FMいるか 80.7MHz

リクエスト・メッセージフォーム

函館の地域情報満載のコミュニティFMラジオ放送局 RSS
暮らしつづれおり
2016年 05月 22日 UP!

今週のお客様【5月23日(月)~5月26日(木)】


5月23日(月)
10:15~
聖ヨハネ教会 丸山悦子さん
10:40~「ラジオステップアップ」
函館市公民館 濱屋光穏さん、
アロハアロアロ ハイビスカス 川上ミチノさん
11:10~「人ネットワーク」
北海道立函館美術館ボランティア いちいの会
会長 石坂雅子さん、副会長 影沢富佐子さん

5月24日(火)
10:15~「わくわく暮らす家づくり」
(株)ブレイン工房 代表取締役 福田誠さん
11:10~「人ネットワーク」
ハコダテものづくりフォーラム 代表 石王紀仁さん

5月25日(水)
10:15~「貴女と花と音楽と」
花の店 百花園 渡辺正晴さん
11:10~「人ネットワーク」
田中はる枝さん
11:40~
北斗市かなで~る協会 会長 月舘久治さん、
副会長 中島百子さん、事務局 本間美雲さん

5月26日(木)
11:10~「人ネットワーク」
野村證券株式会社 函館支店 支店長 田村勝美さん

5月23日(月)~5月26日(木)も番組にお付き合いください♪



2016年 05月 25日 UP!

5月25日(水)~本日のお客様~


10:15~ 貴女と花と音楽と

花の店 百花園 渡辺正晴さんにご出演いただきました。

IMG_20160525_101448

今回は「大好きを花に託して贈る 花」と題して
お話しいただきました。
今月は母の日がありましたが、お花を買いにくる
お子さんとお父さんが多くいらっしゃったそうです。
そんなお子さんたちに贈る詩、新川和江さんの「いっしょうけんめい」
お母さんに贈る岩田正さんの
「在りし日もかなしと思ひ死してなほかなしかりけり母といふもの」
という詩をご紹介いただきました。

 

11:10~ 人ネットワーク

田中はる枝さん、桜田通雄さんにご出演いただきました。

IMG_20160525_110458

森町の、アルボル・ハル小屋のオーナーの田中さん。
創立50周年になる日本植物園協会に所属されていて、
高校時代からチェロを演奏されているという桜田さんです。

ハル小屋では、6月5日(日)15:00~
「東日本大震災支援チャリティーコンサート 土田英順 チェロ演奏会」
が開催されます。チェリスト 土田英順さんが
白鳥やアベマリア、G線上のアリアなど聞き馴染みのある曲を
演奏されます。

リクエスト曲には、土田さんがチャリティーコンサートで必ず演奏する
というバッハのプレリュードをおかけしました。

木の温もりのある小屋、森町の自然の中で
チェロの音色をお楽しみください。

お問い合わせは、田中さん
電話番号:090-5753-7148
住所:森町赤井川252 へどうぞ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「あつこ‘S コメント♪」

はる枝さんがお住まいの「カラマツも森」は、駒ヶ岳の自然あふれる一角。移住された方も多く、ご近所にお住まいの桜田さんもそのお一人。北大農学部林山学科を卒業後、公共の植物園や造園といったお仕事で全国各地へ。襟元には日本植物園協会のピンバッチが…「少しは協会のPRもしなくちゃね♪」とにっこり。もっとお聞きしたいです!(笑)

アイヌ語の“自然の前の食べるもの「ハル」+小屋”=「ハル小屋」…てっきり「はる枝さんの小屋」なのだと…ごめんね。道南杉で建てられた清々しい空間でチェロが聴ける…中学生の頃からチェロを弾かれる桜田さんも「素晴らしいコンサートになるはずですよ。」と太鼓判を。

木材にも詳しい桜田さんからは、チェロの素材や響き、演奏中の感触ピエール・フルニエ、ニコラ・ディルタイユなどのお好きな演奏家へもお話が…心強いご近所さん(笑)がいらして良かったですね、はる枝さん♪

土田さんともお目にかかり、準備を進めてきたはる枝さん。全身全霊でチャリティコンサートを継続されている英順さんともすっかり意気投合♪森の中の小さな小屋から今にもチェロの音色が響いてきそうなひと時でした。素晴らしい時間になりますように♪ご出演ありがとうございました。

