2017年2月7日、カテゴリ「お客様紹介」の記事

2017年 02月 07日 UP!

2月7日(火)~本日のお客様~



11:10~ 人ネットワーク

国立大学法人 小樽商科大学グローカル戦略推進センター 地域経済研究部 学術研究員 高野宏康さんに、お電話でご出演いただきました。

港町、歴史が古い、街の規模…いくつか共通点がある函館と小樽。
でも実際に詳しく比較してみると、実は結構違って見える所が多くあります。

今回は函館と小樽の違い、小樽と後志の話などをしていただきました。

数年前にブームとなりました「マッサン」。
ドラマにも出てきたスイーツを再現したりなどして、街の活性化につなげる取り組みなどもされています。

公立はこだて未来大学には高野さんの知り合いがいらっしゃるとのこと。
次回はお二人にスタジオでご出演していただきましょう!
高野さん、小樽からお電話でのご出演ありがとうございました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「あつこ‘S コメント♪」

高野さんの出身は石川県加賀市の北にある橋立町(はしたてまち)。江戸時代から明治にかけて北前船の拠点として栄えた町で、船主の集落として栄華を誇ったとか。函館と同様に小樽も北前船で物資が行き交った歴史がそこかしこに残っているそうで、お話はその辺りから…。

「明治期までは廻船関係の仕事に従事していた彼らは次第に北洋漁業へシフトし、曽祖父は択捉で工場長として働いていました。」だから昨年「函館択捉水産会」主宰の講演会にいらしていたのですね。な~るほど♪

よく比較される小樽と函館ですが、小樽は北海道開拓に欠かせない物資の供給港。明治以降に発展したことが大きな違いとも。ひいおじいちゃんの足跡を辿るかのように、石川県から北海道へ・現在のお仕事に就いたのは、ちょうど朝ドラ「マッサン」の放映という絶妙のタイミング。

舞台の余市をはじめ、今まで埋もれて来た後志・小樽の歴史に着目なさる高野さん。ドラマをきっかけに学生さんたちとユニークなプロジェクトも展開し、地域おこしの一翼も担う事になったとか…おめでとうございます!掘り起こせばまだまだ物語がある。函館ともタッグが組めたら!と最後に。

小樽は両親のふるさと。話を伺っているとついついわが子とのように嬉しく…(笑)
…また訪ねてみたくなりました。お電話でのお話、ありがとうございました。

小樽だより…なつかしく温かく♪@やまがたあつこ

 



| 1:57 PM | お客様紹介 |

2017年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
 

最近の記事

月別アーカイブ

Tag Cloud - タグクラウド

2月7日(火)~本日のお客様~

BLOG PROFILE

*タイトル
暮らしつづれだより
*ブログ紹介
北海道函館市にあるコミュニティ放送局FMいるかにて、毎週月~木に放送中の番組「暮らしつづれおり」の公式ブログです。 主に番組にいらしたお客様のご紹介や、放送で取り上げたイベントの情報、そしてパーソナリティのメッセージが掲載されます。番組と合わせてお楽しみください!

FMいるか Blog&SNS List

  • 函館山ロープウェイ
  • 日本コミュニティ放送協会
  • MUSIC BIRD
  • Adobe Reader

FMいるかの公式ツイッターアカウント

FMいるかのFacebook

80.7MHz 函館山ロープウェイ株式会社 FMいるか

〒040-0054 北海道函館市元町19-7
TEL 0138-27-3700/FAX 0138-23-3100
Copyright© 2003-2019, FMiruka. All Rights Reserved.