2017 年 7 月の投稿記事

2017年 07月 04日 UP!

7月4日(火)~本日のお客様~



10:15~ わくラジ~あなたの街の郵便局~

新函館北斗駅前郵便局 局長 九千房恵理子さんにご出演いただきました。

大野駅前郵便局、と言えばわかる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
新函館北斗駅前郵便局はこじんまりとしている郵便局なのだと仰っていました。

新函館北斗駅前郵便局では「風景印を押印してください」と伝えると、駒ヶ岳を背景に北海道新幹線(H5系)などが描かれた風景印を押してくださるとのこと。
この風景印をコレクションされている方も少なくはないそうです。

九千房さんは最初、函館東山郵便局に就任され、道内の郵便局を転々とされた他、業務インストラクターとしても務められ、今年の4月に新函館北斗駅前郵便局の局長になられました。
ご自身も小さな頃から郵便局にお世話になられており、「地域に根差した仕事をしたい」との思いから郵便局に就職されたそう。
当時お世話になっていた局員の方とは別の形にお世話になっていらっしゃるそうですよ。

☆新函館北斗駅前郵便局☆
住所:〒041‐1242 北斗市市渡788‐18
電話:0138‐77‐9701

 

11:10~ 人ネットワーク

公立はこだて未来大学 教授 田柳恵美子さんにご出演いただきました。

2008年に着任され、知識科学、認知社会学、情報社会学をご専門とされていらっしゃいます。

本日は公立はこだて未来大学での近況、そして『Lake Onuma Jazz Festival 2017』についてお話してくださいました。

今年で3回目となる『Lake Onuma Jazz Festival 2017』。
昨年まではジャズピアニストとして、出演者側に立っていらっしゃった田柳さんですが、今年は実行委員会の一員になられたそう。

『3つの柱』として、アマチュア・プロ問わず道産子のジャズの演奏、国定公園(大沼公園)でイベントを行うこと、そして「クラウドファンディング」の事についても詳しく教えていただきました。
「クラウドファンディング」とは、不特定多数の人々がインターネットを通じて様々な事業の趣旨に賛同し、資金の提供ができるという新しい仕組みの事なのだそう。
(詳しくはこちらをご覧ください)

『Lake Onuma Jazz Festival 2017』については後日、当番組でも紹介していく予定です。

リクエスト曲に、コーナー始めにはアコースティック・ウェザー・リポートの『ヤング・アンド・ファイン』を、コーナー中には蛇池雅人グループの『Lake』をおかけしました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「あつこ‘S コメント♪」

大学教員になるまで20年近く主にフリーランスで、科学技術系分野でのPRや出版の規格製作、研究評価・警アクなどのコンサルティングに携わってこられた田柳さん。片桐学長や中島名誉学長、松原教授とは、それぞれ若手研究者として頭角を表してらした頃にインタヴューをしたご縁もあるとか…「みんなあの頃のまま、フレッシュです♪」

社会と人間を結ぶ領域「知識社会システム論」がご専門。研究テーマには「音楽と創造的認知」「音楽の熟達化」なども。その辺りをジャズの誕生から現在までに例えて解説…今回の大沼ジャズフェスティバルとも連動したお話でしたね。何でも研究の対象にしてしまうところが凄いなあ(笑)と。

中央での目まぐるしい日々から一転、遠のいていたジャズピアニストの活動も増え、「この街のサイズが両方を豊かにしてくれる」と仰います。やった~♪

情報社会、知識社会と言われる社会環境の変化は、地域の暮らしにも大きな変化をもたらしています。人と人の結びつき、集団や組織の在り方、コミュニティの在り方や科学技術の研究者の視点から読み解くと…?「大沼ジャズフェス」とクラウドファンデングの挑戦は研究テーマそのものなのだと実感!

自ら楽しみ汗もかく…行動科学もお得意ですね♪現在西部地区に古い民家を改築なさっているとか。次回はこのお話をぜひ!ご出演ありがとうございました。

プレイが楽しみ…ジャズも研究も♪@やまがたあつこ

 

11:40~ 暮らしつづれだより

函館地区保護司会 地域活動部 副部長 岩村敏次さんにご出演いただきました。

7月は『第67回 “社会を明るくする運動″~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ』の強化月間です。
既に街頭や公共の交通機関などで目にした方もいらっしゃるのではないでしょうか?