一期一会…音も思いも♪@やまがたあつこ

 

11:40~

北斗市かなで~る協会 会長 月舘久治さん、
副会長 中島百子さん、事務局 本間美雲さんにご出演いただきました。

北斗市かなで~る協会では、
6月18日(土) 16:30~
大蔵流山本会(人間国宝 山本東次郎 主演)「狂言の集ひ」

8月8日(月) 18:00~
藤原紀香・別所哲也主演 ミュージカル「南太平洋」
が開催されます。

狂言を観たことがないという方も、名曲が詰まったミュージカルを
観たいという方もぜひ足をお運び下さい。

お問い合わせは、北斗市かなで~る協会
電話番号:0138-74-2000 へどうぞ。



2016年 05月 24日 UP!

5月24日(火)~本日のお客様~


11:10~ 人ネットワーク

ハコダテ☆ものづくりフォーラム 代表
石王紀仁建築設計事務所 代表 石王紀仁さんにご出演いただきました。

IMG_20160524_110545

女満別町で生まれられた石王さんは、バックパッカーとして
ヨーロッパやアメリカ・カナダなど様々な国を旅されたそうです。
平成8年に建築事務所を開業され、今年でちょうど20年になります。

2014年に「第3回ハコダテ☆ものづくりフォーラム」では
旧ロシア領事館の建物と敷地の再生への設計競技が行われました。
国内外からたくさんの応募があったそうです。
4月には西部地区バル街に参加し、旧ロシア領事館でジャズコンサートを
開催し一般市民に施設公開をされました。
道南青年の家として利用されていたこともあったそうで、
利用したことがある方々など大勢の方がいらっしゃったそうですよ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「あつこ‘S コメント♪」

天才的感覚を持つ建築技師が主人公の映画「摩天楼」を観て、「建築家ってかっこいいなあ…」設計へ向かうきっかけは、何と子ども時代に芽生えたとか。「確か、ゲーリー・クーパーだったかなあ…建築家の地位の高さにびっくりしましたねぇ」良く覚えてらっしゃる!(笑)

進学したのは武蔵野美術大学造形科建築学科。学内には「スプーンかた建築まで」の名の通り、モノづくりのすべてがあって刺激がいっぱいだった!と当時を。羨ましいなあ~♪

若い頃にはバックパッカーとしてアラスカ、ヨーロッパ(旧共産圏以外)、北米と渡り歩くワイルドな経験も…充実の日々!旅先で気に入ったのはギリシャとトルコのイスタンブール。中でも旧市街地区の建築や佇まいに魅せられたとも仰います。

函館と似ている…そうですよ♪嬉しいですね。開港都市の中でとりわけ「ロシア」的なものに特徴のある函館。旧ロシア領事館にこだわりを持たれるのも、お話にその答えがある事に気づきます。先日のバル街では領事館でジャズのライブも開催、建物にも関心を…とご尽力。旧領事館でジャズライブを楽しまれた方は幸せでしたね♪今後の行方も楽しみ…ご活躍を!

領事館のある街…大切にしなくっちゃ♪@やまがたあつこ

 

11:40~

三橋美智也会 会長 山下勇吉さん、函館歌謡塾 塾長 渡利進さん
にご出演いただきました。

三橋美智也の故郷の上磯で彼の至芸を後世に引き継いでいくための
活動をされています。
6月4日(土)には「第18回全国三橋美智也カラオケ大会」が
北斗市総合文化センターかなで~る 大ホールで開催されます。
キングレコードから『あゝ函館駅よ』を出されている
渡利進さんも審査員・ゲストとして出演されます。

ご興味のある方は、山下さん
電話番号:0138-73-6755/
090-7655-5211 へどうぞ。



2016年 05月 23日 UP!

