カテゴリ: イベント情報 の記事

2017年 12月 18日 UP!

12月18日(月)~本日のお客様~



11:10~ 人ネットワーク

栄文堂書店 店主 佐藤純子さんに、お電話でご出演いただきました。

 

栄文堂書店は末広町にあり、佐藤さんは午前はお店で、午後は宅配に出られています。

佐藤さんは函館にゆかりのあるフォトジャーナリスト・岡村昭彦の長女でいらっしゃいます。
9月9日から11月12日まで、函館市文学館では岡本さんの収蔵資料展が開かれました。
見に行かれたという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

栄文堂書店では、バングラディシュに看護学校を建設するためのプロジェクト資金とするチャリティCD「ふるさと」を販売されています。
コーナーのオープニングにおかけした「故郷」も収録曲の1つ。
CDは1,500円で、「赤とんぼ」や「海辺の歌」など、日本のなじみ深い曲が収録されています。
購入・お問い合わせは、栄文堂書店さんへどうぞ。

リクエスト曲に、神崎ゆう子、坂田おさむ、天野勝弘の「あわてんぼうのサンタクロース」をおかけしました。

☆栄文堂書店☆
住 所 :〒040‐0053 函館市末広町8‐14
電 話 :0138‐22‐3419

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「あつこ‘S コメント♪」

コーナーの始まりにかけた「ふるさと」は、オカリナとギターのユニット「シャナ」によるものせ、制作したのはNPO法人バングラディッシュと手をつなぐ会(代表二ノ坂保喜)。ご存知の方も多いですが、純子さんのお父様は著名な報道カメラマンの故岡村昭彦さんで、二ノ坂さんは「AKIHIKOの会」の世話人としても活動されています。

バングラディッシュに看護学校を建設しようというプロジェクトに賛同された純子さんは「少しでもお役に立てれば」と、お店でチャリティCDの販売をお手伝いすることに…。娘として出来ることをコツコツとの思いには、お父様への敬愛や娘としての誇りが♪

ちょうど函館文学館では「岡村昭彦資料展」が開催されたばかり。2年前からお父様の著書や関連する雑誌などを寄贈され、今回はその資料を中心に様々な展示がなされました。感想を伺うと「父の仕事に興味を持って足を運んで下さる方が多くて…」と嬉しそう♪「お父さんと同じことを言ってるわね。」と最近お友達に言われたとか(笑)。

お父様家族と暮らしたアイルランドでの10年間には、バングラディッシュ出身の女子学生とも親交を持った思い出も♪函館と気候が似ていること、ジャガイモと肉とギネス…「懐かしいわ~」だって。

「父の足元にも及ばないけれど、自分なりにその足跡を大事にし残していきたい。」と語る純子さんをお父様はどんな思いで見つめているのかしら…心がふわっとします♪

応援の輪が広がると良いですね。関心のある方はぜひ!ご出演ありがとうございました。

意思を受け継ぐ…父と生きる♪@やまがたあつこ



| 1:57 PM | イベント情報 |

2017年 12月 14日 UP!

12月14日(木)~本日のお客様~



11:10~ 人ネットワーク

翼餃子 大橋弘樹さんにご出演いただきました。

刀削麺とは、小麦粉の塊を削ってお湯に飛ばす麺のこと。
翼餃子では刀削麺や餃子、ラーメンなど、本格湖南料理を提供されています。
飲食店で勤められている方や学生も多くいらっしゃるのだそうです。

大橋さんは大の犬好き。
前回の戌年では、ニホンオオカミ絶滅100周年を向かえたことにちなみ、ドッグフードを使ってオオカミの像を制作されました。
来年の戌年に向け、今回はワンちゃんも食べられる餃子を作られました。
愛犬(愛娘?)の芝麻醤ちゃんにも同じように餃子を食べさせてあげたいとの思いから考えられたそうです。
塩分・玉ねぎを使用していないので安全ですが、人が食べるとおいしくないとのことですよ。

大橋さんには2人の子供がいらっしゃり、2人とも将来の夢に向けて頑張っていらっしゃるとのことですよ。

リクエスト曲に、太田裕美の「木綿のハンカチーフ」をおかけしました。

☆翼餃子☆
住 所 :〒041‐0806 函館市美原2丁目1‐4
電 話 :0138‐87‐4267
営業時間:ランチタイム 11:30~15:00(LO14:30)
居酒屋タイム 17:30~23:00(LO22:30)
定 休 日:毎週木曜日・第3水曜日

