カテゴリ: オトノハにのせて の記事

2018年 10月 31日 UP!

10月31日(水)『オトノハにのせて』本日のお客様♪



11:10~ 「人ネットワーク」
今日はお客様に、北海道立総合研究機構 道南農業試験場 場長の加藤淳さんをお迎えしました。

7月にも番組にご出演下さった加藤さん。
その時は、その後まもなく開催の講演会が終わると中国にいらっしゃるというお話でした。
それ以降も、各地での講演活動、今月はじめには番組でもご案内した、野菜ソムリエコミュニティ函館主催の「ジャガイモ・フォーラム」でも講演と大忙しです!!

そんな中、加藤さんが手掛けた本が出版されました。
北海道で活動する、絵本作家でイラストレーターの、そらさんとコラボレーションをした「おいしい北海道やさい」です。
JR北海道ICカードKitacaのキャラクター「エゾモモンガ」は、そらさんの手によるものです。
今回の本は、北海道観光PRキャラクターの「キュンちゃん」と一緒に、おいしい北海道の旅に出かける一冊。
この本のために、新たに20のキュンちゃんが誕生しました。
トマトやたまねぎ、アスパラガスはアスパラベーコンのキュンちゃんと、どれもとても可愛く、お子さんにも喜んで手に取っていただけそうです。

オールカラーで写真もふんだんに使われています。
畑の写真や、お料理の簡単レシピまで!!
お料理は、そらさんが手掛けられたそうですよ。

この本の出版を記念した、おはなしと読み聞かせのイベントが開催されます。
加藤さんとそらさんのお話、そらさんの絵本の読み聞かせは、THE NORTHERNLIGHTS ORCHESTRA(ザ・ノーザンライツ・オーケストラ)の生演奏と共にお楽しみ頂けます。
是非、足をお運び下さい。

 

 ためになる野菜のおはなし&絵本作家そら読み聞かせ音楽会
【日 時】11月4日(日)①11時~ ②14時~
【場 所】函館蔦屋書店 2階ステージにて開催
※新著「おいしい北海道やさい」や、絵本・CDの販売・サイン会もあります。



| 1:40 午後 | オトノハにのせて |

2018年 10月 29日 UP!

10月29日(月)『オトノハにのせて』本日のお客様♪



11:10~ 「人ネットワーク」
今日はお客様に、あつらゑ庵 代表の橋本 祐子さんをお迎えしました。

国家認定着付技能士1級の資格を持ち、着付教室や出張着付、各種イベントでの着付などさまざまにご活躍の橋本さん。
最近も、市内の学校の家庭科の授業の一環で、男子中学生に着付けをしたり、和のお話をして来られたそうです。
家紋の話など、興味深く聞いていたそうですよ。

最近は、和の文化や着物が流行していますが、いざ自分が着物を着るとなると、しきたりが難しい、お金がかかるというイメージをお持ちの方も多いのでは?
橋本さんは、自由にアレンジしていいんですよ、とお話をして下さいました。
背の高い方は、丈が短くなってしまいますが、レギンスや網タイツを合わせたり、パンプスを履いたり、またベレー帽やストールを合わせたり、ベルトを使ったり自在です。
それをきっかけに、着物を着ることに抵抗がなくなり、フォーマルな場では正式なしきたりに則って、着られたらステキですね。

橋本さんのお母様は、よく着物を着ていたそう。
子供のころから、関心があったそうですが、本格的に着物の道に進んだのは、40代も半ばを過ぎてから。
ご長男が大学に進学する際、子離れできずに寂しかった気持ちを、着物に傾けたそうです。
それから、勉強を重ね国家認定資格を取得されました。
資格を取得するためには、幅広い和の文化を問うペーパーテストと実技の試験があるそうです。
今は30代になった二人の息子さんは、お母様の活動を応援してくれています。

着付教室は、函館市地域交流まちづくりセンターや、コープさっぽろ石川店文化会館教室などで開催しています。
受講に興味のある方は、各所にお問合せ下さい。
また、出張着付・出張教室などご希望の方も、お気軽にお問合せ下さい。

今週末は、「はこだてもみじフェスタ」で、レンタル着物の着付を行います。
着物での紅葉散策ができます。
一度着物を着てみたい方など、是非お出かけ下さい。

着付のお願い等をしたい方は、090-5985-2000 へどうぞ。

 

はこだてもみじフェスタ」“お着物を着て紅葉を散策しましょう
【日 時】11月2日(金)~4日(日) 11時~15時(受付は14時まで)
【体験料】1,500円(各日20名様限定)



| 1:52 午後 | オトノハにのせて |

2018年 10月 24日 UP!

10月24日(水)『オトノハにのせて』本日のお客様♪



11:10~ 「人ネットワーク」
今日はお客様に、ミス・ワールド・ジャパン2018 日本伝統文化賞受賞の三浦 菜(さい)さんをお迎えしました。

函館出身の三浦さん。
現在は東京で学生生活を送っていますが、ご実家に帰省されていると聞き、ご出演の依頼をしたところ、快く引き受けて下さいました。

三浦さんは、中学・高校時代を遺愛で過ごされます。
高校時代は、英語科で現在の生徒さんたちも取り組むクルーズ船のボランティア活動などを行っていました。
放送局にも所属し、アナウンス部門で全国大会へも出場されています。

大学進学後に、お芝居やモデルの道へ。
そして今年、世界三大ミスコンテストのひとつ「ミス・ワールド・ジャパン」に挑戦し、30人のファイナリストに選出されました。
外見の美しさだけではなく、さまざまなことが問われるコンテスト。
ファイナリストの期間には、多くのトライアルやレッスンが待ち構えていたそうで、自衛隊の訓練を体験なんていう貴重な経験もしたそうです。

日本伝統文化賞を受賞し、今後は函館でも活動できたら、とお話下さいました。
来春には大学を卒業し社会人となる予定ですが、「いつかは函館に帰りたい」ともおっしゃっていましたよ。
今後ますますの輝くご活躍、函館から応援しましょう!!



| 1:29 午後 | オトノハにのせて |

2018年 10月 22日 UP!