犯罪や非行のない安心・安全な地域社会を気付くための取り組み推進、犯罪や非行をしてしまった方々が立ち直れるようにサポートすることを目標に活動されていらっしゃいます。
コーナー内でも、岩村さんは過去にサポートした青年の話をしてくださいました。

今月19日(水)の午後1時から、函館市民会館では『第25回 市民のつどい』、8月2日(水)の「ワッショイはこだて」踊りパレードでも啓発活動を行うとのこと。

詳しくはこちら



| 2:18 PM | イベント情報 お客様紹介 |

2017年 07月 03日 UP!

7月3日(月)~本日のお客様~



11:10~ 人ネットワーク

ハンマーダルシマープレイヤー 小松崎健さんに、お電話でご出演いただきました。

昨日は長沼町でライブが行われたそうで、ご出演後は小樽に向かわるとのこと。
先日ご出演いただいた興膳さんとのイベントも開催されていらっしゃいます。

小松崎さんは東京都足立区出身、現在は札幌にいらっしゃいます。
珍しいもの好きで、ハンマーダルシマーは興味本位で始められたそう。
学生時代はピアノやギターを演奏されていらっしゃったそうです。

演奏者自体が少なく、曲も他の楽器のものをハンマーダルシマー仕様にアレンジされたり、またご自身で作曲したりされているとのこと。
小松崎さんはハンマーダルシマーの教室も開いていらっしゃり、13名程の方に教えていらっしゃいます。

リクエスト曲に、小松崎さんが演奏された曲『Motomachi』をおかけしました。

小松崎さんのホームページはこちら

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「あつこ‘S コメント♪」

ハンマーダルシマーにまつわるお話、いかがでしたか?小松崎さんの演奏を初めて聴いたのは、七飯町役場向かいの一角。木立に囲まれた庭に響き渡る初めての音…集った方たちはみんな耳をそばだてていたような気がします。

「じろじろ大学」当時の市民番組のために製作したのが今日おかけした「MOTOMAGHI」。軽やかで繊細な響きと爽やかさに、当時を思い出された方も多かったのではないかしら?「懐かしいなあ~♪」(笑)。

明るさや見晴らしの良さ、海に向かって開けている街の様子が思い浮かぶようですね。演奏はケルティクグループHARD TO FIND 88年に結成された3人編成のバンドです。もともとアイルランドの楽器が移住者によってアメリカに伝わり、本国よりもアメリカで演奏されるようになったとか…そんな歴史にも触れていただきました。

吉田拓郎や井上陽水などのフォークに影響を受け、アメリカの音楽へと傾倒。そんな中でビット・ホルトの弾くハンマーダルシマーに感動!「独学でここまで来ました。少しずつ少しずつです。」謙虚ですね…

朝ドラ「花子とアン」では蓮子様の登場シーンの音楽でハンマーダルシマーを担当されたとか…梶浦さんによる神秘的な曲をハンマーダルシマーならではで表現し、ドラマを見ていた方からもの反応も数多く。蓮子様の神秘さには演奏の効果もあったのですね♪

ラジオネーム「夏みかん」さんから「ハンマーダルシマーの音色にまったりしています♪」とメッセージも。小松崎さ~ん、次回はスタジオへいらして下さいませ。ご出演ありがとうございました。

ダルシマーとは…美しい音色♪ラテン語からだって@やまがたあつこ



| 1:21 PM | お客様紹介 |

2017年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の記事

月別アーカイブ

Tag Cloud - タグクラウド

7月4日(火)~本日のお客様~

BLOG PROFILE

*タイトル
暮らしつづれだより
*ブログ紹介
北海道函館市にあるコミュニティ放送局FMいるかにて、毎週月~木に放送中の番組「暮らしつづれおり」の公式ブログです。 主に番組にいらしたお客様のご紹介や、放送で取り上げたイベントの情報、そしてパーソナリティのメッセージが掲載されます。番組と合わせてお楽しみください!

FMいるか Blog&SNS List

  • 函館山ロープウェイ
  • 日本コミュニティ放送協会
  • MUSIC BIRD
  • Adobe Reader

FMいるかの公式ツイッターアカウント

FMいるかのFacebook

80.7MHz 函館山ロープウェイ株式会社 FMいるか

〒040-0054 北海道函館市元町19-7
TEL 0138-27-3700/FAX 0138-23-3100
Copyright© 2003-2020, FMiruka. All Rights Reserved.