5月23日(月)~本日のお客様~


10:15~

聖ヨハネ教会 丸山悦子さんにご出演いただきました。

IMG_9140

2011年の東日本大震災の影響で修復が必要となった
石垣の修復のためチャリティーコンサート
『聖ヨハネ教会 石垣コンサート』が5月29日(日)
14:00~ 聖ヨハネ教会で開催されます。

年3回開催のもので、7月31日(日)・10月30日(日)にも
開催されますが、5月はリードオルガンコンサートになっています。
オルガにストの植木明美さんによる演奏が楽しめます。

丸山さんは、イギリスレスターの教会で3年間オルガにストとして
演奏されていたそうです。

お問い合わせは、函館聖ヨハネ教会
電話番号:0138-23-5584 へどうぞ。

 

11:10~ 人ネットワーク

北海道立函館美術館ボランティア いちいの会
会長 石坂雅子さん、副会長 影沢富佐子さんにご出演いただきました。

IMG_9142

いちいの会は、売店部・喫茶部・資料整理部・広報部の4部門があり、
石坂さんは売店部・影沢さんは喫茶部で活動されているそうです。
創立30年を迎えた道立函館美術館ですが、
いちいの会も創設30周年を迎えます。

ボランティアではありますが、特別展も常設展も無料観覧でき、
学芸員の方からの説明会もあるそうです。
道内6カ所の道立美術館の方との交流会や、美術館巡りの旅行があるなど
楽しみがあるそうです。
美術にあまり興味がない方も、見ているうちに興味が沸いたり
詳しくなったりと楽しめようです。

いちいの会では、ボランティアに参加する会員を募集しています。
週1回、4時間の活動です。
お問い合わせは、道立函館美術館内「いちいの会」
電話番号:0138-56-6311 へどうぞ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「あつこ‘S コメント♪」

函館美術館と共にスタートした「いちいの会」は、ボランティア活動を通して「函美」を支えてきました。当時からのメンバーは3人、石坂さんも23年というボランティア歴を誇ります。

お二人とも新聞の募集記事がきっかけ…「いるかを聴いて!」と仰る方が増えますように♪(笑)。特別展に加え常設展に関わるイベントや講演会など、知らず知らず感性が磨かれると仰る石坂さん。「一人で作業をする自分にとって、ボランティア仲間には、学ぶことがいっぱい。ありがたいです♪」と友禅作家の富佐子さん。それぞれの楽しみがあるのですね。

一人週4時間の活動が大きな力となって30年。笑顔でお話されるお二人からは、関わってこられた皆さんの喜びやご苦労も垣間見えてくるようでした。40年目・50年目…あなたもお仲間に♪お揃いでのご出演ありがとうございました。

館内&館外で…縦横無尽のご活躍♪@やまがたあつこ



2016年 05月 23日 UP!

5月19日(木)~本日のお客様~


11:10~ 人ネットワーク

一般財団法人 北海道国際交流センター 経営管理室 
チーフコーディネーター 島香奈未さんにご出演いただきました。

IMG_20160519_110304

函館ご出身の島香さんは、大学生の時にHIFで募集をしていた
ボランティアに参加し、函館に来た留学生と交流をしていたそうです。

HIFでは国際交流に力を入れていらっしゃいますが、
若者のサポートや、大人のインターシップ、就労支援など
人材教育や自立支援などもされています。
海外からのインターンの受け入れもしているそうです。

6月初旬にはホームステイプログラムで各国から
留学生が60名いらっしゃるそうです。
現在ホームステイの受け入れ先を募集しています。
他国の方と触れ合える良いきかいですので、ご興味のある方は
お問い合わせください。

北海道国際交流センター HP ➡ http://www.hif.or.jp/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「あつこ‘S コメント♪」

ロープウエイ乗り場に訪れるお客様の多様性といったら…本当にバラエティに富んでいます!国外のお客様も日増しに増え、スタジオを飛び出して「どちらの国から?」と聞きたくなります♪(笑)

早くから港を開いた函館には、「国際交流」のベースがあるのかもしれません。小さい頃から英語に興味を持ち、ちゃんと学びたいと大学では英語に力を注ぎ、交換留学生のボランティアプログラムにも参加。このときの体験が現在につながると仰います。

知識ではなく面と向かってのお付き合いは、「驚き!」の連続かも…違うから知りたいと思う方もいれば、面倒くさい…という方も?そんなお互いが交わり解りあう。やりがいのあるお仕事ですね~♪

国際交流を柱に地域へのサポートにも活動の枠を広げているセンター。それぞれの活動を上手くつなげていきたい…奈美さんの夢がひろがります。頑張って!(笑)。ご出演ありがとうございました。

国際交流…港も心も開いてます(笑)♪@やまがたあつこ



2016年 05月 18日 UP!

