2017 年 9 月の投稿記事

2017年 09月 28日 UP!

9月28日(木)~本日のお客様~



10:15~ cafe憩い♪

青森県立美術館 学芸主幹 菅野晶さんに、お電話でご出演いただきました。

青森県立美術館では現在、『「夢に挑む 洋画をめぐる画家たちの冒険~明治・大正・昭和 日本と青森の近代洋画史~」展』が開催されています。

19世紀、西洋文明との本格的な出会いから始まった日本の近代以降、洋画をめぐり画家たちが挑んだ夢と冒険をテーマに、日本、そして青森の近代洋画の歩みを辿る展覧会。

こちらでは、茨城県近代美術館、栃木県立美術館のコレクションによる日本近代洋画の充実した作品群79点とフランス近代洋画4点が特別展示され、青森県立美術館をはじめとする県内の美術館・博物館等が所蔵する青森県の作家たちの貴重な作品84点が展示されているとのこと。

また、青森県立美術館では2021年3月頃(予定)まで、マルク・シャガールが描いた「アレコ」舞台背景全4作品を完全展示されていますよ。

芸術の秋、是非青森県立美術館へ足を運んではいかがでしょうか?

【「夢に挑む 洋画をめぐる画家たちの冒険~明治・大正・昭和 日本と青森の近代洋画史~」展】
会期 :9月23日 (土・祝)~11月5日 (日) ※休館日は10月10日 (火)、10月23日(月)
時間 :9月30日まで午前9時~午後6時(入館は午後5時30分まで)、10月1日から午前9時30分~午後5時 (入館は午後4時30分まで)
観覧料:一般 1,400円 / 高大生 800円 / 小中生無料
お問合せ:青森県立美術館(電話→017‐783‐3000)

青森県立美術館のホームページはこちら

 

11:10~ 人ネットワーク

独立行政法人国立病院機構函館病院 院長 加藤元嗣さん、経営企画室長 口野広志さんにご出演いただきました。


(写真左から:加藤さん、口野さん)

国立函館病院で行っているがん検診について、来月1日に開催される『国立函館病院健康まつり2017』についてご紹介いただきました。

国立函館病院では、がん予防の活動も積極的に行っていらっしゃるとのこと。
コーナー内ではピロリ菌検査・肺がん検診・大腸がん検診についてご紹介いただきました。
30分程度で検査できたり、検診に必要な物の無料郵送・当事者の家族が持参してもOKなどという検診もありますよ。

昨年の『国立函館病院健康まつり』では、スタート前から並ばれている方も多かったのだとか。
注目は職業体験コーナーや手術室体験などのコーナー。
毎年恒例の健康チェックコーナーは毎年多くの応募者がいるのだそう。
他にも、医師・薬剤師・管理栄養士の相談コーナーや糖尿病・メタボチェックコーナーなどもあります。
今回ご紹介いただいたピロリ菌検査・大腸がん検査のコーナーもありますよ。

この機会に改めて自分の身体、健康についてを見直すのもいいですね。

リクエスト曲に、ジョニ・ミッチェルの「サークル・ゲーム」をおかけしました。

【函館病院健康まつり2017】
日時:10月1日(日) 午前9時~
会場:国立病院機構函館病院内

国立病院機構函館病院のホームページはこちら

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「あつこ‘S コメント♪」

函館は男女共に「大腸がん」による死亡率が全国平均より高い!「都道府県別で一番高いのは男性が青森県(131,8%)、女性では岩手県(127,6%)ですが、函館市はそれぞれ131,8%、136%です。ご存知でしたか?」お話のスタートで先ずは現状をご紹介。

がんは予防できるのかな…?初歩的な質問に、胃がん、大腸がん、肺がん、を中心にあれこれと。知らなかった事がいっぱい…お話の中核に至るともう前のめり!予防の仕方や検診の受け方を知り、実行することの(ここが大事!)疑問解消~♪

現在の検査は簡単で方法も本当に便利。けれど受診率が低いのは、自分だけは大丈夫とか、痛みや症状もないし…などの理由かな?「検診で陽性が出ても放置し、中には5年も結果が出ていた、と受診するケースもあります。症状が出て来た時には進行しているんですよ!」の警鐘とともに「進行すればするほどお金がかかります。抗がん剤は年を追うごとに高くなっていることも知って欲しい」と現状を。経済的にもダメージが大きくなることを肝に銘じましょうね!

