2017 年 7 月の投稿記事

2017年 07月 25日 UP!

7月25日(火)~本日のお客様~



10:15~ わくラジ~あなたの街の郵便局~
函館本通郵便局 阿部佑紀さんにご出演いただきました。

函館本通郵便局を利用されている・知っている方はご存知かと思いますが、
他の郵便局とは違い、建物は円柱の様な外観なのだと阿部さんは仰っていました。
その函館本通郵便局では現在、7名の方が勤務されていらっしゃるとのこと。

阿部さんはゆうちょ銀行・簡易保険(かんぽ)のご担当だそうで、簡易保険についてわかりやすく説明してくださいました。

阿部さんは10年程郵便局に勤められており、郵政民営化の施行前から郵便局でお仕事されていたことがあるとのこと。
函館本通郵便局の前は鹿部郵便局、函館赤川郵便局でも勤務されていらっしゃったそうですよ。

☆函館本通郵便局☆
住所:〒041‐0851 函館市本通3‐27‐10
電話:0138‐55‐7262

郵便局(日本郵便)のホームページはこちら

 

11:10~ 人ネットワーク
大沼べこっ子祭り 実行委員長 久保田守峰さん、実行委員会の石黒雄介さん、小森清太郎、小森浩二さん、小滝貴一さんにご出演いただきました。


(写真手前右から:石黒さん、小森清太郎さん、小森浩二さん 写真奥右から:小滝さん、久保田さん)

久保田さんは『久保田牧場』、石黒さんは『石黒牧場』、小森清太郎さんは『小森牧場』、小森浩二さんは『小森ファーム』で、それぞれお仕事されていらっしゃいます。

そんな皆さんが中心となり、8月6日(日)、4回目となる『大沼べこっ子祭り』が開催されます。
昨年は天候に恵まれはしなかったものの、沢山の来場者で賑わっていたとのこと。
今年から新しく取り入れたイベント、改善した所も多々あるとのことですので、一新した『大沼べこっ子祭り』に是非足をお運びください♪

リクエスト曲に、SPEEDの「Body&Soul」をおかけしました。

【第4回 大沼べこっ子まつり】
日時:8月6日(日) 10:00~14:00
会場:函館七飯ゴンドラ(スノーパーク)
参加費:事前申込→中学生以上2,000円、小学生500円
当日申込→中学生以上2,500円、小学生1,000円  ※幼児は無料
お申込み:専用の参加申込書(七飯町のホームページに掲載)に必要事項を記入し、
FAXか七飯町のホームページ内入力フォームから申込み
お問合せ:七飯町役場 経済部 農林水産課(電話:0138‐65‐5793)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「あつこ‘S コメント♪」

「大沼べこっこまつり」も4回目を迎えます。べこのお乳をのみ、ベコのお肉を食べ、ベコにブラシを当て、べこっこにお乳を飲ませ…まるで牧場の一員になった気分を味わえる一日は、初回以来大人気!

「そろそろ飽きてきたかもしれないから、今回は羊にも登場してもらう事にしたけど。」突然の委員長の発表に「聞いてないよな?」みんな顔を見合わせて…(笑)。小滝さんは函館酪農公社で事務や授乳体験の対応をなさるお仕事を。そのほかの皆さんは全員酪農家。駒ヶ岳のすそ野に広がる牧場で家業に精を出しておいでです。

搾乳された生乳は函館酪農公社に収められ、美味しい乳製品となって私たちのもとへと届くのですよ。ありがとうございます♪スーパーや小売店でパックに入った牛乳は、大小の牧場で大事に育てられたべこちゃんたちからの贈り物。どこで誰が育ててくれたのでしょう?牛乳やチーズやヨーグルト…どこでどんな人たちが作っているのでしょう?知りたいでしょう♪

会場に行けば今日の皆さんにも会い、一緒に遊び一緒に食べ、そしてお話も楽しめます。そのために委員の皆さんはあれこれ知恵を出し合い、当日は獅子奮闘の大活躍!ですよね?

