2018年1月17日、カテゴリ「週替わりコーナー」の記事

2018年 01月 17日 UP!

1月17日(水)~本日のお客様~



11:10~ 人ネットワーク

「全道民函館地区展」事務局 安井孝さん、近堂隆志さんにご出演いただきました。

リクエスト曲に、サイモン&ガーファンクルの「サウンド・オブ・サイレンス」をおかけしました。

【第19回 全道民函館地区展】
日 時:1月23日(火)~1月29日(月) 午前10時~午後5時
※23日(火)は午後1時から、29日(月)は午後3時30分まで
場 所:函館市芸術ホール ギャラリー(五稜郭町37‐8)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「あつこ‘S コメント♪」

八雲町の黒岩地区で育ち、絵を描くことが大好きだった安井さんは「いつか美術の先生になりたい!」と学芸大学(当時)函館校に進学。「その頃の教授は細かな事を言わず、学生たちの自主性を大事にしてくれました。」と恩師を懐かしみます。そもそも田舎町には美術の専門の先生は居ず、図画工作の時間になると「外に出て好きな絵を描け」という風。それも良かったと原点を。のびのび~

 全道展入選は大学1年の時。「本人より父が大喜びで、札幌まで観に行ってくれました!」親孝行♪

 「戦後の混乱期・世の中が『絵を描こう』という状況になったのは、5歳くらいの時。他に才能がなかった(笑)んでしょうねえ。いつしか教育大学札幌校で美術を学んでいました。全道展入選は4年生の時でした。」近堂さんの言葉を聞きながら、お二人が経験した挑戦の日々を想像すると…若いって凄い♪

 戦後すぐに生まれたこの公募展は、長く由緒ある団体です。函館地区展の開催は19回目。頂いたプログラムを拝見すると、お馴染みの皆さんに混じり新しくお仲間になった方々、また一般の皆さんの作品も並んでいます。

 「我々は仲良しクラブではなく、競い合う集団。女性や若手の活躍、ベテランのテーマとの向き合う姿などを作品から楽しんでいただきたい。」近堂先生のお声がスタジオにこだまします。そうそう作家の皆さんにも声をかけ、あれこれお話を楽しんで欲しいそうですよ♪楽しみですね。

 「しょうもない(笑)教師だったのに、道立美術館の学芸員で頑張っていたり、美術に関わる道に進んだ教え子たくさんいます。教えてきたことの喜びです♪」巡り合えた生徒の皆さんは幸運でした…ね?安井さん。

 お二人のお話を参考にぜひ足を運んで下さいませ。お揃いでのご案内ありがとうございました。

 画と向き合う…作家とも♪@やまがたあつこ



| 1:34 PM | 週替わりコーナー |

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
 

最近の記事

月別アーカイブ

Tag Cloud - タグクラウド

1月17日(水)~本日のお客様~

BLOG PROFILE

*タイトル
暮らしつづれだより
*ブログ紹介
北海道函館市にあるコミュニティ放送局FMいるかにて、毎週月~木に放送中の番組「暮らしつづれおり」の公式ブログです。 主に番組にいらしたお客様のご紹介や、放送で取り上げたイベントの情報、そしてパーソナリティのメッセージが掲載されます。番組と合わせてお楽しみください!

FMいるか Blog&SNS List

  • 函館山ロープウェイ
  • 日本コミュニティ放送協会
  • MUSIC BIRD
  • Adobe Reader

FMいるかの公式ツイッターアカウント

FMいるかのFacebook

80.7MHz 函館山ロープウェイ株式会社 FMいるか

〒040-0054 北海道函館市元町19-7
TEL 0138-27-3700/FAX 0138-23-3100
Copyright© 2003-2019, FMiruka. All Rights Reserved.