5月18日(水)~本日のお客様~


10:15~ 高専宝さがし~花咲く街の技術者たち~

函館工業高等専門学校 生産システム工学科
特命助教 サラン・キラチハッタヤコンさん、
フランスからの研修生 マダック・ハナンさん、セネシャル・アクセルさん
ブフカン・ヴィクトーさん、エトリヤール・オリヴィエさん
にご出演いただきました。

IMG_20160518_094704

サラン先生はタイご出身で、1年間函館高専で教えられるそうです。
マダックさんはモロッコ出身、セネシャルさん、ブフカンさん、
エトリヤールさんはフランス出身です。
それぞれ母国語・日本語で自己紹介をしていただきました。

サラン先生に英語で通訳していただきながら、お話を伺いましたが
皆さん函館での学生生活を楽しんでいらっしゃるようでした。

 

11:10~ 人ネットワーク

函館頭足類科学研究所 所長 桜井泰憲さんにご出演いただきました。

IMG_20160518_110507

今年度から、函館市国際水産・海洋総合センターで設立された
頭足類科学研究所は、市民からの要望もあり設けられたそうです。
桜井さんは、北大を退職ごこの初代所長になられました。

イカの研究をされていて、イカ資源、スルメイカの飼育などの
研究をされています。
鱈やトドなどの研究もされているそうです。
今回はイカのお話しを伺いましたが、今年のヤリイカは
松前の方でたくさんとれたそうです。
スルメイカ漁は6月1日解禁だそうです。

5月30日(月)13:30~16:40
函館市国際水産・海洋総合センター 大会議室で
『イカ資源評価と予測に関する講演会』が開催されます。
今年の漁模様の予測に関する講演をされます。
ご興味のある方は、ぜひご参加ください。

お申込み・お問い合わせは、函館国際水産・海洋都市推進機構
電話番号:0138-21-4700 へどうぞ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「あつこ‘S コメント♪」

イカやタコなどの頭足類…お話はイカの頭から。実は耳のある方が頭だと思っていました。恥ずかしい…。岐阜県高山から北大へ。浅虫水族館勤務を経て母校へ戻り、この春退官し新設の所長さんに♪「桜井先生がいなくなっちゃ大変!」

昨年11月の開催の「国際頭足類函館シンポジウム」には250人ものイカ・タコ科学者が参集。そのパンフレットには、「函館が生んだ「イカマイストロ」と。誇らしいです!(笑)

イカの生態を解明し地場産業と連動しながらのお仕事はイカがだったのでしょう?「浜の漁師さんや学生、住民、メディアなど、地域と親密な関係が築けたと思います。函館が僕を必要としてくださるのは、本当に有難いことです。」嬉しいですね。

桜井先生にとってイカは、高山のアユのような存在とも。どちらも一年の命。季節が来たら姿を現し、季節が過ぎると姿を消す。待ち望み去って行く…深いなあ。

実は「タラ」がご専門。イカ以外の魚もご紹介下さると約束してくださいました!次回は「タラマイスター」&近海の魚くん」もお願いしましょう!

著書「イカの不思議・季節の旅人スルイカ」…桜井先生の謎もここに♪やまがたあつこ



2016年 05月 17日 UP!

5月17日(火)~本日のお客様~


11:10~ 人ネットワーク

珈琲タートル 真田浩子さんにご出演いただきました。

IMG_20160517_110730

ご主人の宜克さんもお越しくださいましたが、
今回は奥様を見守っていらっしゃいました。

珈琲タートルさんは銭亀町にあります。
お二人とも東京の信用金庫に努めていらっしゃいましたが、
退職を機に函館に移住することを決められたそうです。

宜克さんは学生の時に五稜郭の兵糧庫の立て直しのアルバイトで
函館にいらっしゃり、そこで知り合った方にとても
良くしてもらったことがあり、函館に住もうと思ったそうです。

お店は、海が見える景色のいいところにあり、
午前10時以降はエルビス・プレスリーの曲が流れているそうです。
浩子さんは歌を聴くのも歌うのもお好きということで、
後々は、ピアノを置きいろいろなアーティストを呼んで
ライブもできるようにしたいと仰っていました。

珈琲タートル

住所:函館市銭亀町69
電話番号:0138-76-9073
定休日:月曜日・火曜日
営業時間:5月 8:00~17:00
6月・9月 8:00~17:30
7月・8月 8:00~18:00
12月~3月 8:00~16:00
4月・11月 8:00~16:30

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「あつこ‘S コメント♪」

うさぎとかめ…昔話にも登場するカメちゃんは、ゆったりのんびり愛されキャラですね。同じ職場で出会い、それぞれお仕事を続けてれ来られた真田さんご夫妻。昨年倭月に開いたカフェは、地域の名称から「タートル」と決定!

