9月27日(月) 「Daytime Radio」より【マックスバリュお買得情報】
2021年 09月 27日 UP!

9月27日(月) 「Daytime Radio」より【マックスバリュお買得情報】



明日28日(火)は、毎週恒例お買得がいっぱい「火曜市」!均一価格でご奉仕します。

 

・北海道の旬 秋の味覚はいかがですか?

北海道産のじゃがいも、玉ねぎ、かぼちゃなどがおすすめ。全国配送も行っています。
イオンマークのクレジットカード払いご利用でポイント基本の5倍に!
10月25日(日)までなら早割で表示価格から10%OFF!
承り期間は12月10日(金)まで、お早めにどうぞ

 

・11月18日(木)解禁
ボージョレ・ヌーヴォー
金賞受賞の逸品ワインをお届けします。
10月25日(月)までの予約でおトク!最大17%割引の早得実施中です。

 

・イオンのおせちも予約受付中です。
11月24日20時までのご予約で早得実施中!
おすすめは、北海道オリジナル「夢錦二段重」3人前15000円「和の錦 三段重」3~4人前10000円、12月23日18時までご予約承り中!

 

イオンお買い物アプリを上手に活用していますか?
アプリをダウンロードして新規会員登録をすると、期間中ご都合のいい一日にご利用できるクーポンが貰えます!
他にも様々なクーポンを配信しておりますので、この機会に是非ご利用ください。
詳しくはこちら

 

店舗では「新北海道スタイル」安心宣言中です!

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、お客様が安心してご来店いただけるように営業しています!

マックスバリュについて、詳しくはこちらから



| 3:52 PM | Daytime Radio |

2021年 09月 27日 UP!

9月27日(月)『オトノハにのせて』本日のお客様♪



11:10~「人ネットワーク」

 

北海道への緊急事態宣言発出を受け、当面の間、お客様はお電話でのご出演になります。

 

今日は、函館映画鑑賞協会 事務局長の佐々木 公子さんと、運営委員の田村 恵さんにご出演いただきました。

 

函館映画鑑賞協会は、会員制で映画の自主上映、鑑賞をする団体。昨年創立40周年を迎えました。現在は、映画を愛する150名ほどの会員の方が参加しています。

函館ではなかなか見られない、映画館で上映されない作品を年6回の例会で上映しています。

去年、今年はコロナ禍で、例会の開催が延期になるなど、予定通りに行かないこともありますが、頑張って活動を続けています。

 

通常の例会は、会員のみでの開催ですが、年に1度の「特別例会」は、会員以外の一般の方も作品を鑑賞することができます。楽しみにしている映画ファンの方も多いのではないでしょうか?

今年は、10月11日(月)(※当初この日は「スポーツの日」祝日でしたが、オリンピック、パラリンピックの開催が延期になったため、スポーツの日が7月に移動。平日になりました。)に、映画「山懐(やまふところ)に抱かれて」の上映とトークが行われます。

この作品はドキュメンタリー。岩手県田野畑村で酪農を営みながら暮らす、吉塚家の夫婦と7人の子どもの姿を24年間追いました。

家族は「山地(やまち)酪農」と言う、限りなく自然に近い環境で牛を育てます。一年を通して山に完全放牧。エサは大地に自然に生えるものと自前の牧草だけです。

 

自然と共に歩むからこその課題、365日24時間いのちと向き合う姿勢、そして24年間の子どもたちの成長…。様々な視点から、鑑賞できる作品です。

地元ローカル局「テレビ岩手」が、丹念な取材を重ね、これまでに何度か放送してきた人気ドキュメンタリーシリーズを、テレビ局の開局50周年を記念し映画化しました。

 

また映画の上映に合わせトークには、せたな町村上牧場で乳牛を飼育する酪農家・村上健吾さんと、七飯町でヤギやヒツジたちと暮らしながら、チーズ工房を営む、山田農場の山田あゆみさんが登場します。映画と合わせてお楽しみ下さい。

函館映画鑑賞協会251回例会(特別例会)

映画「山懐に抱かれて」の上映とトーク

10月11日(月)函館市民会館 小ホールで開催

映画 ①10時30分~ ②13時30分~ ③16時10分~ ④18時30分~

  • ②には日本語字幕がつきます

トーク ①12時15分~ ②15時15分~

チケット 一般 1,200円(当日 1,400円)

学生、障がいのある方 500円 中学生以下 無料

市民会館、シネマアイリス、ドリップ・ドロップ(街づくりセンター内のカフェ)で販売中。

お問合せ 函館映画鑑賞協会 0138-52-0193

 

 Facebookこちらからどうぞ

 



| 3:10 PM | オトノハにのせて |

2021年 09月 24日 UP!

9月24日(金)Golden Beat Pops オンエアリスト



FMいるかでは、北海道に発表された緊急事態宣言を受け、
新型コロナウイルス感染症感染防止対策として、スタジオに来局しての新規番組収録をお休みしています。

今週は、ブリティッシュ・ロック黄金時代のシリーズからモッズ系のスターにスポットを当て、
ジョージ・フェイム、スモール・フェイセスを中心にお送りした回として
2019年7月26日放送分の再放送をお送りしました。

今週放送分の曲名は、こちらをご覧ください。



| 2:00 PM | Golden Beat Pops |

2021年 09月 22日 UP!

