FMいるか 80.7MHz

リクエスト・メッセージフォーム

函館の地域情報満載のコミュニティFMラジオ放送局 RSS
暮らしつづれおり
2016年 06月 23日 UP!

6月23日(木)~本日のお客様~


11:10~ 人ネットワーク

特定社会保険労務士/(株)ワーク・ライフ&ビジネスサポート
代表取締役 吉田則幸さん、
産業カウンセラー/メンタル心理カウンセラー
コミュニケーショントレーナー 福島章博さんにご出演いただきました。

IMG_20160623_110318

6月25日(土)・10月22日(土)13:00~16:00
函館市地域交流まちづくりセンターで
「就活生と家族のためのセミナー」が開催されます。
厳しい就活戦線を勝ち抜くために、就活生と家族のための
メンタルヘルスケアと知っておきたい「働くときの基礎知識」
と題してお二人が講師としてお話をされます。

これから社会に出る学生に、労働基準法など働くために
必要な基礎知識や、社会人としてのコミュニケーションや
職種と就職希望者とのミスマッチを避けるためのお話などの他
それを見守る親御さんへのお話があります。

6月25日(土)は大学短大生と親御さん
10月22日(土)は高校生と親御さんが対象となっています。

お申込み・お問い合わせは
(株)ワーク・ライフ&ビジネスサポート 社会保険労務士 吉田事務所
電話番号:0138-52-0566 へどうぞ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「あつこ‘S コメント♪」

仕事を持ち生計を立てる事は、基本のキ。だからこそ、当事者にとっては悩みもいっぱいです。お仕事がら普段は企業や職場サイドに立ち、労務や法令、社員教育などに関わっていらしたお二人が、今回は親の立場に立って!のセミナーを開催です。

福島さんは①企業が求める人財(材ではないのがポイントかな?)②職種と就職希望者とのマッチング③社会人としてのコミュニケーションについて

吉田さんは①会社で働くとはどういうことか②いろいろある働き方③給与明細でわかること④職場でトラブルに会った時⑤病気になったりケガをした時⑥失業したり退職した時について

ひとつひとつ頷ける内容ですが、案外見過ごしてしまいがちでもありますね。「就職に関しては、親は見守る立場。活動中も就職してからも、本人のちょっとした変化や変調に気づくことや気遣うことが大事です。」と福島さん。

本人のみならず親も情報を共有することで、お互いの意志の疎通や気持ちの共有が出来るのですね♪貴重な機会…どうぞお出かけくださいな。お揃いでのお話ありがとうございました。

社会人への扉…スムーズな就活を♪@やまがたあつこ



2016年 06月 22日 UP!

6月22日(水)~本日のお客様~


10:15~ 貴女と花と音楽と

花の店 百花園 渡辺正晴さんにご出演いただきました。

IMG_20160622_100946

今日はアジサイをお持ちいただきました。

今回は「悼む心を贈る花」というテーマでお話しいただきました。
故人を想いながら花を飾ることで、花を媒体として話しかけたり
することもできますね。
今回はそんな悼む気持ちを詠った詩をご紹介いただきました。
また、クラシックのイントロクイズもありました。
おかけしたのは2曲です。正解は来月に発表しますので
次回もお楽しみに。

 

11:10~ 人ネットワーク

イタリアンレストラン COLZ(コルツ)佐藤雄也さん
にご出演いただきました。

echizenya-wineevent20160626-01

6月26日(日)15:30~18:30
函館市地域交流まちづくりセンターで「のまサルーテ!2016」
が開催されます。

佐藤さんは、ヤマキ越前屋商店さん、農楽蔵さんと主催として
このイベントを運営されています。
北海道弁の「飲まさる」と、イタリア語で乾杯を意味する「サルーテ」
を合わせ「のまサルーテ」と付けたそうです。
音楽を聴きながら、今注目のナチュラルワインを飲み、
道内外からの料理店の料理を食べましょう。というイベントです。
添加物が入らないナチュラルワインは、香りに個性があるそうですが、
洋食だけでなく和食にも合うのだそうです。

