2017 年 2 月の投稿記事

2017年 02月 16日 UP!

2月16日(木)~本日のお客様~



11:10~ 人ネットワーク

函館市女性センター  原田恵理子さんにご出演いただきました。

函館市東川町にある函館市女性センター。
女性への福祉の増進や教養の向上、男女共同参画社会実現のために設立された推進拠点となっております。

ここでは日々様々な講座や催しが行われています。
中には、毎日のように講座に通っていらっしゃる方もいるのだとか。

写真で原田さんが持っていらっしゃるPOPは、3月14日(火)・15日(水)の2日間行われる『知っておきたい社会保障 保険と年金安心セミナー』のお知らせ。こちらは現在受講者募集中とのこと。
他にも募集している講座等がありますので、興味のある方はホームページをのぞいてはいかがでしょうか?

なお、お話にも出ていました、長女の原田奈摘さんは、来週ご出演いただきます。どうぞお楽しみに♪

リクエスト曲に、エンゲルベルト・フンパーディングの『ラスト・ワルツ』をおかけしました。

函館市女性センターのホームページはこちら

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「あつこ‘S コメント♪」

もともとグラフィックデザイナーとしてご活躍。ひょんなことからドメスティックバイオレンス被害者サポートの活動のパンフレットを制作…活動の拠点や支援の輪の場も必要だよね♪「だったら私が手を揚げてみようかな?」こうして指定管理者への第一歩を踏み出したのです。もう8年…「あっという間でした~!」先ずはお疲れさまでした。

独自の講座、託児室の充実、喫茶コーナーの開設、広報やパンフレットはお手の物だし(笑)、企画はスタッフみんなで意見を出し合い詰めていくとか。みんなの力を引き出すコツは?「あんまり細かなことにこだわらない性格なのと、怒らないからかなあ?」いっつもにこにこだもんね♪

ビッグバンドでバリトンサックスを担当なさる恵理子さんのリクエストは、ステージでも演奏なさるナンバー。「やっぱりスタンダードっていいですよねえ~」うっとり耳を傾けながら解説も。多彩さがうらやましいです。

子育ての中から人間関係やコミュニケーション力が培われたそうですが?「反省することばかり。」と苦笑い。私も…(笑)。物づくりの才能はお姉さん、音楽好きは妹さんに受け継がれたのでしょうか、長女の奈摘さんは「スペインタイル」の工房をオープン、妹の咲さんは現在教育大学岩見沢校でピアノを弾きまくっていると・年賀状に。あったか家族。

「人ネット」でピアニスト類家唯さんのお話を耳にし、自宅が近そうと教室をノック。当時高校生だった咲さんの努力が実りピアノへの道が開けたのだそうですよ。大感激~!来週月曜は奈摘さんがスタジオへ…スペインタイルのお話&お母さんの素顔にも…ね♪

さあ、新たに女性センター長としての5年間が…学びや交流の拠点としてますます賑わいますように。ご出演ありがとうございました。



| 2:53 PM | お客様紹介 |

2017年 02月 15日 UP!

2月15日(水)~本日のお客様~



10:15~ 高専宝さがし

函館工業高等専門学校 一般理数系 水野章敏さんにご出演いただきました。

今回初めてご出演していただいた水野さん。
昨年1月に、一般理数系の化学担当として赴任されました。
液体化学,液体金属物性を専門とされています。

今回は、水野さんが研究されている「高融点合金及びセラミックの融解・凝固による材料作成」についてお話していただきました。
あまり注目しないような内容だったので、色々学ぶことができました。
今回お話していただいた研究内容が、今後どのような場面で見られるのか楽しみですね。

 

11:10~ 人ネットワーク

(有)栄文堂書店 佐藤純子さんに、お電話でご出演いただきました。

今回、新潟県出身・心臓病を患うミュージシャン原要介さんが初めて製作したCD「GENERATION TIMES」。
付属冊子には、函館ゆかりのフォトジャーナリスト・岡村昭彦さんが戦場で撮影した写真が掲載されています。

このCDには、原要介さんの「長くは生きられない人が希望を持てるようになれることを目指して」作られています。
曲中にあるベース、ギター、シンセサイザーは原さんご自身が演奏しており、また、多くの人に聞いてもらうために、日本語をはじめ、英語、ロシア語、中国語の4カ国語で曲の解説をしています。

CDは、(有)栄文堂書店と函館市地域交流まちづくりセンターで配布されています。
興味のある方は、(有)栄文堂書店【電話 0138‐22‐3419】までどうぞ。

佐藤さんからのリクエスト曲に、五つの赤い風船の『遠い世界へ』をおかけしました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「あつこ‘S コメント♪」

十字街にある栄文堂書店は昭和12年から純子さんのご家族が引き継ぎ、お父様でのちに写真家となった岡村明彦さんも店頭にいらしたことがあるという老舗の本屋さんです。

現在午前中はお店を開け、午後は純子さん自ら配達に回るというお忙しさで「お電話だったら…」と、ご出演が叶いました。ありがとうございます♪報道写真家としてのお父様を振り返って頂きながら、お父様の写真を自信のCDに掲載されたミュージシャン原要介さんとの出会い、無料配布のお手伝いをなさるお気持ちなどを語ってくださいました。