9月22日(水)『オトノハにのせて』本日のお客様♪



11:10~「人ネットワーク」

 

北海道への緊急事態宣言発出を受け、当面の間、お客様はお電話でのご出演になります。

 

今日は、仙台フィルハーモニー管弦楽団 ヴァイオリン奏者の長谷川 康さんにご出演いただきました。

一昨日20日(月)に、函館市民会館で「アートキャラバン」函館公演を開催した仙台フィル。

もちろん長谷川さんも演奏に参加されていました。

メンバーの皆さんは、前日に各自函館入り。その夜には、函館で花火が打ちあがりましたが、長谷川さんはお泊りのホテルの大浴場からメンバーの方と花火をお楽しみになったそうです。

 

20日の公演は、現在世界が注目する若手指揮者・カーチュン・ウォンさん、日本を代表するピアニスト・上原彩子さんを迎えてのラフマニノフ2曲。

カーチュン・ウォンさんは親日家で、奥様が日本人ということもあり流ちょうな日本語をお話になります。オーケストラへの支持も日本語で非常に伝わりやすいそう。

上原彩子さんのピアノは、長谷川さんも「美しい」と絶賛。第2ヴァイオリンの長谷川さんの演奏位置はステージの中央、オーケストラの最前列で、すぐ前にピアノがあります。上原さんの顔ばかり見て演奏していた、とお話下さいましたが、その気持ち分かります!!

 

コロナ禍で、オーケストラの演奏を聴くのが久しぶりだった方も多いのでは?会場は温かい拍手に包まれ、ステージの奏者の皆さんにもその思いは伝わったようです。

16時半頃の終演後、すぐにバスで新函館北斗駅に移動し、そこからは新幹線で仙台へ。21時半頃には到着されたということで、本当に函館と仙台は近くなりましたね。

 

実は仙台フィルの皆さんは、7月にも道南に来ていました。文化庁の「アートキャラバン」事業の一環で道内の学校を訪問し、演奏を届けてくれていたのです。

道南では、上磯中学校で演奏が行われ、メンバーの皆さんは函館に宿泊。街を散策したり、函館山からの夜景を見たりと、対策をしながら滞在を楽しんだ方もいらっしゃったようです。

 

お話と合わせて、仙台フィルの演奏もお聴きいただきました。2011年に発売となった「つながれ心 つながれ力 がんばれ仙台フィル」に収録された1曲です。

東日本大震災では、活動の拠点となるホールが損傷。メンバーの皆さんも被災する中、震災の2週間後には復興コンサートを開催。また避難所等を訪れ、音楽を届け続けました。今年は、その震災から10年という年になります。

どのような状況下でも「音楽の力」を信じて演奏を届け続けて下さる皆さん。

またの函館へのお越し、心よりお待ちしております♪



| 1:46 PM | オトノハにのせて |

2021年 09月 20日 UP!

9月20日(月)『オトノハにのせて』本日のお客様♪



11:10~「人ネットワーク」

 

北海道への緊急事態宣言発出を受け、当面の間、お客様はお電話でのご出演になります。

 

今日は、臨床美術士 中村 まゆみさんにご出演いただきました。

 

「臨床美術」は、創作活動を通じて脳の働きを活性化させることが、高齢者の認知症ケアに役立つのではないか?という発想からうまれたものです。

絵やオブジェなどの作品を楽しみながら作ることで脳を活性化させる。

それが当初考えられていた高齢者の認知症ケアだけでなく、高齢者の介護予防、働く人のストレスの緩和、子どもの感性教育などへの効果も期待できるのでは?と注目されています。

 

アートには興味があるけれど「自分には難しそう」「自分にはできない」という方もいらっしゃるでしょうか。

臨床美術は、上手下手ではなく、五感をフルに使って、感じたままに作品を仕上げていきます。

例えばリンゴを描く、リンゴのオブジェを作ると言った場合、よく観察することはもちろん、触れても、匂いをかいでも、実際に食べてしまっても良い訳です。リンゴに関する曲を聞いたり、ご自身のリンゴに関するエピソードを思い出しても良いかも知れませんね。

 

定期講座が開催されていますが、中村さんは指導者という立場ではなく、臨床美術のプログラム(なんと600以上もあるそうです!!)に基づき、参加者をリードする、声掛けをするという役割。

始めは「自分にはできない」と言っていた方も、気が付くとあっという間に時間が過ぎ、作品が完成している、なんて言うこともあるそうです。

 

毎年、この時期には作品展を開催しています。今年は、緊急事態宣言下での開催となり、予定していたワークショップは残念ながら中止となりましたが、この地域で臨床美術に取り組む皆さんの作品の展示が行われます。

北斗市の「ワークセンターほくと」の皆さんの作品も展示されるそうで、展示数は200点にも上るとか。見応え充分です。

リンゴや、縄文に因んでの火焔型土器、魚に雅楽と、さまざまなプログラムから生まれた作品が並びます。

 

この地域で、臨床美術を広げるための「種まき」をしているとお話下さった中村さん。

皆さんもこの作品展をきっかけに、臨床美術の世界に触れてみませんか?

※作品展は、22日(水)~26日(日)まで、函館市地域交流街づくりセンターで開催

 



| 2:01 PM | オトノハにのせて |

2021年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
 

最近の記事

月別アーカイブ

Tag Cloud - タグクラウド

BLOG PROFILE

*タイトル
807ブログ
*ブログ紹介
函館の地域密着型コミュニティラジオ FMいるか。 皆さまに役立つ情報や、地域の楽しい情報を楽しいパーソナリティがお届けします。

FMいるか Blog&SNS List

  • 函館山ロープウェイ
  • 日本コミュニティ放送協会
  • MUSIC BIRD
  • Adobe Reader

FMいるかの公式ツイッターアカウント

FMいるかのFacebook

80.7MHz 函館山ロープウェイ株式会社 FMいるか

〒040-0054 北海道函館市元町19-7
TEL 0138-27-3700/FAX 0138-23-3100
Copyright© 2003-2021, FMiruka. All Rights Reserved.