2017 年 11 月の投稿記事

2017年 11月 09日 UP!

11月9日(木)~本日のお客様~



11:10~ 人ネットワーク

つな生花店 綱久美子さんにご出演いただきました。

つな生花店としては90年以上、鍛冶店は40年程営業されていらっしゃいます。

お話にも出てきましたが、栄店を閉店し本通に新しくオープンされた『小っちゃな花屋』は、春にもいるか号中継でお邪魔しました。

また、敬老の日の特別番組でも、事前の収録でお邪魔しました。
「皆で花を楽しむ」というコンセプトで始められた教室では、幅広い年代の方々が楽しんで取り組んでいらっしゃいますよ。

今回はお店について、綱さんについてなどお伺いしました。

☆株式会社つな生花店 鍛冶店☆
住所:〒041‐0852 函館市鍛冶2丁目20‐25
電話:0138‐55‐7788

☆小っちゃな花屋☆
住所:041-0851 函館市本通2-54-22
電話:0138-31-1187
営業時間: 9:00~18:00、日曜・祝日9:00~15:00

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「あつこ‘S コメント♪」

子供の頃に「大きくなったらお花屋さんかお菓子やさんになりたいなあ♪」と思っていた私。なのに久美子さんは「若い頃はお花なんて全然興味なかったわ。家に飾ってあっても、ふ~ん・って感じ(笑)。」人生はままならないものですね。

船見町で雑貨屋を商い、その片隅に仏花を置いていたのが、花の始まり。遡ればご主人のお父様が花を専門になさり、お寺が並ぶ一角で手際よく仏花を束ねていたお義母様は、街の評判だったとか。

お花と向き合うようになったのは嫁いでから。「お葬式の大きな花を運ぶ手伝いなどもして、私も働きましたよ!」でしょうとも♪花の勉強に精を出し、資格も取得。現在ではブライダル、生けこみ、ブーケ、そしてお教室と目が回る忙しさ?「主にやっているのは娘たち。もう任せていて、私はわき役です。」とにっこり♪23歳で結婚し出産。しかも双子ちゃん!「女の子の双子は可愛いけれど、夜泣きが大変で…」合唱?「そうです。一人がおなかが痛くなると、必ずもう一方も…」大変でしたね~。「おかげではげちゃいました!」今では笑い話だけれど…

先生の明るく自然体のお人柄で、教室はわきあいあい。生徒さん達からは「先生が素晴らしいの」「ここに来るのが楽しみで」「お友達もできるし…」賞賛の嵐♪(笑)。花は生き物。人生の局面で花に救われた事がいっぱいあったと振り返り、「全く興味のなかった私だけど、お花屋さんになって本当に良かったです。」と。バンザーイ!楽しいお話ありがとうございました。

香水はシャネル19番…お花とグリーンの香が際立って♪@やまがたあつこ



| 1:53 PM | お客様紹介 |

2017年 11月 08日 UP!

11月8日(水)~本日のお客様~



11:10~ 人ネットワーク

オフィス写真部 部長(ドキュメンタリー写真家)佑木瞬さんにご出演いただきました。

本日の函館新聞にも大きく取り上げられていらっしゃいました。

先日『暮らしつづれだより』にご出演いただいた時にもお話ししてくださいました写真集『願わくは、終わりに花を。』ですが、協賛金が目標金額を達成され、この度出版されました。

写真家になるきっかけを与え、後押しをしてくれた北海道・函館に感謝の意を込めて、故郷とともに歩んでいきたい。
その想いから始まった『ファインダープロジェクト』が、函館の5ヶ所の会場で開催されます。
展示内容として、高校時代から現在までに撮影された作品を、会場ごとにテーマを持って再構築されたものとなっているとのこと。

また、14日(火)にはプロジェクトのオープニングセレモニーも開催されます。
函館出身の写真家・佑木さんの作品を見に足を運んではいかがでしょうか?