リタイア後ののんびりした暮らしは…?「ちょうどよい忙しさになりました。」東京は大田区に生まれ育った浩子さんは、3代目の江戸っ子。退職後は函館に住む・と仰ったご主人にも「いいわよ♪」とチャキチャキの江戸っ子ぶり。

退職後に調理師免許も取得していたご主人が厨房を、浩子さんは笑顔満開で接客を担当しています。聞けば家でも?「主人が作る人、私は食べて片付ける人、私が作るともたもたして…」とにんまり(^^)、「亭主の鏡です♪」だそうですよ。

現役時代から歌ったり踊ったり、喫茶店巡りやカラオケを楽しんだり…人と交わる事が大好きだったとあって、今のお仕事はぴったり。お隣さんから町の方々、市内からのお客様にも楽しんでいただいているのも頷けます。

オープンして1年3か月。ゆくゆくは、ピアノを置いてライブが出来るように、などなど、夢も広がります。海の景色もごちそうのカフェ・のんびり立ち寄ってみましょう♪お揃いでいらして下さりありがとうございました。

もしもしカメよ~♪のんびりゆっくりお訪ねしましょうね@やまがたあつこ

 

11:40~

北海道大学大学院水産科学研究院 教授 澤辺智雄さん
にお電話でご出演いただきました。

澤辺さんは、海の微生物を専門にしていて微生物を使った
エネルギーの研究などをされています。

5月29日(日)14:00~
函館市国際水産・海洋総合研究センター 大会議室で
『第18回マリンバイオテクノロジー学会大会市民講座
超ディープな深海マリンバイオ』が開催されます。

この公演会には、科学界のインディー・ジョーンズと呼ばれ
テレビ番組などでもご活躍されている長沼毅さんが
講師として公演をされます。
講演後は長沼さんの著書即売会・サイン会や
国際水産・海洋総合研究センター内の見学会もあります。
長沼さんのお話が聞ける機会ですので、ぜひご参加ください。

お申込み・お問い合わせは
函館市国際水産・海洋総合研究センター
電話番号:0138-21-4700
E-mail: office@marine-hakodate.jp へどうぞ。



2016年 05月 16日 UP!

5月16日(月)~本日のお客様~


11:10~ 人ネットワーク

函館地方裁判所 所長 和田真さんにご出演いただきました。

IMG_9024

和田さんは大阪府ご出身で、京都大学の法学部に進まれました。
今年度から函館へ赴任されましたが、これが初めての北海道だそうです。

5月21日で、裁判員制度が導入されて8年目ということで
裁判員制度について教えていただきました。
裁判員裁判では、殺人や放火などの重大な刑事裁判が取り扱われます。
難しかったり、時間がかかったりというイメージを持たれる方も
いらっしゃると思いますが、重要な点に絞って皆で話し合いをしていくので
わかりやすく、裁判もだいたい3~4日で終わるそうです。
これまでに参加された方からは、勉強になったとポジティブな
感想が多いそうです。

6月9日(木)13:30~15:00 函館地方裁判所 5階大会議室で 
憲法週間行事『裁判所市民講座』が開催されます。
労働審判についての講座や、法廷見学があります。
普段はできない法服をきたり、写真を撮ったりもできますので、
どうぞご参加ください。

参加ご希望の方は、函館地方裁判所 
電話番号:0138-38-2371 へお申込み下さい。
申し込み締め切りは6月3日(金)、定員35名です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「あつこ‘S コメント♪」

出身は大阪市。京都大学法学部卒業。京都地裁での裁判官での任官を皮切りに、長年西日本でお仕事なさり道内勤務は初めて。いかがでしょう?「五稜郭公園や桜ヶ丘通りで桜を楽しみました!食事も外れがなくって…安くて美味しいです♪」お気に召して何よりです。(笑)

最近10年余りは刑事裁判を担当。大阪・京都の裁判員裁判では様々な裁判員裁判に関わってこられました。制度が始まってこの5月21日で8年目ということで、その意義や効果・経験談等も語ってくださいました。

「刑事事件は身近に起きた事件です。どれにとっても無関係ではないのです。」と、明快に語る和田さん。そうだ…他人事ではないのだと今一度思いを新たにしたひとときとなりました。

ユーモアを交えてのリクエスト曲のエピソードや見学&講座への熱心なお誘い。お帰りには深々とお礼まで…低いどころか敷居が外されたような気持です♪ご出演ありがとうございました。

あんな時代もあったねと~…函館が良い思い出にと♪@やまがたあつこ



2016年 05月 16日 UP!