「いちご白書」を中学生の頃観て、すっかり映画の虜になった加藤さん。ラストに流れた「サークルゲーム」の印象をつい昨日のことのように。私も大好きな一曲♪「大学(北大)時代の6年間に観た映画は1600本くらいですかねえ、洋画・邦画・アンダーグラウンドなど何でも観ました。」ひぇ~!

難病に向きあう作品などもその中におありとか。「良い作品もあればそうでない作品もあるけれど、映画の中でいろんな人間にもなれるし、どんな場所、どんな時代にも行ける。」笑顔の“映画青年”が目の前に。もっともっと聞かせて頂きたいです。続きをお願いしなくては!

口野さんからも「健康まつり」のご案内をいただきました。「健康」は黙っていては維持できませんね。どーぞ足を運んで下さいな♪お揃いでのご出演ありがとうございました。

検診を習慣に…先ずは行動♪@やまがたあつこ

 



| 2:03 PM | イベント情報 お客様紹介 |

2017年 09月 27日 UP!

9月27日(水)~本日のお客様~



11:10~ 人ネットワーク

画家 近堂隆志さんにご出演いただきました。

来月12日(木)から17日(火)まで、94回目となる『赤光社公募美術展』が開催されます。
大正10年から開催され、1年に3回開催されたこともある公募美術展です。
『赤光』とはどんな意味かは明確にはわからないそうなのですが、憶測として、1913年に刊行された斎藤茂吉の歌集からきてるのではないか、とのこと。

今回で5回目の参加の近堂さん。
ずっとこの美術展を見て来られ、「自分にできることはやってみたい」との想いから美術展に携わっていらっしゃいます。

また、テーオー小笠原でウクレレ教室も開いていらっしゃいます。
詳しくは、近堂さん(50‐3023)までお問い合わせください。

リクエスト曲にご持参いただいたCDから、鈴木大介&保多由子の「翼(武満徹&鈴木大介編)」をおかけしました。

【第94回 赤光社公募美術展】
日時:10月12日(木)~17日(火) 午前10時~午後6時30分(最終日は午後4時まで)
会場:函館棒二森屋 本館7階 催事場

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「あつこ‘S コメント♪」

同人会的な団体で大正10年に発足した赤光社。その後すぐに公募展となり、多い時には一年に3回も開催した時期も合った程。「当初は美術だけでなく、文学や音楽など新しい文化を吸収したいという機運の高まりがあったのだと思う。そんな中で歌人斉藤茂吉の「赤光」から命名したんじゃないのかなあ…?」と推測を…ロマン~♪

数多くの公募展に重複している作家もおられますが、新人にとって公募展は大きな挑戦の機会です。近堂さんも若い頃は一度落選したことがあるそうですよ。もちろんその後は受賞の経験も。

「会場をざっと見て好きな作品があったらその作品にじっと向き合う。それが一番良いと思う。」作品の楽しみ方も教えて頂きました。参考にどうぞ♪美術と同時に音楽も近堂さんの一部です。「今では音楽にウエイトが…」(笑)ウクレレ教室や生徒さん達とのエピソードにもお話が及ぶと、更にお話に勢いが!