リクエスト曲にご持参くださいましたCDから、CUICUIの「彼はウィルコを聞いている」をおかけしました。

【願わくは、終りに花を。】
期間:11月8日(水)~12月10日(日) ※木曜定休
場所:ギャラリー三日月(函館市弥生町23‐1)
時間:11:00~17:00
臨時休業:11月24日(金)~11月27日(月)
お問合せ:0138‐87‐0787

【ナビス/navis】
期間:11月11日(土)~12月5日(火) ※水・木・金曜定休
場所: SUQ+(函館市宝来町27‐13)
時間:13:00~18:00

【ファインダーのむこう】
期間:11月14日(火)~11月26日(日)
場所:洋物館ギャラリー(函館市末広町13‐9 金森洋物館内)

【ヴィルドゥナガルは微笑んでいた】
場所:ベイギャラリー(函館市豊川町11‐5 BAYはこだて1号館内)
期間:11月14日(火)~11月26日(日)

【泪は透明な血】
期間:11月11日(土)~11月25日(土) 期間中無休
場所:函館市地域交流まちづくりセンター 1階(函館市末広町4番19号)
時間:9:00~21:00

【ファインダープロジェクト オープニングパーティー@函館BANDWAGON】
日時:10月14日(火) 19:00開場 19:30開演
会場:函館BANDWAGON(函館市弁天町15‐4)
料金:2,000円(軽食・1ドリンク付)
お問合せ:0138‐83‐2268

佑木さんのホームページはこちら

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「あつこ‘S コメント♪」

5月から準備を進めてきた写真集が完成。7月にスタジオで「ご協力を!」と協賛金の呼び掛けをなさいましたが?「目標の100万円を上回るご支援をいただきました!」おめでとうございます♪

市内5か所でそれぞれ違ったテーマで写真展を開くというのも、ユニークな試みですね。「もともと函トリ(函館トリエンナーレ)に参加したことがきっかけで、現在の活動が広がりました。それぞれの会場にふさわしいテーマを見ながら街を散策していただけたらいいなあと。」なるほどね。

5か所のDMもそれぞれのテーマごとに違うデザインで、どれも瞬さんの目とこころの透明さが感じられます。ふるさと今金への眼差し、母校とのつながり…会場を巡っていくうちに、ファインダーから見つめる景色や心象に引き込まれていきそうです。

今回は今金や東京の写真仲間たちや、活動を共にする方たちもお見えになるとか。「沖縄からも来てくれるんです!」土地の利(笑)もある?「北海道というだけでもみんな関心を持ってくれるし、函館は食べ物が美味しいし~♪と。」やっぱり。

門限が6時という寮生時代は街のことを何も知らなかったけれど、今では来るたびに新しい発見や刺激に触れているとのこと。お客様のおもてなしにも力が入りますね♪写真展のご成功&交流がさらに深まりますように。ご出演ありがとうございました。

5か所を巡って…写真バル♪@やまがたあつこ

 

11:40~ 暮らしつづれだより

ピアニスト 石田雅代さん、マリンバ奏者 佐々木雅代さんにご出演いただきました。


(写真左から:石田さん、佐々木さん)

昨年に引き続き、今年も石田さんのピアノリサイタルが開催されます。

今年は「マリンバと一緒に ピアノがつなぐひとときvol.3」と題し、ゲストにマリンバ奏者の佐々木雅代さんによるコラボレーションをお楽しみいただけます。

また、今回はみんなが聴きたい曲とのことで、会場で聴きたい曲を投票してもらい、多かった曲も演奏されるとのこと。
昨年同様託児所もあるので、小さいお子さんがいるお母さんもお楽しみいただけますよ。

皆さんもピアノとマリンバの演奏を楽しまれてはいかがでしょうか?

【マリンバと一緒に ピアノがつなぐひとときvol.3】
日時:11月19日(日) 14:00開場 14:30開演
場所:函館市公民館(青柳町12-17)
料金:一般1,200円(当日1,500円)、小学生~大学生500円(当日700円)
※託児のみ(要予約)の小学生はチケット不要
お問合せ:51‐7288(石田さん) ※託児の申込み・問合せ 53‐4875(白木さん)



| 1:38 PM | イベント情報 お客様紹介 |

2017年 11月 07日 UP!

11月7日(火)~本日のお客様~



10:15~ わくラジ~あなたの街の郵便局~

函館港町郵便局 局長 中村高彦さんにご出演いただきました。

渡島地方には現在、81の郵便局があります。

中村さんは、函館港町郵便局の局長の他、北海道地方郵便局長会の会長、全国主幹地区統括局長など、沢山の肩書をお持ちでいらっしゃいます。
昨日も鹿児島、その前はシンガポールへと各地へ出張に出られることも多いそうで、函館港町郵便局にいることは少ないのだそう。
「お客さんとあまり接する機会がないのが複雑ですね」と仰っていました。