ワインのインポーターの方々もいらっしゃいますので、
ワインの色々な話しを聞くこともできます。
チケットは残り少ないそうですので、お早目にお問い合わせください。

リクエスト曲には、当日ご出演の
パーカッショニスト 小田桐陽一さんの「日曜日の印象」と
シンガーソングライター 中田雅史さんの「Free Bird」をおかけしました。

お問い合わせは、ヤマキ越前屋商店
電話番号:0138-41-0071 へどうぞ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「あつこ‘S コメント♪」

野生酵母を使い、原料のぶどうの味わいが感じられる…佐藤さんがナチュラルワインに魅せられたのは、仙台のイベントに出店なさったときの事。イタリア人生産者の皆さんと直に話を交わし、その熱意や努力に「本当に感動した!」とおっしゃいます。

ピュアで生き生きとした「飲まさるワイン」&心を込めて作られた「食べらさる料理」が、会場に勢ぞろい♪食べて飲んで語ってウキウキしながらの時間を共有しましょう!

企画から準備まで大忙しの日々…こちらも熱意が溢れています。道南も日々努力を惜しまない生産者さんたちがいっぱい。そんな 方たちとのネットワークも今回のイベント実現に一役買っているそうです。嬉しいですね♪

まだまだ馴染みの薄い「ナチュラルワイン」。その美味しさがこの街から伝わって行くと良いなあ…佐藤さ~ん、成功をお祈りしていま~す!スケジュールが合わない?だったら「コルツ」で味わって♪(笑)。「枝豆のラビオリ」との相性を確かめてみてくださいな。

飲まさって、食べらさって…酔わさった~♪(笑)@やまがたあつこ



2016年 06月 21日 UP!

6月21日(火)~本日のお客様~


11:10~ 人ネットワーク

海上自衛隊函館基地隊司令 一等海佐 大久保成彦さん
にご出演いただきました。

IMG_20160621_110607

大久保さんは今年の4月に函館に赴任されました。
これまで護衛艦での任務や、陸上での部隊や情報収集の
オペレーションなどを主にやられていたそうです。
胸に付けている軍章からは、勤続年数や
どんな任務に携わってきたのかもわかるそうです。

リクエスト曲には、水越けいこ「ほほにキスして」をおかけしました。
防衛大時代の開校祭の際にご本人がゲストでいらっしゃり、
エスコート役をされたそうです。

護衛艦の一般公開の際などに来て、海上自衛隊の仕事を
知ってもらえればと仰っていました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「あつこ‘S コメント♪」

実家は大湊。「防衛大学校へ進んだ兄が夏服で帰省した姿に、かっこいいなあ!と…」その後を追った大久保さん。自衛官のお父様は大喜びだったことでしょう。
兄弟お揃いで親孝行だなあ!

江田島の幹部候補生学校を卒業。その模様はリクエスト曲のエピソードと共にご披露を…青春いっぱいでしたね♪(笑)以来、横須賀、佐世保、市ケ谷など、海でも陸でもお力を発揮なさり、この4月に函館へお見えになりました。

若い頃から体を鍛えるのはお得意!と、函館山へは何度も(時には走って!上り下りされたそうですけれど…「腰を痛めちゃって。」だそーです。

海でのお仕事は、なかなか目に触れる機会が少ないことを前提に、「体験乗船などの機会に、もっともっと乗組員やスタッフとのふれあいの機会を設けたい。」と仰います。知り合うことが大事なのですね♪ど~ぞご活躍を!

憧れの制服…すっかり板について♪(笑)@やまがたあつこ



2016年 06月 20日 UP!

