2013 年 1 月 8 日 の投稿記事

2013年 01月 08日 UP!

つづれde本レシピ(2013/1/8)



10:15~つづれde本レシピ。
いつものように福島町福祉センター図書室・図書館司書の山田実鈴さんにお電話でご出演いただき、本日は第2火曜日に放送しました。

テーマは「新たな気持ちで」。新年にぴったりですね!
まず最初にご紹介してくれたのは、
「暮らしのなかの工夫と発見ノート あたらしいあたりまえ」 
松浦弥太郎(著)PHP研究所

「本の紙質や手触りが良いんです。帯に書かれている、“暮らしも仕事もイキイキと”という言葉を見ると新しい気持ちで頑張れますね。」
と山田さん。その通りですね。お写真の撮り方も素敵です!

次にご紹介してくれたのは、
「あな吉さんの主婦ための幸せを呼ぶ!手帳術」 
浅倉ユキ(あな吉 監修)主婦と生活社
「あな吉さんって誰?」と山形さん。
3人のお子さんを育てている浅倉さんご本人が「あな吉さん」だそうです。
この本には、頭の中を整理できるような手帳作りがご紹介されています。
ぜひご覧下さい!

話題本レシピは、
「かっこうの親もずの子ども」 椰月美智子(著)実業之友社
「るり姉」椰月美智子(著)双葉社

「かっこうの親もずの子ども」は、子育てしているお母さんが励まされるような1冊となっています。
また、これから子育てをするという方にも読んで欲しいです、とお話されていました。
「るり姉」は2009年に発売されたものを文庫本として発売。どちらも人気の本です♪

最後に、山形さんにおススメ本レシピは・・・「カフェデイズ」 廣瀬裕子(著)幻冬舎
なんとこの本は以前、山形さんの愛読書だったそうです!番組でもご紹介した事があるんだとか。
「どこかでこの本と山形さんは繋がっているんですね!」と山田さん。その通りですね♪


ここでお知らせを!
福島町福祉センター図書室の「1月のフェア」大人向けは「おうちでのんびり☆大人のしゅみ講座」お子さん向けは、身近な疑問が解ける「きみも科学者になろう」です。家族で楽しめる催しですね!

福島町福祉センター
松前郡福島町三岳32-3

山田さん、ご出演ありがとうございました。



| 2:43 PM | 週替わりコーナー |

2013年 01月 08日 UP!

人ネットワーク(2013/1/8)



本日の人ネットワークは、
服部醸造株式会社 服部真弥(はっとり まみ)さんにお越し頂きました。

昭和2年から始められている服部醸造。
地元・八雲の大豆やお米を使用してお味噌や醤油が作られています。
「お味噌は10種類~20種類あり、塩辛くないので色々な料理に合いますよ!」
と服部さん。お話を聞いていて、とても食べたくなりました♪

現在丸井今井で行われている「道南うまいもの大会」にも出店されています。
こちらは明日までですので、みなさんどうぞ足をお運び下さい。
「良い古さを残していきたい」とお話する服部さんの表情は真剣そのものでした。

おかけしたリクエストは、絢香の「みんな空の下」。絢香さんがお好きだそうですよ。

服部醸造のHPはこちらです。

服部さん、ご出演ありがとうございました。

~~~~~~~~~~~~

あつこ’S コメント

「綺麗な人・・・!」初めておめにかかった真弥さんはすっきりした顔立ちと澄んだ瞳が印象的!「おじいちゃんが大好きで小さい頃から家の仕事が大好きだった」なんて仰る瞳はさらに輝きを増していきます。おじいちゃん大喜び(笑)

ご存知のように、八雲の歴史は尾張藩と深い関わりがありますね。先述の服部醸造のホームページにも簡潔に記されています。そーなんだ・・・。城山三郎さんの小説に、幕末維新の尾張藩を中心に佐幕と尊王の対立が生み出した血の粛清劇と藩主徳川庱勝のリーダーシップを描いた「冬の派閥」という作品があります。壮絶な内紛と分裂・藩主の苦悩もさることながら、一族郎党とともに故郷を離れ遠く北海道への移住を選択せざるを得なかった人々の悲哀と血のにじみ出るような開拓の日々・・・。時代の転換期って凄まじいなあ・という思いと、その転換期に移住した方達の歴史がすぐ近く(八雲)にあることを強く認識させられた作品でした。 ちなみに、城山さんは名古屋のご出身そうっか・・・

東京農大で栄養学を学び日本酒造に就職した真弥さんは、製造・販売・経営に到るまで多くのことを学び、昨年家業に携わります。「本当はおじいちゃんが生きてる間に・と思っていたけれど、でも・まだおじいちゃんの気配がするうちに戻ってよかった。小さい会社だからこそ出来ることもいっぱいあって・・・」家業に誇りと愛着を持ちながら、次の時代を見据えての輝きは尾張魂!?(笑)こうして技術や想いが継承されていくのですね

真弥さ~ん・お目にかかれて幸運でした・ご活躍を!

お・ま・け・・・・真弥さんが修行なさった日本清酒は「千歳鶴」でお馴染み・こちらの歴史も明治5年・能登出身の柴田興次右門が創成川河畔に作り酒屋を作ったのが始まり。こうしてみると、北海道は多様性の宝庫!(笑)なんだか嬉しくなりませんか?

文化のハイブリッドどさんこ・ばんざ~い!(笑)やまがたあつこ



| 1:35 PM | お客様紹介 |

2013年 01月 08日 UP!

暮らしつづれ便り(2013/1/8)



11:40~暮らしつづれ便り
この時間は、主にニットの作品を作っている高橋寿美代さん(左)と
ハンドメイドのお店・トロワサンクの谷村美琴さん(右)にご出演して頂きました。

谷村さんは、昨年9月4日に人ネットワークにご出演してくれました♪
お二人には「ハンドメイド クラフト&雑貨市 雑貨まるしぇvol.2」についてご案内して頂きました。
この催しは、1月12日(土)13日(日)の10時から18時まで(最終日は17時まで)、
函館棒二森屋 アネックス7階催事場で開催されます。

ハンドメイド作品が並ぶ手作りブースや、かわいい雑貨が勢ぞろいです!
高橋さんは手作りのスヌードなど、谷村さんは小雑貨などを販売しています。

「楽しい2日間に、ぜひ足をお運び下さい。お待ちしています!」
とお話されていました。

みなさんぜひ足をお運び下さい!

高橋さん谷村さん、ご出演ありがとうございました。



| 1:11 PM | イベント情報 |

2013年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
 

最近の記事

月別アーカイブ

Tag Cloud - タグクラウド

つづれde本レシピ(2013/1/8)

BLOG PROFILE

*タイトル
暮らしつづれだより
*ブログ紹介
北海道函館市にあるコミュニティ放送局FMいるかにて、毎週月~木に放送中の番組「暮らしつづれおり」の公式ブログです。 主に番組にいらしたお客様のご紹介や、放送で取り上げたイベントの情報、そしてパーソナリティのメッセージが掲載されます。番組と合わせてお楽しみください!

FMいるか Blog&SNS List

  • 函館山ロープウェイ
  • 日本コミュニティ放送協会
  • MUSIC BIRD
  • Adobe Reader

FMいるかの公式ツイッターアカウント

FMいるかのFacebook

80.7MHz 函館山ロープウェイ株式会社 FMいるか

〒040-0054 北海道函館市元町19-7
TEL 0138-27-3700/FAX 0138-23-3100
Copyright© 2003-2020, FMiruka. All Rights Reserved.