10月22日(月)『オトノハにのせて』本日のお客様♪



11:10~ 「人ネットワーク」

今日はお客様に、株式会社 函館カール・レイモン 代表取締役社長の髙橋俊幸さんをお迎えしました。

函館の食卓で、また季節の贈答品に高い人気を誇る、函館カール・レイモンのハム・ソーセージ。
お歳暮に…と考えている方も多いのではないでしょうか?

のちに「胃袋の宣教師」と呼ばれるようになる、カール・ワイデル・レイモンさんが来日したのは、1925(大正14)年。
当時、ハムやソーセージは、まだ日本人に馴染みのないものでした。
それから93年、今や函館発のハム・ソーセージの人気は、全国区となっています。
防腐剤など添加物は使わない等・レイモンさんのイズムは、現在もしっかりと受け継がれています。

室蘭出身で、平成3年に函館カール・レイモンに入社した髙橋さん。
レイモンさんは昭和62年に亡くなっていますので、直接指導を受けたことはなかったそうですが、教えを受け継ぎ製造の道を進んでこられました。

趣味として始められたボウリングは、競技として取り組み、大会への出場歴も!!
現在は、ご家族皆さんがプレーされるそうです。小さな頃から髙橋さんの姿を見ていた娘の咲紀さんは、現在高校生。選手として活躍していて、今年の国体にも北海道代表として出場されたんですよ。
今後の活躍も楽しみです。

函館カール・レイモンでは、27日(土)から「2018秋のレイモン感謝フェア」を開催します。
大人気のハム、ウインナー、ソーセージ、ベーコンなどが特別プライスで販売されます。
日替わりのお買い得品、3日間通してのお買い得品のほか、お得な福袋も販売となります。
レイモンハウス元町店と棒二森屋店では、ファストフードも特別価格でのご提供。
新商品の「大沼ビールスタウトソーセージ」も注目です!!

是非、美味しくお召し上がりください。

 

 2018秋のカール・レイモン感謝フェア
レイモンハウス元町店・棒二森屋店・丸井今井店・本社工場直売店 4店舗合同
10月27日(土)28日(日)29(月)
※本社工場直売店は28日(日)も営業します。
営業時間、福袋の販売数は店舗により異なります。

本社工場見学は、11月12月は繁忙期のためお休みします。

詳しくはホームページをご覧ください。



| 2:14 午後 | オトノハにのせて |

2018年 10月 17日 UP!

10月17日(水)『オトノハにのせて』本日のお客様♪



11:10~ 「人ネットワーク」

今日はお客様に、ボナー・フィルの太田三千代さんをお迎えしました。

ボナー・フィルとはフランス語で「幸せの糸」という意味。
太田さんは、刺繍・手芸作家でハーバリウムとアンデコールロゼットの認定講師でもいらっしゃいます。

ものづくりが趣味で、お子さんの子どもの頃のお洋服などは、全て手作りだったそうです。
娘さんが5歳の時に「売っているお洋服が着たい!!」という衝撃の発言が!!
実はこれ、手作りをされる方の「あるある」なんだそうですよ。
娘さんは、現在大学生に。
太田さんの作る作品の良きアドバイザーとして、いろいろな意見を言ってくれるそうです。

お子さんたちが進学し、手を離れたことから、本格的にものづくりの道へ。
折よく、業務用の刺繍ミシンと出会って、道が決まりました。
ご自宅に設けた工房で、たくさんのミシンに囲まれて、日々作業を行っています。

刺繍の魅力を伝えるために、刺繍以外のジャンルにも挑戦しようと出会ったのが最近話題のハーバリウム。
認定講師の資格を取得されています。

太田さんの「ボナー・フィル」が主催する、ワークショップマルシェが今月末に開催されます。
道南でものづくりをされる皆さんが、講師となるワークショップと作品の販売が行われます。
太田さんのハーバリウムを始め、アクセサリー、糸玉クラフト、陶器、ビーズなどさまざまなジャンルの作家の皆さんが参加しての開催です。
青森県弘前市からは、伝統の「こぎん刺し」の作家の方もいらっしゃいます。
今回ワークショップを始めて開催する作家の方も多いそうで、短時間・低価格で気軽に参加できるものも多くあります。
秋の夜長に、ものづくりいかがですか?

秋の夜長を楽しむ 大人のワークショップマルシェ
【日 時】10月27日(土)11時~18時、28日(日)10時~17時
【場 所】函館蔦屋書店 中央吹き抜けマルシェ
※事前予約不要、持ち物も必要ありません



| 1:34 午後 | オトノハにのせて |

2020年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
 

月別アーカイブ

Tag Cloud - タグクラウド

10月31日(水)『オトノハにのせて』本日のお客様♪

BLOG PROFILE

*タイトル
807ブログ
*ブログ紹介
函館の地域密着型コミュニティラジオ FMいるか。 皆さまに役立つ情報や、地域の楽しい情報を楽しいパーソナリティがお届けします。

FMいるか Blog&SNS List

  • 函館山ロープウェイ
  • 日本コミュニティ放送協会
  • MUSIC BIRD
  • Adobe Reader

FMいるかの公式ツイッターアカウント

FMいるかのFacebook

80.7MHz 函館山ロープウェイ株式会社 FMいるか

〒040-0054 北海道函館市元町19-7
TEL 0138-27-3700/FAX 0138-23-3100
Copyright© 2003-2020, FMiruka. All Rights Reserved.