6月20日(月)~本日のお客様~


10:15~

アトリエ・ミューズ 畑中清美さんにお電話でご出演いただきました。

6月25日(土)・26日(日)ギャラリー文林館で
「~アトリエ・ミューズ夏展 VOl.3~夏の太陽と素肌に映える
天然素材とガラスのビジュー展」が開催されます。

木や貝、鳥の羽を使ったアクセサリーが並ぶそうです。
展示されているものはサンプルとして、お好きなように
アレンジできるそうです。お直しもされていますので
ぜひ会場に足をお運び下さい。

 

11:10~ 人ネットワーク

ピサンキ作家 松井真佐子さん、まるたま小屋 北見伸子さん
にスタジオで、ウクライナ刺繍作家 イリナ・べトロワさんに
お電話でご出演いただきました。

IMG_9677

色々な講座を開催している、元町のまるたまスクエアですが、
6月25日(土)・26日(日)はウクライナ刺繍講座が開催されます。

ピサンキとはウクライナに伝わる、イースターエッグにろうけつ染という
手法で装飾したものです。
松井さんはウクライナ刺繍やハンガリー刺繍もされているそうです。
今回、松井さんとの関わりで、ウクライナご出身で現在東京にお住まいの
イリナさんをお呼びすることになったそうです。
イリナさんは、東京と横浜で刺繍教室を開講されています。
ウクライナ刺繍は刺し方が300パターンもあるそうですよ。

参加ご希望の方は、まるたま小屋
電話番号:0138-76-3749 へどうぞ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「あつこ‘S コメント♪」

「まるたま小屋」に北見さんをお訪ねすると、必ずといっていいほど松井さんのお姿が…「何者?」「ピサンキ作家でピロシキ作家で、イラストレーターで、プロデューサーで…」キリがな~い♪(笑)

ということで、ご本人にスタジオへ来ていただきました。そうしたら…「ハンガリー刺繍もウクライナ刺繍も!」多彩なお方ですね。

日本企業にお勤めのご主人と共に来に来日なさったイリナさんは、ウクライナ・クリミアのご出身です。刺繍を始めたのは4歳の頃、おばあちゃんやお母さんから手ほどきを受けました。地域によってデザインは様々、その東西南北の違いや意味もあるそうで、ナプキンやタオル、衣服やシーツなど、一針一針刺された模様にはお守りの意味もあるのだそうです。

「昔は刺繍が出来ないと結婚できない、と言われていました。」とイリナさん。お電話を終えて北見さんがコメント…「ウクライナじゃ結婚できなかった(笑)」
初めての北海道へお見えになるイリナ先生、「どうぞいらして下さい♪」と美しい日本語で。早く会いたいですね♪お待ちしていま~す!

ウクライナをひも解く…刺繍で旅行♪@やまがたあつこ



2016年 06月 20日 UP!

6月16日(木)~本日のお客様~


11:10~ 人ネットワーク

社会福祉法人 禎人会 介護老人福祉施設 シンフォニー
事務局長 辺見真嗣さんにご出演いただきました。

IMG_20160616_110307

介護老人福祉施設 シンフォニーは、空港の滑走路の裏の方
中野町にある施設です。平成15年に開設されました。
大本が病院ということで、医療と福祉が連携となった
サービスを提供しています。

辺見さんは、始めは他業種の仕事をされていましたが、
シンフォニーの設立の際に誘われ、転職をされたそうです。

辺見さんには5月にも銭子連のメンバーとしてご出演いただきましたが、
東日本大震災の際に作られた、野口健二さん作詞作曲の「僕らは負けない」
という歌をもとに作られた「僕らは負けない合唱団」にも所属されています。
今日は、リクエストにこの曲をおかけしました。

介護老人福祉施設 シンフォニー HPはこちら⇩
http://www13.plala.or.jp/Symphony/index.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「あつこ‘S コメント♪」

5月5日の人ネットワーク出演の際には、「銭子連会長」とし子育てや子供会の活動などをお話下さった辺見さん。今日のお話は介護や高齢者支援の話題を中心に…。

子育て真っ最中の時には、親の介護はまだまだ先のこと…そんな風に思っていた方々もすでに問題が山積!という状況ではありませんか。介護保険のこと、いざというときの入居施設や受けられるサービス、環境や設備、スタッフの質や人数、更には料金など、いざというときのための知識や心構えも大事ということを感じた方も多かったかと思います。

「シンフォニー」が大事にしていることの一つは、「地域とのつながり」。せっかくこの地域で運営するのだから、地域の住民のみなさんにも喜ばれ、自分たちも良かったと思えるような関わりを・との理念だそうです。

お仕事の傍ら、望洋団地の子供会はじめ、連絡協議会でも会長をつとめていらっしゃる辺見さん。先日のご出演の折りには、ご家族揃ってスタジオへ♪家庭人のお顔も垣間見させていただきました。公私共にこれからもご活躍を!