楽譜を読む、指を動かす、弾きながら歌う、仲間と共にアンサンブルをする、奏でた音を聴く、人に聴いてもらう…人前に出るための声、表情、姿勢、衣装などしっかり準備をする。一連のすべてが脳を活性化し、お仲間も増え「良いことばかりです!」本当ですね。

耳で楽しみ、目でも楽しむ…音楽も絵画も自分の心に響くコト。興味、関心のある方は行動を起こしてみてはいかがかな?刺激的なお話ありがとうございました。

五感に刺激!…先ずは赤光社展へ♪@やまがた

 

11:40~ 暮らしつづれだより

一般社団法人日本看取り士会 函館研修所 代表 広瀬雅江さん、看取り士 髙橋英美さんにご出演いただきました。

看取り士は、余命告知を受けてから納棺まで、自分らしく人生の終わりを迎えられるように、本人や家族、医療・介護関係者と相談しながら、その最期のときに寄り添うお仕事をされていらっしゃいます。

来月1日(日)、一般社団法人日本見取り士会 会長の柴田久美子による講演会が行われます。
当日は山木将平さんによるオープニングライブも行われます。

また、函館研修所 輝砂では、11月に看取り学講座も開催されるとのことですので、詳しい内容についてはお電話でお問い合わせください。

【看取り士 柴田久美子 講演会~死と向き合うとき、人生の目的が見えてくる~】
日時:10月1日(日) 午後2時~午後4時
会場:亀田福祉センター3階
参加費:ご予約 一般3,000円 当日3,500円 高校生以下無料
お問合せ:080‐1866‐7978(広瀬さん)

一般社団法人日本看取り士会のホームページはこちら



| 1:45 PM | イベント情報 お客様紹介 |

2017年 09月 26日 UP!

9月26日(火)~本日のお客様~



10:15~ わくラジ~あなたの街の郵便局~

函館東郵便局 窓口営業部 主任 佐藤秀子さんにご出演いただきました。

函館東郵便局は30名程の方々が勤務されていらっしゃいます。
窓口だけで20名と、大きな郵便局です。

函館東郵便局に勤められて7年、窓口営業部の主任に就任されてからは4年になられるという佐藤さん。
郵便局での勤務は10年程前からで、当時は非常勤としてお仕事されていたそうですよ。

現在は2人の娘の母として、お仕事に子育てにと忙しい毎日を送っていらっしゃるのだそう。
貯金について担当されているとのことで、貯金についてご自身の経験談等のアドバイスもいただきました。

☆函館東郵便局☆
住所:〒042‐8799 函館市湯川町2‐9‐1
電話:0138‐59‐4238

郵便局(日本郵便)のホームページはこちら

 

11:10~ 人ネットワーク

ロシア語市民講座・ベリョースカクラブ 受講生 入間川惠美子さん、浅田昌子さん、ロシア極東連邦総合大学函館校 事務局 大渡涼子さんにご出演いただきました。


(写真右から:大渡さん、入間川さん、浅田さん)

函館市とウラジオストク市の姉妹都市提携が、今年で25周年を迎えられるとのこと。
そこで、ロシア極東連邦総合大学函館校では函館日ロ親善協会会員やロシア語市民講座受講生らに呼び掛けを行い、市民訪問団を結成されました。

そして8月11日(金)~16日(水)の5泊6日で、「2017ウラジオストクの旅」を催行されました。
入間川さん、浅田さんも訪問団の1員。
旅先でのエピソードなどをお話してくださいました。

また、番組内でもご紹介がありましたが、函館ハリストス正教会では10月9日(月・祝)、バザーが開催されます。
当日、信徒会館内では工芸品や雑貨などの販売コーナー、信徒会館前では上磯ハリストス正教会の野菜やお菓子、珍味などの販売を行う食品コーナーが展開されます。
こちらは午前10時から午後4時まで(雨天決行)となっております。
是非足をお運びください♪

リクエスト曲に、LOVE PSYCHEDELICOの「Everybody needs somebody」をおかけしました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「あつこ‘S コメント♪」

この夏ウラジオストックへの旅を楽しまれた皆さん。開口一番「楽しかった~♪」弾んだ声が響きました。ご主人のおばあさんがロシア人という入間川さんは、退職を機にロシア語やロシア文化の講座を受講。今回のツァーにも真っ先に応募したお一人です。

「大阪はもう暑すぎて…」と度々訪れていた函館へ移住なさったのは浅田さん。音楽、文学、バレエとロシアへの興味が高じて、言語&文化の講座を受講!「素晴らしい出会いもあり、本当に良かったわ!」とにっこにこ。お家も購入なさったほどの函館びいきです。