局長としてお仕事されるようになってから4局目、それまでは郵便局をあちこちと回られたそうで、局内の違いなどはよく感じていたそうですよ。

地域創生を目指していらっしゃり、先日はその一環として行われた郵便局主催の婚活イベントに参加されたとのこと。
函館での開催も検討中とのことですよ。

☆函館港町郵便局☆
住所:〒041‐0821 函館市港町1‐20‐23
電話:0138‐42‐9361

郵便局(日本郵便)のホームページはこちら

 

11:10~ 人ネットワーク

北海道潰瘍性大腸炎・クローン病友の会 函館支部 支部長 白石ひとみさん、会員 新谷宏さんにご出演いただきました。

白石さんは六輪村の代表取締役、新谷さんはこの番組でもおなじみですが、函館地方気象台の防災指導係長としてご活躍されていらっしゃいます。

今回は、潰瘍性大腸炎とクローン病について、ご自身の経験も交えながらお話をお伺いしました。

そして、今月12日(日)には函館IBD講演会が開催されます。
札幌東徳洲会病院 副院長でIBDセンター長の前本篤男さん、国立病院機構函館病院 消化器科部長の間部克裕さんを講師にお招きし、「最新のIBD治療と最近の話題 地域との連携」を題目にお話しされます。

IBDの最先端を行っているという札幌の専門医の話は滅多に聞くことができないそうですので、この機会に足を運んでみてはいかがでしょうか?

白石さんからのリクエスト曲に、岡本真夜の「tomorrow」をおかけしました。

【函館IBD講演会 「最新のIBD治療と最近の話題 地域との連携」】
日 時 :11月12日(日) 13:00~16:00(12:30受付)
会 場 :函館市勤労者総合福祉センター(サン・リフレ函館)
資料代 :友の会会員 無料/非会員 500円(資料代)
定 員 :100名(事前申し込み不要)
お問合せ:011‐815‐9701(北海道IBD会館 木曜10時~15時)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「あつこ‘S コメント♪」

「気象台インフォメーション」でお馴染みの新谷さんと、農業を営む「六輪村」の白石さん。新谷さんはクローン病、白石さんは息子さんが潰瘍性大腸炎、それぞれ難病と向き合い励ましあう友の会で知り合いました。

8歳で原因不明の腹痛に襲われ、現在(21歳)に至るまでのお話闘病生活を語る白石さんからは、明るさと強さを、また25歳で痔ろうになり、41歳の時に影を潜めていたクローン病が襲い掛かるまでの過程をまるで気象現象をお話するように解説される新谷さんからは、理知的な受容が感じられるほどでした。

成長期に差し掛かる前にステロイドでの治療を何とか終わらせたいと奮闘するお話には、「成長を止まらせたくない!」との必死な思いが…お母さんは強い!「おかげで1m75です。」「いいなあ~うらやましい!」新谷さんがすかさず(笑)。

「目の前が真っ暗で折れそうな時も、家族会で情報を得たり悩みを打ち明け励ましあったりしていると,大きなエネルギーをもらったものです。」体験を語るひとみさんに、新谷さんも大きく頷き、「僕もひとみさんと会えて気持ちが強くなりました!」とエールを♪

厳しい病気と向き合う仲間だからこそ、友人・知人とは違った存在になるのですね。今回の講演会は、最新の治療や情報が直に聞くことが出来る又とない機会。
患者会の皆さんもスタッフとして対応くださるそうですよ。お二人に会えるのも楽しみに、ぜひお出かけくださいませ。

新谷さん&白石さん、いろいろ教えていただきありがとうございました♪

難病と向き合う…仲間とともに♪@やまがたあつこ

 

 

 



| 1:55 PM | イベント情報 お客様紹介 |

2017年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
 

最近の記事

月別アーカイブ

Tag Cloud - タグクラウド

11月9日(木)~本日のお客様~

BLOG PROFILE

*タイトル
暮らしつづれだより
*ブログ紹介
北海道函館市にあるコミュニティ放送局FMいるかにて、毎週月~木に放送中の番組「暮らしつづれおり」の公式ブログです。 主に番組にいらしたお客様のご紹介や、放送で取り上げたイベントの情報、そしてパーソナリティのメッセージが掲載されます。番組と合わせてお楽しみください!

FMいるか Blog&SNS List

  • 函館山ロープウェイ
  • 日本コミュニティ放送協会
  • MUSIC BIRD
  • Adobe Reader

FMいるかの公式ツイッターアカウント

FMいるかのFacebook

80.7MHz 函館山ロープウェイ株式会社 FMいるか

〒040-0054 北海道函館市元町19-7
TEL 0138-27-3700/FAX 0138-23-3100
Copyright© 2003-2020, FMiruka. All Rights Reserved.