地域に根ざして…子供もお年寄りもお願いね♪(笑)@やまがたあつこ



2016年 06月 15日 UP!

6月15日(水)~本日のお客様~


10:15~ 高専宝さがし

函館工業高等専門学校 広報委員長/一般人文系 教授
中村和之さんにご出演いただきました。

IMG_20160615_101121

7月2日(土)10:00~
函館高専のオープンキャンパスが開催されます。
高専は卒業後すぐに就職というイメージがありますが、
30%位の学生さんが大学に進学し、国立大学に行かれる方が多いそうです。

最近は女子学生が増えたことで、今までなかった部活が増えたり
部活動の方も盛んなんだそうです。

オープンキャンパスでは、各科の4・5年生が教える
体験コーナーなどもあります。
ご興味のある中学生、親御さんはぜひご参加ください。

 

11:10~ 人ネットワーク

市立函館博物館 学芸員 佐藤理夫さんにご出演いただきました。

IMG_0320

明治時代に建立された市立函館博物館ですが、
現在の建物に建て替えられてから今年で50年を迎えます。
佐藤さんは、25年間博物館に努められているそうです。

現在50周年を記念した「市立函館博物館五十年 函博コレクション
未来に残したい珠玉の逸品展」が開催されています。
自然資料コレクション・美術資料コレクション・民俗資料コレクション
歴史資料コレクション・考古資料コレクション
菅原繁蔵から寄贈された菅原コレクションと、貴重な資料が展示されます。

まだ博物館に入ったことがないという方も、この機会に足をお運び下さい。

函博コレクションは、8月28日(日)までの開催です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「あつこ‘S コメント♪」

一年間にわたって、市立函館博物館のコーナーを設けていたことがありました。
当時の館長さんはじめ、佐藤さんや他の学芸員の皆さんにいろんなことを教えて頂き…ありがとうございました♪

今年50年を迎える博物館。その半分の時間を博物館で過ごしてらした佐藤さんのお話からは、市立函館博物館への様々な思いが感じられましたね。

そのルーツは明治12年…現在の博物館に至るまでの物語は、収集家、経済人、研究者や一般市民、はたまた来函した外国人など、多くの人々の力によるものだと指摘。文化を重んじてきた歴史でもあるのだと。

様々な企画展を担当されてきた佐藤さん。中でも記憶に残るのは、「いきもの事始めー函館発博物館大辞典」佐藤さんならではの意欲的な展覧会となりました。「函館と言えば歴史がクローズアップされるだけれど、この街の発展と生き物は深く関わりがあることを知ってほしかった。」と当時を。

さあ、今回は全員集合(笑)の特別展!「滅多にない機会。是非来てください!」佐藤さんの声に一段と力が…みんなで出かけましょう♪佐藤さんには、8月3日(水)「これぞ函館山~♪」で、函館山の鳥をテーマにお話しを伺います。お楽しみに。

大切なコレクション…保存し展示してこそ♪@やまがたあつこ

 

11:40~

髙間梓弓さんにご出演いただきました。

6月18日(土)19日(日)に
「屋久杉玉磨き クリスタルボウルライブ」が森町のハル小屋で開催されます。

10時からの屋久杉玉磨きでは、屋久島の流木を6時間ほどかけて
やすりで磨き上げていきます。
静かに自分と向き合う時間になるそうです。
18時からのライブでは、「おとのわ」というユニットと
クリスタルボウルを使ったライブが行われます。
19日は玉磨きはありませんが、ライブとルーシーダットンの体験が
開催されます。
ご興味のある方は、スピリチュアルな空間に足をお運び下さい。

お問い合わせは、髙間さん
電話番号:090-1131-8208 へどうぞ。



2016年 06月 14日 UP!