初日はグルジア料理を満喫なさった皆さん。「シャシリクもワインも最高。美味しかったですよ~。」大渡さんが羨ましいでしょう?と言わんばかりに(笑)。ところで日頃の成果は?「トイレはどこですか?聴いたときに、2階だよって。ちゃんと聞き取れました。」良かったですね、入間川さん♪

沿海州にもマリンスキー劇場をと設立された舞台でバレエも鑑賞。「本場のバレエ(ジゼル)は本当に素晴らしくて、夢のようでした!」浅田さんの目が潤んで…ふふ。

ウラジオストックとの姉妹提携から25年、ロシア極東大函館校設立から23年。それぞれの歴史にまた一つ素晴らしい出来事が記されました。旅を提案し皆さんをサポートなさり、楽しさを演出なさった大渡さん。「無事に戻ってホッとしました。」安堵の笑顔がこれまた魅力的♪お揃いでのお話本当に有難うございました!

ロシアへの誘い…元町のキャンパスから♪@やまがたあつこ

 

11:40~ 暮らしつづれだより

地下アイドル・ライター 姫乃たまさんにご出演いただきました。

初めて函館にいらっしゃったという姫乃さん。
猫が大好きなのだそうで、本日は猫が描かれた服を着ていらっしゃいました猫

地下アイドルとして活動され、今年で8年になるのだそう。
16歳の時に友達に誘われ、興味本位で始められたのがきっかけなのだそう。

先日、朝日新聞出版より『職業としての地下アイドル』を出版されました。
約2年に渡って集めた地下アイドルとファンの方々のアンケートを、自身の経験を元に読み解かれた1冊です。

姫乃たまさんのホームページはこちら、オフィシャルブログはこちら



| 2:17 PM | イベント情報 お客様紹介 |

2017年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
 

最近の記事

月別アーカイブ

Tag Cloud - タグクラウド

9月28日(木)~本日のお客様~

BLOG PROFILE

*タイトル
暮らしつづれだより
*ブログ紹介
北海道函館市にあるコミュニティ放送局FMいるかにて、毎週月~木に放送中の番組「暮らしつづれおり」の公式ブログです。 主に番組にいらしたお客様のご紹介や、放送で取り上げたイベントの情報、そしてパーソナリティ山形敦子からのメッセージが掲載されます。番組と合わせてお楽しみください!
*パーソナリティ
*番組紹介ページ
暮らしつづれおり
*番組紹介
暮らしの中にうるおいを。生活のアドバイス、会話の楽しさや音楽をゆったり楽しむ午前中の番組。様々な分野のゲストを迎えておおくりします。
*放送時間等
月-木 10:00-12:00
*番組プログラム

10:00 お天気情報<伊藤園
10:05 オープニング
10:15
(月)Monday Talk♪
第4 暮らし愛研究所わくわく暮らす家づくり♪<ハートリフォームはこだて>
(火)わくラジ〜あなたの街の郵便局〜<郵便局・ゆうちょ銀行>6月〜
(水)ラジオステップアップ<函館市文化・スポーツ振興財団
(木)第1 気象台インフォメーション 第3 函館短期大学子育て研究所
10:45 (火)(木)街の玄関から<函館国際観光コンベンション協会
(水)いるか号中継
【いるか号AN 尾上麻彩[火・木]・石井千紘[水]】
11:10 人ネットワーク
11:40 暮らしつづれだより
11:53 エンディング
11:56 函館200景

FMいるか Blog&SNS List

  • 函館山ロープウェイ
  • 日本コミュニティ放送協会
  • MUSIC BIRD
  • Adobe Reader

FMいるかの公式ツイッターアカウント

FMいるかのFacebook

80.7MHz 函館山ロープウェイ株式会社 FMいるか

〒040-0054 北海道函館市元町19-7
TEL 0138-27-3700/FAX 0138-23-3100
Copyright© 2003-2017, FMiruka. All Rights Reserved.