5月12日(木)~本日のお客様~


10:15~ 気象台インフォメーション

函館地方気象台 地震津波防災官 塩谷栄吉さん、
防災指導係長 新谷宏さん、気象情報官 木村元さんに
ご出演いただきました。

IMG_20160512_101009

今日は、地震のお話を中心に伺いました。
熊本県で起きた地震は活断層によるものと言われていますが、
まだはっきりとわかっていないそうです。
北海道にも9つの活断層があり、マグニチュード6以上の地震が
起こる可能性があるそうです。
日本中いつどこで地震がおこるかわかりませんので、
しっかりとそのことを心にとめておいてください。

また5月は乾燥による火の取り扱い、6月は霧による交通障害などに
注意してくださいと仰っていました。

 

11:10~ 人ネットワーク

函館市文学館 館長 福原至さんにご出演いただきました。

IMG_20160512_110221

福原さんは松前郡福島町ご出身で、大学は岩手で学ばれました。
函館市文学館に赴任するまでは、道南の様々な地域の
小学校で16年、福祉施設で18年、学校教育・社会教育に
携わってこられました。

学生時代は映画鑑賞会に所属しながら、他に同好会を作ったり
文化祭でバンドや司会をやったり、応援団の応援局長として声援を送ったりと
いろいろなことに興味を持って取り組まれたそうです。
これからも色々なことに挑戦していきたいと仰っていました。

文学は三国志などの中国史の他幅広い分野のものを楽しまれているそうです。
現在、文学館では『石川啄木生誕百三十年特別企画展』を開催しており、
啄木の本も読まれているそうです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「あつこ‘S コメント♪」

学校教育16年+社会教育18年、合計34年のお仕事を終え文学館館長に就任なさった福原さん。先ずは、赴任先の小中学校や社会教育関係での独自の取り組みを振り返っていただきました。

新任の大森小学校での砂丘学級、足寄少年自然の家での熱気球体験、松前町立松代小学校時代の書道教育、そして赤川中学校では「チームあかがわ」に至るまで、アイデア満載のお仕事ぶりです。
お忙しいのに…?「練れてくると時間がかからなくなります。時間は作るもの!」とにっこり。な~るほど♪
中部高校時代にはバンドを組んだり応援団を結成したり、好奇心も行動力も人一倍!「楽しいことが好きなんです。」納得♪(笑)中国文学にも造詣が深く、「三国志」の世界に魅かれるともおっしゃいます。スケールが大きいな世界ですよね~。
函館の文学館の目玉は何といっても石川啄木。開催中の特別展にも足を運んでみましょう。どんなアイデアで迎えてくれるかな…(笑)期待していますね♪
ご出演ありがとうございました。

新ステージは文学館…フレ~フレ~ふ・く・は・ら!(笑)@やまがたあつこ

 

11:40~

北海道女性プラザ 館長 笹谷春美さんにご出演いただきました。

笹谷さんのお父様の画家の故福井弘三さんの遺作展
『福井弘三チャリティ遺作展』を5月21日(土)~24日(火)
テーオーデパート6階イベントホールで開催します。

函館山や港、立待岬、トラピスト修道院、恵山の風景が特にお好きだった
という福井さんの函館近郊の風景を描いた油絵作品を
ぜひ、この機会にご覧ください。

21日~23日は10:00~19:00
最終日24日は10:00~15:00 の開催です。



2016年 05月 11日 UP!