翼餃子のホームページはこちら

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「あつこ‘S コメント♪」

神山に窯を持ち陶芸家として名を成していらしたお父様。「ギャラリー807」で作品展をなさる度にお話しを伺い、奥さま(宏樹さんのお母さま)とも親しくなりましてご夫婦ともにご出演!久々にお会いした宏樹さんにびっくり!「お父様に似てきた~♪(笑)」

そもそも彫刻家の宏樹さんですが、ここしばらくはお店に専念。中国湖南料理をお店の看板に挙げているのも、仕事で暮らしていた中国での食事がもととなっているのです。

ところで湖南料理って?「辛くて酸っぱいかな?日本人にはなじみやすい味だと思いますよ。」そうなんだ…。来客の中には飲食関係者や留学生を含めた学生たちも多く、食べる事に興味のある人、幅広い舌を持っている人が多いかなあと。
わかる気がします♪

年始には限定の「わんこ餃子」をご用意。塩分や炭水化物を減らしたヘルシー餃子だそうです。現在毛の濃い黒柴が一頭…「我が家の末っ子、娘です!」声が大きくなりました!(笑)。

来年は戌年、愛犬家の大橋さんにとっては12年に一度の節目の年となります。今回のわんこ餃子しかり、封印してきた作家活動もそろそろ…と何かしら心に秘めていることがあるみたいです。「やり残すことがないようにと思って…」まだまだじゃないですか!頑張ってくださいませ。お店近々伺いますね♪ご出演ありがとうございました。

犬橋(笑)と呼ばれてた…来年を飛躍の年に♪@やまがたあつこ

 

11:40~ 暮らしつづれだより

HIFホストファミリーの会 事務局長 中村誠司さんにご出演いただきました。

先日は函館カッパ友の会としてご出演いただきました。

今月16日(土)、講演会が開催されます。
講師に、山川牧場の山川俊郎さんをお招きし、ホストファミリー誕生のいきさつから、今後のホストファミリーの在り方についてなどをお話していただきます。
山川さんはHIF創立から関わり、現在はHIF副代表理事でいらっしゃいます。

また、当日は昔懐かしい大沼名物のあんパンの振る舞いや、ちょっとしたサプライズ企画もあるとのこと。
興味のある方は、是非足を運ばれてはいかがでしょうか?

【ホストファミリー「今昔物語」】
日 時 :12月16日(土) 14:00~15:30
場 所 :HIF キッチン八幡坂(函館市元町14‐1 北海道国際交流センター 2階)
お問合せ:090‐3898‐1101(木内さん)

北海道国際交流センターのホームページはこちら



| 2:13 PM | イベント情報 お客様紹介 |

2017年 12月 12日 UP!

12月12日(火)~本日のお客様~



10:15~ あつこのマイフェイバリッツ♪

陶芸工房 Studio Claynote 陶芸作家 石川久美子さんにご出演いただきました。

24日(日)まで、SUQ+では『春町月の動物園』が開催されています。

クリスマスや来年の干支の戌(犬)など、動物のオブジェをはじめ、おひな様、五月人形などを中心に作品の展示販売が行われています。
可愛い動物はもちろん、貯金箱や花器、箸置き、ブローチなどもあるとのこと。

今日は作品もご持参くださいました!
熊に乗った金太郎は、写真のように手のひらサイズでちょっとした所に置くことができます。

また、来年1月14日(日)に道南四季の杜公園では、陶芸体験会が行われます。
自分でお雛様を作ってみようという内容で、初心者でもできるとのことですよ。

【春町月の動物園】
日 時 :12月9日(土)~24日(日) 13:00~18:00
場 所 :SUQ+(函館市宝来町27‐13)
お問合せ:0138‐22‐6167

【陶芸体験会~陶器のお雛様~】
日 時 :1月14日(日) 10:00~12:00
場 所 :道南四季の杜公園内 小川の里 里の舎 大広間
材 料 費:2,000円
定 員 :20名(先着順)
募集期間:12月14日(木)~1月13日(土) ※定員になり次第〆切
申込方法:管理事務所まで、電話または直接のお申し込み
お問合せ:道南四季の杜公園 管理事務所(電話→34‐3888)