大沼ならでは自然に包まれ、牧場の一日を体感しましょう♪「イケメンたちが待ってます!」ほんとだよ♪(笑) お揃いでのご出演ありがとうございました。

おお牧場はみどり~…ハイジになろう♪@やまがたあつこ

 

11:40~ 暮らしつづれだより
北海道レクリエーション協会 理事長 星芳広さん、レクリエーション支援者育成部兼総務部マネージャー 後藤剛彦さんにご出演いただきました。


(写真右から:後藤さん、星さん)

北海道レクリエーション協会は、レクリエーションの総合的な普及振興を図ると共に、レクリエーションに関する活動を行う他の団体に対する支援を行い、道民の心身の健全な発達とゆとりと潤いのある生活づくりも支援する活動を行っていらっしゃいます。

9月15日(金)~17日(日)まで、『第71回 全国レクリエーション大会in北海道』が、道南を中心に、函館市・北斗市・恵庭市・七飯町・森町で開催されます。
(詳しくはこちらをご覧ください)

先日ご出演いただいた水落さんもご紹介してくださいました『函館ウォークラリー大会』も、活動の1つ。
今後も函館やその周辺地域でも様々なイベントが行われる予定だとのことですよ。

北海道レクリエーション協会のホームページはこちら



| 2:06 PM | イベント情報 お客様紹介 |

2017年 07月 24日 UP!

7月24日(月)~本日のお客様~



10:15~ 暮らし愛研究所わくわく暮らす家づくり
北海道暮らし愛研究所 所長 福田誠さんにご出演いただきました。

いるか号中継でもお邪魔しましたが、22日(土)は棒二森屋で、23日(日)はTOTO函館ショールームで、料理研究家の星澤幸子さんをお招きしてのイベントを行われていらっしゃいました。

今回のイベントを通じて、福田さん自身も気づいた点・発見した点があったとのこと。

今後もまた『住育』に関する様々なイベントを計画されていらっしゃるとのことですよ。

北海道暮らし愛研究所のホームページはこちら

 

11:10~ 人ネットワーク
星澤クッキングスタジオ 主宰 料理研究家 星澤幸子さんにご出演いただきました。

22日(土)開催のイベントに先立ち、収録でご出演いただきました。

お料理コーナーでお馴染みの星澤さん。
これまでに作られた料理はなんと6400品にもなるのだとか。
コーナー中に作られた『ズッキーニの漬物』も、収録日の2・3日前にひらめいたのだそうです。

「よく噛んで食べる」など、子どもの頃に良く言われた方もいらっしゃると思いますが、現在はその通りにしていらっしゃるでしょうか?
今回のお話を通じて、改めて自分たちの食生活を見直せた機会になったと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「あつこ‘S コメント♪」

星澤節炸裂!(笑)。お料理好きの幼女時代に始まり、身を護る日々の食、思考、行動にいたるまで、終始一貫“さちこワールド”。収録の時間はあっというまでした。朗らかで示唆に満ちたお話は、身振り手振りとともに終始笑顔が絶えることがないのです。さすがですね♪

長年のテレビ出演の秘訣は、きちんとした下ごしらえ。「だっていい加減なことをしたらすぐにわかるでしょう?みんな洞察力がするどいのよ。お料理でも講演でも、下ごしらえや準備を整えずに臨むなんて失礼な事なのよ。」当日もしっかりお話なさる内容を準備しておいででした!

スタジオに入ると鞄の中からなにやら?「ズッキーニを切ってきたの。お話している間に簡単レシピを紹介するわね♪」お話が一段落したことポリ袋に塩麹とがごめ切昆布を混ぜ、空気を抜いて口をきっちり。お話が終わるころには出来ているわよ!」ホントかな?

