2016年10月3日、カテゴリ「お客様紹介」の記事

2016年 10月 03日 UP!

10月3日(木)~本日のお客様~



11:10~ 人ネットワーク

函館映画鑑賞協会 事務局 佐々木公子さんと田村恵さんに
ご出演いただきました。

IMG_4183

函館映画鑑賞協会は1980年10月に創立され、函館市内の劇場では公開されにくい世界各国の新作・名作映画を、会員の希望をもとに自主上映し、市民に映画の魅力を広く普及する活動をしていらっしゃいます。

10月9日(日)に、函館市民会館 小ホールで、220回目となる例会が開催されます。
内容は、「ソ満国境 15歳の夏」の上映と、講師に小貫雅夫さんをお招きし、「ソ満国境からの長い道のり」をテーマにした講演会です。

函館映画鑑賞協会特別例会
~上映と講演のつどい~
日時:10月9日(日)
会場:函館市民会館小ホール
料金:一般1200円  学生・障がい者800円 小学生以下は無料
   ※一般に限り当日1,400円
上映時間:①10:30~12:04
     ②14:00~15:34
     ③18:30~20:04
  講 演  :①12:15~12:55
     ②15:45~16:25
お問合せ:0138‐52‐0193

前売り券は下記のお店で取り扱っています。
市民会館/シネマアイリス/ドリップ・ドロップ(まちづくりセンター内)/玉光堂五稜郭店

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「あつこ‘S コメント♪」

 

15歳の夏、私は何をしていただろう。部活も一段落していたからぼんやりして過ごしていたような…。今回上映される作品の舞台は、旧満州とソ連国境の近くの報国農場。

 

田村和夫原作の「ソ満国境:15歳の夏」を松島哲也が監督、脚本、プロデューサーと多岐にわたって担当し映画化に成功。なかなか上映される機会がなかったこの作品を220回の節目に上映し、当時その一員として体験された方からは「ソ満国境からの長い道のり」と題して講演も行われます。

 

東日本大震災から1年後の仮設住宅で暮らす15歳の少年が、中国で取材をするという形で展開する物語…「いろんなことを考えさせられる作品です。戦争映画という視点ではなく、少年たちの成長物語として是非見てほしい。とお二人。

 

お二人が初めて見た映画を伺うと、「姉に連れられて見た映画♪」…何を?「チャップリンの街の灯だったかなあ。良く分かんなかったけど、面白かったです(笑)」大人になればわかるんですよね?佐々木さん。「名画座で観た禁じられた遊び。良く分からなかったけど、子どもががこんな遊びをするんだなあ…って。」田村さんも!どちらもお姉さんの趣味だったのかも♪ふふふ。

 

シリアスなものからゲラゲラ笑える作品まで、会員の皆さんがていねいに選び心を込めて上映なさる定例会です。一般の方も大歓迎!多くの方に足を運んでいただけるといいですね。お話ありがとうございました。

 

映画って…素晴らしいですよね♪@やまがたあつこ

 

 




2016年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の記事

月別アーカイブ

Tag Cloud - タグクラウド

10月3日(木)~本日のお客様~

BLOG PROFILE

*タイトル
暮らしつづれだより
*ブログ紹介
北海道函館市にあるコミュニティ放送局FMいるかにて、毎週月~木に放送中の番組「暮らしつづれおり」の公式ブログです。 主に番組にいらしたお客様のご紹介や、放送で取り上げたイベントの情報、そしてパーソナリティのメッセージが掲載されます。番組と合わせてお楽しみください!

FMいるか Blog&SNS List

  • 函館山ロープウェイ
  • 日本コミュニティ放送協会
  • MUSIC BIRD
  • Adobe Reader

FMいるかの公式ツイッターアカウント

FMいるかのFacebook

80.7MHz 函館山ロープウェイ株式会社 FMいるか

〒040-0054 北海道函館市元町19-7
TEL 0138-27-3700/FAX 0138-23-3100
Copyright© 2003-2020, FMiruka. All Rights Reserved.