6月14日(火)~本日のお客様~


11:10~ 人ネットワーク

(有)太田養蜂場 生産部 大田一徳さん、
八雲イタリアン ダイニングパスタ ピアット 山添憲明さん
にご出演いただきました。

IMG_20160614_110412

太田養蜂場さんは新ひだか町にあります。
おじい様が創業され、ご家族で経営されています。
花の時期に合わせてミツバチと共に全国を回られているそうです。
ハチミツの他にもローヤルゼリーや、化粧品、キャンドルなども
生産されています。

ピアットさんは、八雲町にあるイタリアンレストランです。
八雲の牛乳やタラコを使ったパスタやグラタン・ドリア、牛乳ピザなど
八雲の材料にこだわったメニューを出されています。
隠し味に太田養蜂場さんのハチミツを使っているものもあるそうです。

6月15日(水)~21日(火) 丸井今井 7階催事場で開催の
「第7回 北海道うまいもの大会」にお二方とも出店されます。
ぜひ、会場に足をお運び下さい。

太田養蜂場
日高郡新ひだか町静内御幸町6-3-26
電話番号:0146-42-2618

ダイニングパスタ ピアット
二海郡八雲町内浦町188-1
電話番号:0137-62-3900

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「あつこ‘S コメント♪」

“北海道”の物産展は、全国はもとより東南アジアでも大人気!素材の良さ、手間暇を惜しまない姿勢も人気の秘密…お二人のお話を伺いながら大事なことに気づきました。

広大な大地、澄んだ空と空気、美味しい水、そして多様な植物体系が、美味しいハチミツや乳製品を活かしたメニューにつながるとお二人。そんな北海道の味覚が集結。直に会ってのお買い物は、ネットなどとは違った楽しみがありますね。

そもそも親しくなったきっかけが、隣同士に出展した丸井さんの物産展というお二人。「うちのピザには、太田さんのホワイトクローバーを使って爽やかな甘味を出しています!」「ピアットさんのチキンドリアのライスがめちゃめちゃ美味しい!最高です。」お互いへのリスペクトも心地よく伝わってくるひとときでしたね♪

太田さんは期間中、山添さんは初日のみ売り場にいらっしゃいます。今日のお話の続きを聞きがてら、お出かけくださいませ!ドリアも欲しいし、ハチミツの呈すチングも楽しみ♪美味しいお話ありがとうございました。

大地の恵みに手間ひまかけて…ごちそうさま♪@やまがたあつこ



2016年 06月 13日 UP!

6月13日(月)~本日のお客様~


10:15~

作家 新井満さんにご出演いただきました。

IMG_9603

6月25日(土)14:00~ 函館市公民館で
「石川啄木生誕百三十年記念 文学館講演会 啄木に乾杯!」
が開催されます。
新井さんと、日本近代文学会会員 櫻井健治さんが
石川啄木について講演、対談をします。
啄木の短歌「ふるさとの山に向かひて」に新井さんが曲を付けたものを
啄木が教員として勤めた弥生小学校の児童が合唱をします。

石川啄木についてあまり知らないという方もぜひ足をお運び下さい。

お問い合わせは、函館市文学館
電話番号:0138-22-9014 へどうぞ。

 

11:10~ 人ネットワーク

JRA函館競馬場 場長 加藤弘さん、総務課長 真田博昭さん
にご出演いただきました。

IMG_9606

加藤さんと真田さんは今年3月に函館に赴任されました。
お二人とももともと競馬がお好きで入社されたそうです。

今年で開設120周年を迎える函館競馬場
6月18日(土)~7月24日(日)まで函館競馬が開催されます。
歴史ある函館競馬場ですが、街の中心部に近くあることや
海が見え、馬ようの温泉があったりと稀有な競馬場なんだそうです。