若き日の辛そうな体験、パリはホテルリッツでのディナーをうっとり、食の大切さに警告を…テンポの良いお話が一段落した頃には「もういいわよ♪」ズッキーニの美味しいお漬物の出来上がり!「どう?」にやっとなさる星澤さん。もっちろん、美味しかったです♪

「生きる事は楽しい、そのために食を大事にしましょうね♪」メッセージがダイレクトに届いたひと時でした。またお目に描かれると良いなあ。次回はスタジオへいらして下さいませ。ご出演ありがとうございました。

人は食なり…反省(笑)!@やまがたあつこ

 

11:40~ 暮らしつづれだより
写真家 佑木瞬さんにご出演いただきました。

遺愛女子高等学校出身の佑紀さん。
ファインダーから見た風景に魅力を感じられ、小学4年生の時に母に一眼レフを買ってもらってからはずっと写真撮影の活動をされていらっしゃるそうです。

先日、ギャラリー三日月の池井さんにご出演いただいた時にもご紹介いただきましたが、函館5ヶ所で写真展を開催されます。
そして現在は、写真集『願わくは、終わりに花を。』を出版するための作業中なのだそう。
それに伴い、現在は協賛金を募っていいらっしゃいます。
3,000円、5,000円、10,000円と分け、写真集への明記の他、金額に応じた特典も付けていただけるとのこと。
詳しいお問い合わせは、ギャラリー三日月(0138‐87‐0787)までどうぞ。

写真展は下記の通りに開催されるとのことです。

【願わくは、終りに花を。】
期間:11月8日(水)~12月10日(日) ※木曜定休
場所:ギャラリー三日月(函館市弥生町23‐1)
時間:11:00~17:00
臨時休業:11月24日(金)~11月27日(月)

【ナビス/navis】
期間:11月11日(土)~12月5日(火) ※水・木・金曜定休
場所: SUQ+(函館市宝来町27‐13)
時間:13:00~18:00

【ファインダーのむこう】
期間:11月14日(火)~11月26日(日)
場所:洋物館ギャラリー(函館市末広町13‐9 金森洋物館内)

【ヴィルドゥナガルは微笑んでいた】
場所:ベイギャラリー(函館市豊川町11‐5 BAYはこだて1号館内)
期間:11月14日(火)~11月26日(日)

【泪は透明な血】
期間:11月11日(土)~11月25日(土) 期間中無休
場所:函館市地域交流まちづくりセンター 1階(函館市末広町4番19号)
時間:9:00~21:00

佑木さんのホームページはこちら



| 3:15 PM | イベント情報 お客様紹介 |

2017年 07月 20日 UP!

7月20日(木)~本日のお客様~



10:15~ 函館短期大学子育て研究所 教えて先生!ラジオで授業~♪
函館短期大学 保育学科 専任講師 山下真由美さんにご出演いただきました。

先日に引き続いてのご出演でした。
函館にいらっしゃったばかりの山下さんですが、先日開催された函館港花火大会はFMいるかの特別番組を聴きながら鑑賞されたとのこと。

今回は、宮城道雄さんについてお話してくださいました。

宮城道雄さんは、兵庫県出身の作曲家・箏曲家。
『十七絃』の発明者であり、「春の海」などの代表作も現代に残されています。
写真で山下さんが手にしているのは、宮城さんの著書『雨の念仏』です。

なお、函館短期大学では今月の23日(日)の午後1時30分から午後3時30分まで(受付は午後1時から)、キャンパス見学会が開催されます。
高校生の方・保護者の方などは、是非足を運んではいかがでしょうか?

函館短期大学のホームページはこちら

 

11:10~ 人ネットワーク
社会福祉法人 函館法人会 愛泉寮 施設長 山石卓也さん、生活相談員主任 大中好美さん、近江幸史さんにご出演いただきました。

愛泉寮は今年で開寮50年を迎えられました。
現在、愛泉寮には160名程の入居者がいらっしゃるとのこと。

大中さんは入居者とその家族の話を聞いて、施設内で生活しやすいように改善されてたりといった仕事をされ、近江さんは入所申し込みなどの受け付け・調整やショートステイの業務全般をされていらっしゃいます。
大中さん、近江さんのお2人が着ていらっしゃるTシャツには、理念である「思いやり・優しさ・笑顔」と書かれていましたよ。

7月29日(土)、『あいせんまつり』が開催されます。
毎年夜に行われていたそうなのですが、開寮50周年というのもあり、今年は日中行うとのこと。
さらに、ステージショーや屋台はもちろんの事、お菓子撒きやイカダベッサーとの写真撮影など、特別イベントも充実しています。
老若男女楽しめる内容となっておりますので、是非遊びに出掛けてはいかがでしょうか?

