2017 年 5 月 31 日 の投稿記事

2017年 05月 31日 UP!

5月31日(水)~本日のお客様~



11:10~ 人ネットワーク

函館新聞社 編集局 統括部長 千葉卓陽さんにご出演いただきました。

1997年に創刊され、今年で創刊20年目を迎えられた函館新聞。
現在も函館市民を始め沢山の方にご愛読されています。

千葉さんは創刊2年目の時に入社され、一時はテレビ局で4年半務められたそうですが、「書きたい」という強い気持ちからまた函館新聞社に戻られ、現在に至ります。
入社前は野球実況に興味があり、ラジオの仕事がしたかったそうですよ。

6月1日(木)は写真の日。
函館新聞社ではこの写真の日にちなんで、今年で3年目となる『2017 写真の日プロジェクト』を開催されます(千葉さんが企画されました)。
プロジェクトに参加される20名の方々が、「6月1日の函館の24時間」を撮影するものです。
撮影された写真は6月中に函館新聞に掲載されるほか、提供された全作品ホームページで紹介されます。

他にも、今年の7月16日(日)には『函館新聞創刊20周年記念 函館港花火大会』が開催されます。
今年もFMいるか、そしてNCVでもお楽しみいただけます。

リクエスト曲に、竹原ピストルの『よー、そこの若いの』をおかけしました。

函館新聞社(電子版)のホームページはこちら

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「あつこ‘S コメント♪」

「函新」の呼称ですっかりお馴染みの函館新聞社。1997年1月1日の創刊から今年は20年!おめでとうございます♪先ずはあれこれ辿って頂きますと…「いや~もう大変でした。しばらくは十勝毎日新聞からの応援記者、前職は中央紙記者、そしてプロパー記者という寄り合い所帯。よく言えば熱気がある、悪く言えば殺伐としてましたねえ!」テンポの良いお話のスタートです♪

各自の背景には異なる紙面の顔が…新たな新聞社のカラーを生み出すのは大変なエネルギー。核になっているのは「愛」だと仰います。地元愛・地域愛・とにかく丁寧な取材と紙面づくりを続けているときっぱり。

ご自身は創刊2年目に入社し、先ずは編集局へ。その後テレビ局でのお仕事を経て再入社。「マスコミには違いないけれど、喋るよりもやっぱり書きたいな!と。」一年間くらい悩み迷ったそうですから、よほどの決断だったのですね。

「実は今年で戻りが一人いるんです。俺も出戻り、力になるよ!って」それは安堵なさったことでしょう♪戻れる場所があるなんて幸せです。

地域が見える・地域の可視化を目指して様々なプロジェクトも展開。毎週木曜日には、NCVとFMいるかのパーソナリティが週替わりで担当するコラムも登場。「それぞれのファンがコラムをきっかけに関心を広げてくれれば…」狙い通りに行くと良いですね~♪

ちなみに明日(木)は、石崎理さんが担当ですよ。お楽しみに♪私はね、もう一回目は終わったの。次回は11月なんだけど…悩みの種!(笑)。そんな悩みの種をまいたご本人、「話し切れなかった話がまだまだ…」だったら次回に♪お忙しい中のご出演ありがとうございました。

紙媒体で地域を見せる…音で地域に届ける♪@やまがたあつこ

 



| 3:38 PM | お客様紹介 |

2017年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
 

最近の記事

月別アーカイブ

Tag Cloud - タグクラウド

5月31日(水)~本日のお客様~

BLOG PROFILE

*タイトル
暮らしつづれだより
*ブログ紹介
北海道函館市にあるコミュニティ放送局FMいるかにて、毎週月~木に放送中の番組「暮らしつづれおり」の公式ブログです。 主に番組にいらしたお客様のご紹介や、放送で取り上げたイベントの情報、そしてパーソナリティのメッセージが掲載されます。番組と合わせてお楽しみください!

FMいるか Blog&SNS List

  • 函館山ロープウェイ
  • 日本コミュニティ放送協会
  • MUSIC BIRD
  • Adobe Reader

FMいるかの公式ツイッターアカウント

FMいるかのFacebook

80.7MHz 函館山ロープウェイ株式会社 FMいるか

〒040-0054 北海道函館市元町19-7
TEL 0138-27-3700/FAX 0138-23-3100
Copyright© 2003-2019, FMiruka. All Rights Reserved.