2013 年 1 月 14 日 の投稿記事

2013年 01月 14日 UP!

ざいだんインフォメーション ラジオ・ステップアップ(2013/1/14)



今週のざいだんインフォメーション ラジオ・ステップアップは
函館市芸術ホールの山田ちえみさん、ピアニストの関悌(せきやすし 写真:右)さん、類家唯さん(写真:中央)にお越し頂きました。

みなさんには「SpringConcert2013 ふらっとSPECIAL」のご案内をして頂きました。
「スプリング・コンサート ふらっと」とは、クラシック音楽を愛する感動が町いっぱいにあふれますように、と願いを込めて行われているコンサートです。公募により選考された4組の演奏家のみなさんが地域へ音楽をお届けします。

日時:1月20日(日) 午後1時30分開場 午後2時開演
場所:函館市芸術ホール
チケット:函館市芸術ホール、函館市民会館などで販売。
お問い合わせ:55-3521(函館市芸術ホール)

出演者の関さんと類家さんは「ぜひお気軽に足をお運び下さい!」とお話されていました。

ここでプレゼントのお知らせです!
この「スプリング・コンサート ふらっと」のチケットをペア5組10名様にプレゼントします!ご希望の方は件名に「スプリング・コンサート ふらっと チケット希望」とそえてFMいるかまで、お名前、住所、電話番号を明記の上お送り下さい。
宛先はkurashi@fmiruka.co.jp FAXは23-3100です。沢山のご応募お待ちしています!

山田さん、関さん、類家さん、ご出演ありがとうございました。



| 1:25 PM | 週替わりコーナー |

2013年 01月 14日 UP!

人ネットワーク(2013/1/14)



今週最初のお客さまは、
日本将棋連盟函館中央支部幹事長 佐藤修さんにお越し頂きました。

乙部出身の佐藤さん。
市内五稜郭町にある函館将棋センターで子どもたちに指導をなさっています。お話からは佐藤さんの誠実なお人柄がよくわかりましたよ。

「良いところをほめて、負けて悔しいという気持ちを自覚させるとぐっと成長します。ただ悔しがるだけではなく、なぜ負けたのかという事をわかるのが大事です。」というのを聞いて、将棋は負けて強くなるんだなというのがよくわかりました!

佐藤さんのお好きな将棋の駒は「桂馬」で、理由は「相手の駒を飛び越すことができるから」だそうです。なるほど・・と納得してしまいました!

おかけした曲は「ふるさとの大事さを今一度考え直す時期にあると思っています」とのことで、千昌夫「北国の春」でした。


そして広報誌「おとべ」と日本将棋連盟函館中央支部「十年の軌跡」もお持ちくださいました。どちらも読みごたえがあります。

ここでお知らせを♪
1月20日(日)、午後1時より「函館中央支部 新春子供将棋大会」が開催されます!
場所は五稜郭町にあります函館中央支部、参加費は1000円です。詳しくは、31-5738までお願いします。
「将棋をした事がないけど見てみたいな・・参加してみたいな・・」と思う方はぜひ!

佐藤さん、ご出演ありがとうごさいました。

~~~~~~~~~~~~

あつこ’S コメント

旅先で旅館に泊まると、部屋の片隅には囲碁や将棋の盤が・・。
昔は男の子の遊びや男のたしなみ、社交に欠かせない存在だったのですね。乙部の豊浜生まれの佐藤さんが将棋を始めたのは、落ち着きのない性格を心配なさった母心あってのこと。将棋盤と駒を与えられた修少年・先生たちは、お向かいのおじいさんや漁の休みに将棋をさしてる若い猟師さんなど町の人達でした。見よう見まねで覚えるうちにぐんぐん腕を上げて評判に・・・母の愛大成功!(笑)

中学卒業後は函館商業高校進学で憧れの函館に出てきます。 近所の店の前から出るバスで江差へ・途中の乗り換えは木古内・そして函館に到着したのは夕方。遠い旅だったのですね・・・。「故郷は本当になつかしく素晴らしいところ・将棋とともに、自分の人生の柱」と語り、「勝つことも負けることも人生・ひとつひとつ乗り越える力が大事だと思う。将棋は礼儀や記憶力・こつこつ続ける努力を養う素晴らしさが魅力!」と力を込めます。

問われるがままににこやかにお話なさる佐藤さんは、将棋・故郷・そしてセンターへ通う子供たちへの愛情に溢れてらっしゃいました佐藤さん・お話ありがとうございました。次回は子供棋士の皆さんといらしてくださいね!

~お・ま・け~

佐藤さんのお好きな棋士は、先日亡くなった米長邦雄さん。日本将棋連盟の会長としての手腕・明るい人柄・そして棋風も好き。何より同じ年齢でしたから・・・なんですって。私も米長さんのファンなんです。(笑)敵も多いそうですけれど、何より話が面白い! 
そうそう・今日は「成人の日」。作家の立花隆さんと東大ゼミの学生たちが共同制作した「二十歳のころ」という本があります。1917~1958に二十歳の頃を生きた有名無名の31人の学生によるインタヴュー・・・二十歳のころに何をすべきなんだろう・あの人はどう過ごしたんだろう・・・。ふんふん・なるほど・勉強になるなあ・・・と思って読み進めていくと、え~っ・うっそー!こんなのってほんとにあるの?(笑)と思わず声を上げてしまった人が!そう・米長邦雄さん。凄いよ!女百人斬り(千人だったかな?)とにかく成し遂げたらノートにちゃんとつけて、達成するんだもの。ひぇ~って感じ。私と米長さんとの出会いです。(笑)
興味のある方は・・・「二十歳のころ」 新潮文庫。 

いろんな二十歳があるんだなあやまがたあつこ



| 12:53 PM | お客様紹介 |

2013年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
 

最近の記事

月別アーカイブ

Tag Cloud - タグクラウド

ざいだんインフォメーション ラジオ・ステップアップ(2013/1/14)

BLOG PROFILE

*タイトル
暮らしつづれだより
*ブログ紹介
北海道函館市にあるコミュニティ放送局FMいるかにて、毎週月~木に放送中の番組「暮らしつづれおり」の公式ブログです。 主に番組にいらしたお客様のご紹介や、放送で取り上げたイベントの情報、そしてパーソナリティのメッセージが掲載されます。番組と合わせてお楽しみください!

FMいるか Blog&SNS List

  • 函館山ロープウェイ
  • 日本コミュニティ放送協会
  • MUSIC BIRD
  • Adobe Reader

FMいるかの公式ツイッターアカウント

FMいるかのFacebook

80.7MHz 函館山ロープウェイ株式会社 FMいるか

〒040-0054 北海道函館市元町19-7
TEL 0138-27-3700/FAX 0138-23-3100
Copyright© 2003-2020, FMiruka. All Rights Reserved.