2018 年 11 月 22 日 の投稿記事

2018年 11月 22日 UP!

ダンボールグッズ



10:45~ 街の玄関から

初雪も降り、一気に気温が下がったように感じます。
マフラーや手袋などが欲しい時期になりました。

函館駅裏口の横では、何やら工事が始まるようです。
ホテル JRイン函館が建つそうです!駅は真横、朝市や西部地区など
観光地も近く、とても便利になりますね。

今日11月22日は「いい夫婦の日」という事で、ご夫婦にお話を聞いて
みました。京都からいらっしゃったご夫婦は42年、江差町からいらしたお二人は50年連れ添っていらっしゃるとのこと。
2組とも仲睦まじい素敵なご夫婦でした。

 

12:10~ 函館市地域交流街づくりセンター

こちらでは、『さわってナットク!「ダンボールグッズ」避難所生活は工夫で
変わる~緊急対策編~』という展示が行われています。

まちづくりセンター 茅森昇起さんにお話を伺いました。
茅森さんが中心となって、もし避難が必要になったときにダンボールなど
身近にあるものを工夫して大変な避難所生活を少しでも快適にするための提案がされています。

まずはダンボールとガムテープだけで作られたベッドです。
縦4箱、横3箱を並べ、さらに開いたダンボールを付けてしきりを作っています。身長180cm程度の方でも余裕を持って寝られる広さとなっています。
避難所ではブルーシートなどを敷いて床に寝ている様子を目にしますが、
ダンボールベッドの利点は、床よりも暖かい事、歩いたりしている音を吸収してくれること、床から30cm以上上に上がることで埃などを吸い込みにくくすることなどがあるそうです。
実際に寝てみましたが、丈夫ですが弾力もあり、身体が痛くなりにくいように感じました。イスとしても使うことができます。
その他、ダンボールで作ったイス、テーブルとしても使える引き出し、簡易トイレなども展示されていました。

また、茅森さんは自衛隊函館地方協力本部で行われた「自衛隊で学ぶ防災講座」に参加し、新聞紙で作るスリッパや、ゴミ袋でつくるポンチョなど、の作り方を教わったそうです。
物資が少ない中、比較的手に入りやすいであろうものを工夫することで作ることができます。まだまだアイディア次第で色々なものが作れそうですね。

展示されているものは、全て触ってみることができます。
どのように作られているのか実際に見て、いざという時にこういうものがあったなと思い出していただければよいのではないでしょうか。

アンケートBOXも設置してありますので、ご意見や感想などもお寄せください。
展示は11月30日(金)までの予定となっています。

 

函館市地域交流街づくりセンター

住所:函館市末広町4-19(展示は1階階段下)
電話:0138-22-9700
開館時間:午前9時~午後9時



| 4:08 PM | いるか号中継 |

2018年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
 

カテゴリ

月別アーカイブ

Tag Cloud - タグクラウド

ダンボールグッズ

BLOG PROFILE

*タイトル
FMいるか街角情報・いるか号日記
*ブログ紹介
函館の今がわかる!FMいるかの移動中継車「いるか号」によるブログ。その日中継した様子を写真と文章で、いるか号スタッフがお届けしています。
*放送時間等
下唐湊祐莉/ 火曜・木曜 担当
山下健人 / 水曜・日曜 担当
佐々木紫 / 金曜 担当
斉藤正樹 / 土曜 担当

(火〜木)10:45/12:10
(金)  10:20/11:20/12:10
(土)  09:45/11:30
(日)  10:20

FMいるか Blog&SNS List

  • 函館山ロープウェイ
  • 日本コミュニティ放送協会
  • MUSIC BIRD
  • Adobe Reader

FMいるかの公式ツイッターアカウント

FMいるかのFacebook

80.7MHz 函館山ロープウェイ株式会社 FMいるか

〒040-0054 北海道函館市元町19-7
TEL 0138-27-3700/FAX 0138-23-3100
Copyright© 2003-2019, FMiruka. All Rights Reserved.