リクエスト曲には、現在コマーシャルで使われている
いきものがかりの「いこう」をおかけしました。
12日間のみの開催ですので、ぜひ生で迫力をお楽しみくださいと
仰っていました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「あつこ‘S コメント♪」

明治8年には函館で馬が走った!「第1回函館招魂社祭典競馬」の名称だそうですけれど、“新しもの好き・函館っこ気質”の面目躍如ですね。苫小牧や日高に住んだことがある私はですね、お馬さんを見ると子どもの頃を思い出すんです。
馬橇にのったこともありますよ♪(笑)

お二人そろってこの3月に函館へいらしたお二人。「コンパクトで親しみやすさが函館競馬場の良さ。」と声を揃えて仰います。しかも…海が見える、芝が美しい、ピクニック気分でレースを楽しめる、地方からの方には、食事も美味しい…!」そんなに褒めていただかなくても…(笑)。自慢で~す!

お二人とも単身でのお仕事。街歩きを楽しんだり、温泉で疲れを癒したり、地元の味に舌鼓をうったり。ご家族との再会を楽しみに、函館暮らしも楽しんでおいでです。新幹線開業後初めての函館競馬とあって、内外からのファンもいっぱいいらっしゃるはず。「大いに期待しています!ぜひとも競馬場へ!!」声が揃いましたね♪

古を思い起こしながら競馬を楽しみましょう!記念のレース、大いに盛り上がりますように♪ご出演ありがとうございました。

楽しくためになるお話…“馬耳東風”にしないでね♪(笑)@やまがたあつこ



2016年 06月 13日 UP!

6月9日(木)~本日のお客様~


11:10~ 人ネットワーク

一般社団法人 詩吟朗詠錦城会認可北海道道南本部
本部長 竹崎錦里さん、副本部長 斉藤城鶴さん
にご出演いただきました。

IMG_20160609_110557

道南本部の25周年、函館支部の55周年を記念した大会が
6月12日(日)12時から 函館市芸術ホールで開催されます。

漢詩に節をつけて詠う詩吟。
詩吟を始めて、竹崎さんは50年、斉藤さんは40年以上になるそうです。
お二人にはスタジオで一詩ずつ詠っていただきました。
やはり腹式呼吸が大切だそうです。

今回は、信長や長崎の鐘などの物語を交えながら4時間にわたって
色々な詩吟が楽しめます。
詩吟にあまり馴染みがないという方もこの機会に足をお運び下さい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「あつこ‘S コメント♪」

詩吟とのコラボレーションでお花を活けた経験をお持ちの竹崎さん。「あの時の先生の吟が、それはもう素晴らしくて♪」…すっかり魅了され今日に至るのですね。

「子どもの頃から耳に馴染んでいたから」と、職場の仲間でサークルを始めた斉藤さん。例えば?「(べんせいしゅくしゅく夜河を渡る~♪」いいお声!味を占めて、今回のプログラムからそれぞれ吟じていただきました。

ダイナミックな漢詩の世界に誘われましたね!声の力がダイレクトに伝わるって、こういうことなんだなあ…ビックリ。

記念の大会にふさわしく、プログラムの多彩でステージにも様々な工夫が施されています。準備が大変だった分、見ごたえ聞きごたえのなる舞台になること間違いなし!「普段は詩吟になじみのない方も是非!」とお誘いがかかりました。

漢詩の世界を吟で旅する…是非楽しみましょうね♪お話ありがとうございました。

“国破れて山河あり”…春望を吟じてみたいなあ(笑)@やまがたあつこ



2016年 06月 08日 UP!