5月11日(水)~本日のお客様~


10:15~ 函館短期大学 子育て研究所

函館短期大学 保育学科 准教授 三沢大樹さんにご出演いただきました。

IMG_20160511_101111

三沢さんは音楽教育と声楽を専門にされています。
今日は「リズムの力」と題してお話しいただきました。
リズムの語源はギリシャ語の「流れる」という言葉に由来しているそうです。
音楽を聞いたりしてリズムを楽しむということもありますが、
生活リズムや睡眠リズムなどというように日常の時間の流れを
スムーズにしたりと人が生きていくために必要なものです。
リズムを用いた教育をすることで、それが心に沁み込んで
内面から豊かにすることができるのではとお話しいただきました。

来月も三沢先生がご出演くださいますので、感想・質問等があれば
ぜひ、メッセージをお送りください。

 

11:10~ 人ネットワーク

函館大学 教授 永盛恒男さんにご出演いただきました。

IMG_20160511_110435

法学・民法を専門とされている永盛さんは、
函館大学で教え始めて30年になるそうです。

今回は、「夫婦別姓問題への最高裁の判決」についてわかりやすく
解説していただきました。
結婚して姓が変わることで仕事等に影響が出てしまうため
別性を認めてほしいという訴訟でしたが、最高裁では
妻・夫どちらの姓に変えるか選べるので、男女平等であり
違憲ではないと判決を下したそうです。
しかし別性を認めてほしいという声と違憲かどうかという判決とでは
論点のずれがあるのでは?と仰っていました。

リクエスト曲には霧島昇の「誰か故郷を想わざる」をおかけしました。
この曲の作詞をした西篠八十は、早稲田大学の教授で
永盛さんの母校の校歌を作詞されたそうです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「あつこ‘S コメント♪」

茨城県立第一高等学校 校歌

~♪筑波の西に緑野あり 
 鬼怒の流れに濯はれて
 花匂はしく咲くところ
 聳えて高しわが母校~♪

西条八十作詞の母校の校歌を紹介なさり、故郷の景色や匂いを懐かしく誇らしく語る永盛先生…「リリシズムが好きなんですよ…」と。(笑)前半の「夫婦別性」の判決の解説と打って変わって、後半はリクエスト曲にまつわるお話が面白いように広がって…何たって、古賀政男の全曲カラオケレコードとマイクを買い求めていたなんて!どれほど喉を鳴らしたのでしょう?

中央大学で法学を学び時を経て函館大学へいらして早30年。いかがでしたか?「夢のようでした!」どんな夢?「良い夢もうなされる夢も…」さすが、機知に富んだリアクション♪

「国民ひとりひとりの幸せを担保する憲法。それは遠いところにあるのではないことを若い学生諸君に伝えたい。」と最後に。私たちもちゃんと捉えなくてはね。次回は「認知症の徘徊事故」に関連した損害賠償の判決の解説を…雨の中のご出演ありがとうございました。

リリシズムはお話にも…抒情大好き♪@やまがたあつこ



2016年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

Tag Cloud - タグクラウド

BLOG PROFILE

*タイトル
暮らしつづれおり
*パーソナリティ
*放送時間
月曜〜木曜 10:00〜12:00
*紹介文
北海道函館市にあるコミュニティ放送局FMいるかにて、毎週月~木に放送中の番組「暮らしつづれおり」の公式ブログです。
主に番組にいらしたお客様のご紹介や、放送で取り上げたイベントの情報、そしてパーソナリティ山形敦子からのメッセージが掲載されます。番組と合わせてお楽しみください!
*番組プログラム

10:00 お天気情報<伊藤園>
10:15
(月)Monday Talk
(火)わくわく暮らす家づくり   <(株)ブレイン工房>
第1(水)これぞ函館山
第2(水)函館短期大学 子育て研究所 教えて先生!ラジオで授業♪
第3(水)高専宝さがし~花咲く街の技術者たち
第4(水)貴女と花と音楽と♪
第1(木)気象台インフォメーション
第2~(木)カフェりぼん♪
10:40 (月)ラジオステップアップ<函館市文化スポーツ振興財団>
10:45  (火)(木)街の玄関から<函館国際観光コンベンション協会>
(水)いるか号中継
11:10 人ネットワーク
11:40 暮らしつづれだより
11:56 函館200景

*オフィシャル番組紹介ページ
暮らしつづれおり
  • 函館山ロープウェイ
  • 日本コミュニティ放送協会
  • MUSIC BIRD
  • Adobe Reader

FMいるかの公式ツイッターアカウント

FMいるかのFacebook

80.7MHz 函館山ロープウェイ株式会社 FMいるか

〒040-0054 北海道函館市元町19-7
TEL 0138-27-3700/FAX 0138-23-3100
Copyright© 2003-2016, FMiruka. All Rights Reserved.