掲載されたのは岡村さんが1971年にラオスで撮影した一枚。ベトナム戦争最中・ラオス侵攻作戦のワンショット。戦闘のなか、負傷兵を背負って避難する政府軍兵士を捉えた作品です。「新潟の本屋さんで偶然父の写真集を見つけ、この一枚を使わせてほしい・と…」

「ベトナム戦争なんてもちろん知らない若い人が、父の作品を通じて自分の音楽と共通点を見つけてくれたことはとても嬉しかったし、応援もしたい。」と力を込めてらっしゃいました。力強いです!

「遠い世界に」を声揃えて歌った高校生の頃、“だけど僕たち若者がいる~♪”この言葉に希望を持ち未来を描いていたと仰る純子さん。スタジオで私も大声で歌っちゃいました♪良い曲ですよね~!(笑)ご出演ありがとうございました。

若者は続く…いつしか応援者に♪@やまがたあつこ




2017年 02月 14日 UP!

2月14日(火)~本日のお客様~



11:10~ 人ネットワーク

新・一閑張り きらめき工房 村上みどりさんにご出演いただきました。

作品もお持ちしていただきました!

「一閑張り」とは、江戸時代から伝わる工芸技法で、竹籠に和紙を貼り合わせ、表面に柿渋を塗っていくもの。
遠目から見ると布を貼り合わせているように見えましたが、その触感はしっかりと和紙の感触でした。
竹籠と和紙でできていますが、とても丈夫な作りになっており、食料や衣料、道具などを入れて、日用品としても使えます。

東京都出身の村上さん。
中学→高校→大学と、日本女子大学で学生生活を過ごされたとのこと。
立ち振る舞いがお上品なのはその影響もありそうですね。

今年の秋にはフランス・パリ近郊の世界遺産でもあるダ・ヴィンチの城で展示会が行われるとのこと。
次回ご出演時にはその話をしてもらえるかも…楽しみですね♪

☆新・一閑張り きらめき工房☆
住所:〒041‐0004 函館市杉並町4‐22‐803
電話:0138‐52‐1329
FAX:0138‐52‐1329

新・一閑張り きらめき工房のホームページはこちら

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「あつこ‘S コメント♪」

竹籠に和紙を貼り込むという日本の伝統工芸・一閑貼りに新風を吹き込んだ村上みどりさん。表面に柿渋を多用せず、和紙特有の風合いや色彩を生かしながら独自のイメージへと見る人を誘います。

今回も大小の作品をご持参下さいましたが、どれ一つとして似ているものがないのです。イメージの源流は写真家として駆け回った旅の記憶、グアテマラの大きな太陽、息をのんだイグアナの滝、吸い込まれてしまいそうなフェルメールの青…“第2の兼高かおる”と称された日々が作品に閉じ込められているのです。スケールが大きいはずですね♪

中・高・大と日本女子大学で学び、女性でも一芸を身に着ける事を志していらしたとか。「とにかく何事にも一生懸命でした。真面目だったのですね。」そーだと思います!(笑)

今年の秋にはパリで作品をご披露!日本でもなかなかお目にかかる機会がありませんからパリっ子もビックリすること間違いなし。「トレビア~ン♪」の声が聞こえてきそうです。

姿勢を正し丁寧な言葉遣いでお話なさるみどりさん。私もつられてちょっぴり女性らしく…へへ。好きなことのためには努力を惜しまない、そんなみどりさんを支えたくなるご家族・生徒さん・友人や工芸関係の皆さんの存在も感じる時間でした。パリから戻ったらぜひご報告を!ご出演ありがとうございました。

美を目指す日々…再び世界へ♪@やまがたあつこ



| 2:44 PM | お客様紹介 |

2017年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
 

最近の記事

月別アーカイブ

Tag Cloud - タグクラウド

2月16日(木)~本日のお客様~

BLOG PROFILE

*タイトル
暮らしつづれだより
*ブログ紹介
北海道函館市にあるコミュニティ放送局FMいるかにて、毎週月~木に放送中の番組「暮らしつづれおり」の公式ブログです。 主に番組にいらしたお客様のご紹介や、放送で取り上げたイベントの情報、そしてパーソナリティのメッセージが掲載されます。番組と合わせてお楽しみください!

FMいるか Blog&SNS List

  • 函館山ロープウェイ
  • 日本コミュニティ放送協会
  • MUSIC BIRD
  • Adobe Reader

FMいるかの公式ツイッターアカウント

FMいるかのFacebook

80.7MHz 函館山ロープウェイ株式会社 FMいるか

〒040-0054 北海道函館市元町19-7
TEL 0138-27-3700/FAX 0138-23-3100
Copyright© 2003-2020, FMiruka. All Rights Reserved.