6月8日(水)~本日のお客様~


10:15~ 函館短期大学 子育て研究所

函館短期大学 保育学科 准教授 三沢大樹さんに
ご出演いただきました。先月に引き続いてのご出演です。

IMG_20160608_101056

今回は「日本語の歌の魅力に迫る」と題してお話しいただきました。
ご自身も声楽家として日本の歌曲を歌われています。
西洋の既存のメロディーに日本語の歌詞をつけていた明治時代ですが
滝廉太郎等が日本のメロディーに日本語の歌詞をつけるようになり、
芸術歌曲と言われているそうです。
今回は、荒城の月など4曲をお持ちいただき、ご紹介しました。

 

11:10~ 人ネットワーク

函館日本語教育研究会 副会長/日本語教室コーディネーター
高橋かつ子さんにご出演いただきました。

IMG_20160608_110607

函館日本語教育研究会は、外国人に日本語を教えるための
指導方などを勉強するために設立され、函館市が主体となって
開講している日本語教室などでボランティアで日本語指導を行っています。

高橋さんは、コーディネーターとして日本語教室の企画や運営もされています。

年齢・職業・国籍・目的がバラバラの函館在住の外国の方々が
いらっしゃり、とても熱心に学ばれているそうです。
会話には問題ないが、読み書きを学びたいという人向けの
コースもあるそうです。

周囲に日本語を学びたいという方はぜひ、教室があることを
教えてあげてください。

お問い合わせは、高橋さん
お電話番号:090-8370-3556
JTSホームページ ➡ http://takako9.wix.com/nihongo-jts へどうぞ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「あつこ‘S コメント♪」

教壇で英語を教えていた経験をお持ちの高橋さん。大学時代には、外国人のご家庭でメイドさんのアルバイトをしながら英会話も磨いたそうです。生きた英語も身につけられたのです。

外国語の習得と日本語を教えるのは全く違う能力。自然と身に付いた言葉を、全く知らない人たちに教えられるのは日本語教師としての学びと経験の賜物。教えるって、責任がありますものね。

教室に集う方々の国籍、家族構成、社会的地位や収入、学習意欲などはもちろん、性格もひとりひとり違います。「心がけているのは、言葉が出来ない心細さやお立場を受け止めること。先ずは笑顔でお迎えします。」優しい笑顔に皆さんほっこり~(笑)。

ご縁があって函館へいらした外国の方々。言葉のせいで帰国を早めたり、暮らしに支障が出たりしないようなサポートが必要だということが良く解りました。
周りにお困りの方がいらしたら、是非ご紹介下さいませ。次回は生徒さんもご一緒にいらしていただきましょう♪ご出演ありがとうございました。

わかるって楽しい…言葉も人も♪@やまがたあつこ



2016年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
 

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

Tag Cloud - タグクラウド

BLOG PROFILE

*タイトル
暮らしつづれおり
*パーソナリティ
*放送時間
月曜〜木曜 10:00〜12:00
*紹介文
北海道函館市にあるコミュニティ放送局FMいるかにて、毎週月~木に放送中の番組「暮らしつづれおり」の公式ブログです。
主に番組にいらしたお客様のご紹介や、放送で取り上げたイベントの情報、そしてパーソナリティ山形敦子からのメッセージが掲載されます。番組と合わせてお楽しみください!
*番組プログラム

10:00 お天気情報<伊藤園>
10:15
(月)Monday Talk
(火)わくわく暮らす家づくり   <(株)ブレイン工房>
第1(水)これぞ函館山
第2(水)函館短期大学 子育て研究所 教えて先生!ラジオで授業♪
第3(水)高専宝さがし~花咲く街の技術者たち
第4(水)貴女と花と音楽と♪
第1(木)気象台インフォメーション
第2~(木)カフェりぼん♪
10:40 (月)ラジオステップアップ<函館市文化スポーツ振興財団>
10:45  (火)(木)街の玄関から<函館国際観光コンベンション協会>
(水)いるか号中継
11:10 人ネットワーク
11:40 暮らしつづれだより
11:56 函館200景

*オフィシャル番組紹介ページ
暮らしつづれおり
  • 函館山ロープウェイ
  • 日本コミュニティ放送協会
  • MUSIC BIRD
  • Adobe Reader

FMいるかの公式ツイッターアカウント

FMいるかのFacebook

80.7MHz 函館山ロープウェイ株式会社 FMいるか

〒040-0054 北海道函館市元町19-7
TEL 0138-27-3700/FAX 0138-23-3100
Copyright© 2003-2016, FMiruka. All Rights Reserved.