 五稜郭支店」として開業した歴史ある写真館です。
谷杉さんは高校を卒業後に函館を離れ、東京で雑誌カメラマンとして仕事をしていました。
写真館を継ぐことを心に、函館に戻ったのは25年程前のことです。

田本研造は、函館で土方歳三の写真を撮影しましたが、小林健蔵は、石川啄木を撮りました。
小林が開いた写真館は1902(明治35)年の開業。
現在の建物は、大火の後1907(明治40)年に再建したものです。
昭和30年代頃まで、写真館として営業したのち、小学校の近くという立地からか、文具店だった時代もあるようです。
その後、しばらく空き家になっていたものを、谷杉さんが写真館として蘇らせました。

1階は和の設え。かつては住居部分だったようです。
現在は、そこにレトロな洋の家具を配して、函館らしい和洋折衷モダンな写場になっています。
もともと写場として使われていた2階は、洋風の明るい空間。
啄木の時代に撮影用の照明はありませんものね。
自然光で撮影していました。
現在も、撮影時間などの条件が合えば、当時のように自然光での撮影を行っています。

始めは、認知度が低くほとんど利用がなかったそうですが、東日本大震災後、家を失い結婚式もできなかったというカップルが結婚写真の撮影に訪れます。
そのことが広まり、次々と東北からカップルが撮影にやってきました。
再生された100年写真館に、それぞれの再生への思いを重ね合わせたのかも知れませんね。
その後、全国から撮影希望者が足を運んでいます。

建物の契約により3月末での閉館を発表すると、全国から惜しむ声が寄せられました。
交渉により5月の連休明けとなる5月10日までの開館延長が決まりました。
更に、本日番組内で重大発表が!!
6月1日の「写真の日」に、旧小林寫真館を美原に移転オープンすることを決意されました。
この日は「写楽館」の15周年の日でもあります。

写真館で撮影する写真は特別な物。
撮影の時間も、合わせて思い出に残る宝物です。
この春は、新型コロナウイルスの影響で、お子さんの巣立ちの写真や家族の記念写真の撮影をやむなく諦めた方も多いかも知れませんね。
時期が落ち着いたら、是非写真撮影いかがでしょうか?
旧小林寫館を惜しみつつ、新たな写真館を楽しみにしたいと思います。

 旧小林寫真館(HP
【住 所】函館市大町2-9
【電 話】090-1386-4840
  ※完全予約制。予約時のみの開館です。

 Photo Studio TANISUGI 写楽館(HP
【住 所】函館市美原3丁目58-3(美原学園通り沿い)
【電 話】0138-46-4554



| 2:39 午後 | オトノハにのせて |

2020年 03月 02日 UP!

3月2日(月)『オトノハにのせて』本日のお客様♪



11:10~「人ネットワーク」

今日はお客様に、海上自衛隊 函館基地隊 司令の永井 一成(かずしげ)さんをお迎えしました。

昨年11月2日に函館基地隊のトップであり司令に着任されました。
前任は、広島県・江田島にある海上自衛隊幹部候補生学校の副校長でいらっしゃいます。
ご出身は、愛知県・名古屋市。
美味しいものがたくさんあり、3英傑を始めとして歴史上の偉人も多く輩出している街です。
おじい様が経営されていたアパートに入居する自衛隊の方から、お仕事のお話を聞いていたのが頭の片隅に残っていたようで、高校卒業後は防衛大学校に進学。
海上自衛隊を選んだのは、子どもの頃から水泳をしていた、海外に行きたい、といった漠然とした理由だったそうです。

20~30代は、護衛艦に勤務。後に、オーストラリア軍の学校で学び経験を積まれ、防衛駐在官としてキャンベラにお住まいになっていたことも!!
お仕事はもちろん、各国の防衛駐在官とコミュニケーションをとることも大切。
様々な国の方と、お食事をされたりテニスをしたり、レセプションに参加したりと、貴重な時間を過ごされました。

函館基地隊は、海上自衛他の北海道の窓口として、函館港等へ入港したり、はこだてどつくに修理に入る護衛艦の支援をします。
市のイベントに参加をしたり、もちろん災害派遣にも当たります。
函館基地隊には、お子さんをお持ちのお母さんの隊員さん、また一人親家庭のお父さん・お母さんも勤務しています。
新型コロナウイルスの感染拡大のため学校が休校になっていますが、自分からは「休みたい」という声を挙げにくいのでは?と積極的に声掛けもおこなっているそうです。