Studio Claynoteのホームページはこちら

 

11:10~ 人ネットワーク

作家 新井満さんにご出演いただきました。

新井満さんは、作家、作詞作曲家、写真家など、多方面で活躍されていらっしゃいます。

コレクション盤『風神』から8年、2枚目となるコレクション盤『雷神』を発売されました。
曲よりもジャケットの写真の方が好評なのだとか…?
ライナーには大沼湖畔の森の中で羊達と撮影された写真が使われています。

コーナー内でおかけしました『星のまちHakodate』はもちろん、『千の風になって』や『イランカラプテ ~君に逢えてよかった~』などお馴染みの曲も収録されています。
今回の収録曲については、「“文学と音楽の遭遇”した、実験的な曲が多い」とのこと。

本日はいつもより時間を延長し、『星のまちHakodate』『イランカラプテ ~君に逢えてよかった~』の制作話なども教えていただきました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「あつこ‘S コメント♪」

前作「風神」に次いで8年ぶりのアルバム「雷神」を完成させたばかり。ご案内を兼ねた「季節のご挨拶」には、「これでいつ“風”になっても慌てなくてすみそうです。」とありましたが…?(笑)。

作詞作曲のほとんどは大沼湖畔の森の中で行われ、ジャケットの写真にはご夫妻最愛の羊ちゃんたちと共に撮影。「CDの内容よりジャケットが面白~い!とジャケットの評判がよろしいようで。」嬉しそうでしょう?(笑)。

文学と音楽の遭遇…五木寛之、正岡子規、良寛、聖フランシスコ…それぞれが記した言葉に何を思いどう表現されたのかを熱く語る満さん。映画「ブラザーサン・シスタームーン」で描かれた聖フランシスコに水を向けると、「僕もその作品から影響を受けました!」やっぱり!るるる~♪

制作秘話、日常の暮らし、七飯町の住み心地の良さ、奥様との二人三脚、「千の風になって」以来作品のテーマになっている「命」に至るまで、お話は縦横無尽。いずれも共通するのは「人々への応援歌」だということ。例えば「星の夢 Hakodate」に於ける「旅人」に託したのは、この街が旅人によって作られてきたことへのオマージュだと仰います。ペリー、土方歳三、石川啄木、高田屋嘉兵衛…「異邦人・エトランジェ」の香りと足跡がそこかしこにと。

ご自身も旅人のおひとり。先日開催された「千の風音楽祭in ななえ」では「世界中を旅したけれど、七飯町が最高!」と高らかに♪皆さん大喜び!(笑)。川田男爵やガルトネルの七重開墾の歴史を見れば,七飯も旅人の力が大きかったことがわかりますね。

現在力を入れているのは「イランカラプテ」に描かれたアイヌ文化を軸とする先住民族の世界観。「あなたの心に寄り添ってもよいですか」の意味を託した言葉に満さんの曲を重ね、多くの人々に向けて発信していくと夢を語ります。

「雷神」完成&ご出演、ありがとうございました。

エトランジェ・マン(笑)…風も自在に♪@やまがたあつこ

 



| 3:52 PM | イベント情報 お客様紹介 |

2020年10月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
 

最近の記事

月別アーカイブ

Tag Cloud - タグクラウド

12月18日(月)~本日のお客様~

BLOG PROFILE

*タイトル
暮らしつづれだより
*ブログ紹介
北海道函館市にあるコミュニティ放送局FMいるかにて、毎週月~木に放送中の番組「暮らしつづれおり」の公式ブログです。 主に番組にいらしたお客様のご紹介や、放送で取り上げたイベントの情報、そしてパーソナリティのメッセージが掲載されます。番組と合わせてお楽しみください!

FMいるか Blog&SNS List

  • 函館山ロープウェイ
  • 日本コミュニティ放送協会
  • MUSIC BIRD
  • Adobe Reader

FMいるかの公式ツイッターアカウント

FMいるかのFacebook

80.7MHz 函館山ロープウェイ株式会社 FMいるか

〒040-0054 北海道函館市元町19-7
TEL 0138-27-3700/FAX 0138-23-3100
Copyright© 2003-2020, FMiruka. All Rights Reserved.