リクエスト曲に、いきものがかりの『ありがとう』をおかけしました。

【あいせんまつり】
日時:7月29日(土) 13:30~16:00
会場:函館共愛会愛泉寮駐車場(雨天時は屋内での開催)
※駐車場はありませんので、公共の交通機関をご利用ください。

愛泉寮のホームページはこちら

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「あつこ‘S コメント♪」

道内で3か所目となる特別養護老人ホームとして開寮した愛泉寮は、今年50周年!毎年開催の「あいせんまつり」も、今年は力が入ります。そんなお話を中心に、お祭りの内容や工夫の数々をそれぞれのお立場から。

「今日は付き添い役なので…」とおっしゃる山石さんから、先ずはご挨拶とご案内を。「前例に捉われずアイデアを出し合った内容やプログラムになりました!」スタッフへのねぎらいも忘れませんね♪(笑)

移動販売車集結、こどもたちの太鼓演奏やエアロダンス、おじ様たちのギターデュオ、佐々木基晴車中の民謡、様々な屋台、くじ引き、お菓子まき、マジックショー、函館戦士「イカダベッサー」登場…まだまだあるんですよ!

中島町会、小学校、ボランティアの方々、日ごろお世話になっている方々と入居者の皆さんとの楽しい交流を楽しんで頂きたい…皆さんの意気込みと工夫がプログラムから浮かびあがります。

「田舎育ちでお祭りは本当に楽しみでした。浮かれるタイプです!」八雲での子ども時代が懐かしそうな大中さん。今でも?「ハイ、大好きです!」(笑)。当日は司会担当。ぴったりですね♪

近江さんも地元のお祭りを楽しんだお一人。「今回はこども目線も大事にあれこれ工夫しました。」楽しい記憶が残りますように!ご近所力を味方にお祭りが大いに盛り上がりますように!皆さんも足をお運びくださいませ♪お揃いでのご出演ありがとうございました。

50年のお礼の気持ち…お祭りにたっぷり♪@やまがたあつこ

※施設の歩みについては山石さんが再出演(9/6水)!お楽しみに

 

11:40~ 暮らしつづれだより
籐工芸 ラタンとよみ 佐々木登代美さんにご出演いただきました。

籐で作られた作品もご持参いただきました!

今月22日(土)と23日(日)、函館蔦屋書店では、第33回はこだてマルシェ「伝統工芸&現代工芸作家展」が開催されます。

佐々木さん始め15名の作家による作品の展示・販売会です。
「ベテラン」と言っても過言でないほどの活動歴をお餅の方々が作られた、陶器や革工芸などといった作品が並びますよ。

なお、22日(土)にはいるか号中継でも会場の様子をお届けする予定ですので、どうぞお楽しみに!

【第33回はこだてマルシェ「伝統工芸&現代工芸作家展」】
日時:7月22日(土)・23日(日) 午前10時~午後6時
会場:函館蔦屋書店 中央吹抜けマルシェ




2017年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の記事

月別アーカイブ

Tag Cloud - タグクラウド

7月25日(火)~本日のお客様~

BLOG PROFILE

*タイトル
暮らしつづれだより
*ブログ紹介
北海道函館市にあるコミュニティ放送局FMいるかにて、毎週月~木に放送中の番組「暮らしつづれおり」の公式ブログです。 主に番組にいらしたお客様のご紹介や、放送で取り上げたイベントの情報、そしてパーソナリティのメッセージが掲載されます。番組と合わせてお楽しみください!

FMいるか Blog&SNS List

  • 函館山ロープウェイ
  • 日本コミュニティ放送協会
  • MUSIC BIRD
  • Adobe Reader

FMいるかの公式ツイッターアカウント

FMいるかのFacebook

80.7MHz 函館山ロープウェイ株式会社 FMいるか

〒040-0054 北海道函館市元町19-7
TEL 0138-27-3700/FAX 0138-23-3100
Copyright© 2003-2020, FMiruka. All Rights Reserved.