永井さんは、今回が初の北海道勤務。大きな北海道に憧れ、念願叶っての赴任です。
美味しい食事やお酒を楽しみつつ、自衛官として恥ずかしくない体形を保つための運動も欠かしません。
街歩きも楽しみながら、お仕事に当たっています。

函館基地隊では、見学を随時受け付けています。
自衛隊には、さまざまな職種・職域があり幅広い選択肢があります。
採用年齢は、18歳以上33未満です。
自衛隊のお仕事に興味のある方、現役自衛官からのリアルなアドバイスを聞くこともできますので、是非お気軽にお問合せ下さい。

見学のお問い合わせは、函館基地隊 0138-23-4241

採用に関するお問い合わせは、
防衛省直通ダイアル 0120-063792(守ろうみんなの国と覚えて下さい)
※年中無休 12時~20時
自衛隊函館地方協力本部 0138-53-6241

海上自衛隊 函館基地隊のホームページはこちら

自衛隊函館地方協力本部のホームページはこちら



| 2:13 午後 | オトノハにのせて |

2020年 02月 26日 UP!

2月26日(水)『オトノハにのせて』本日のお客様♪



11:10~「人ネットワーク」

今日はお客様に、北海道銀行 函館駅前支店 支店長の北川 晃平さんをお迎えしました。

函館駅前・キラリス函館の中に店舗を構えます。
キラリス函館ができ、移転してから3年程ですが、北海道銀行は、ずっと以前からこの地に店舗がありました。
駅前から西部地区にかけての個人の方や、企業等の方等、古くからのお客様も多くいらっしゃいます。
また、函館駅前と言う立地から、ATMご利用の観光客も多いそうですよ。

支店長として昨年の7月に函館駅前支店に赴任された北川さん。
北海道銀行の行員さんにしては珍しく、実は関西の方なんです。
京都生まれの大阪育ち。
その後も、関西で長くお仕事をされていました。
縁あって、北海道銀行でお仕事をするようになったのが15年前。
札幌、登別、釧路で法人向けの融資などを担当してこられました。
広い北海道は、地域によって主となる産業が異なります。
温泉のまち・登別、水産と酪農が盛んな釧路、そして水産や観光に携わる人が多い函館。
それぞれの地で、お客様とコミュニケーションをとりながらお仕事をして来られました。

お休みの日は、ゴルフやスーパー銭湯に出かけてリフレッシュ。
函館でも、支店の皆さんから情報収集をして、街や食を楽しんでいらっしゃるようです。

北海道銀行は、本業以外にも地域貢献活動も盛んです。
地域のイベントやお祭りにも、積極的に参加しています。
函館の港まつりのパレードでもお馴染みですね。昨年7月に函館にいらして、まもなくのパレードには北川さんも参加されました。
先頭で横断幕を持っていたそうです。

道銀文化財団では、地域の文化活動を応援する事業を展開しています。
カーリングチームもあります。地域で頑張る皆さんや、若い世代を支援する活動も行っています。

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、資金面で不安を抱ええる事業者の方もいらっしゃるでしょうか。
どうぞご相談ください。
また、事業面で課題を抱えていたり、新たな取り組みを行いたいと考えている、店舗・企業等の方、銀行は金融のプロとして豊富な知識やノウハウを持っています。
是非、お声がけ下さい。
その他、さまざまお気軽にお問合せ、ご相談してみて下さいね。

 北海道銀行 函館駅前支店
【住 所】函館市若松町20-1(キラリス函館内)

北海道銀行のホームページはこちら
(函館駅前支店のページはこちら



| 3:06 午後 | オトノハにのせて |

2020年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別アーカイブ

Tag Cloud - タグクラウド

3月11日(水)『オトノハにのせて』本日のお客様♪

BLOG PROFILE

*タイトル
807ブログ
*ブログ紹介
函館の地域密着型コミュニティラジオ FMいるか。 皆さまに役立つ情報や、地域の楽しい情報を楽しいパーソナリティがお届けします。

FMいるか Blog&SNS List

  • 函館山ロープウェイ
  • 日本コミュニティ放送協会
  • MUSIC BIRD
  • Adobe Reader

FMいるかの公式ツイッターアカウント

FMいるかのFacebook

80.7MHz 函館山ロープウェイ株式会社 FMいるか

〒040-0054 北海道函館市元町19-7
TEL 0138-27-3700/FAX 0138-23-3100
Copyright© 2003-2020, FMiruka. All Rights Reserved.