2021年2月24日、カテゴリ「オトノハにのせて」の記事

2021年 02月 24日 UP!

2月24日(水)『オトノハにのせて』本日のお客様♪



11:10~「人ネットワーク」

今日は、NPO法人 やくも元気村 赤井 義大(よしひろ)さんにお電話でお話をお伺いしました。

先週の金曜日「街ネットワーク」のコーナーに、レギュラーゲストの山田紗織さんと一緒にご出演下さった赤井さん。
実は、「八雲で面白い活動をしている若者がいる」と、度々お名前を耳にしていて、いつかお話をお伺いしたいと思っていました。
「街ネットワーク」では、活動のお話が主でしたので、今回は赤井さんご自身のことも、じっくり伺ってみました。

八雲町ご出身の赤井さんは、中学卒業と同時に八雲町から飛び立ちます。
高校の進学先に選んだのは、なんとニュージーランド!!
海外留学には賛成だったご家族も、中学卒業のタイミングは「さすがに早いんじゃない?」とおっしゃったそう。
決して八雲や、同級生が嫌いだったわけではなく、他の人とは違う進路を、と選んだ先がニュージーランドだったそう。
そこで高校の3年間を過ごされます。
もともと英語は好きな教科だったそうですが、実際に行ってみると英語は全く通じない!!
1月ほどで、なんとなくコミュニケーションが取れるようになり、3年が終わる頃には、しっかり会話ができるようになってはいましたが、日本で日本の友達と話すようなレベルではないと考えた赤井さん。
今度はカナダに向かいます。

大学時代の4年間はカナダのバンクーバーで過ごします。
ちなみにこの間に、バンクーバーで冬季オリンピックが開催されます。

日本に帰国後は東京で社会人生活を送られます。
ときどき帰省する地元・八雲の魅力に改めて気づき始めた赤井さんは、当初は東京と八雲を行き来しながら、そして現在は八雲町に腰を据えて、観光や移住に関すること等、さまざまな活動を行っています。

大正時代に建てられ、町民に愛されてきた、かつての銭湯をリノベーションした地場産のレストランとゲストハウス「SENTO(セントー)」を運営しています。
八雲町は、太平洋と日本海、二つの海を持つ街。
そして酪農の街でもあります。
海の物、山の物、美味しいものがふんだんにあります。
銭湯の趣を残した建物でその食材を使った料理を提供し、古民家ゲストハウスに宿泊することができます。
また、ここを拠点に、季節や自然を満喫できる体験事業も数多く出がけています。

赤井さんの元には、インターンとして都市部から若者もやってきますし、ヘルパーとして海外からのお客様も長期滞在していたりします。
インターンで来た方の中には、移住を真剣に考えている方、またこの春から地域おこし協力隊として八雲に住むことが決まっている方もいます。
ヘルパーとしては、現在はフランス出身のシェフとソムリエのカップルが滞在しています。
2人が活躍するお料理とワインを楽しむイベントは、毎回大盛況だそうです。

昨年立ち上げられた、南北海道の魅力を発信する協議会「Discover Southern Hokkaido」の会長でもいらっしゃる赤井さん。
八雲にとどまらず、各地の魅力を掘り下げて、私たちに楽しい情報を届けてくれそう。
今後の活動からも目が離せません。

Yskumo Villageのホームページはこちら



| 2:38 PM | オトノハにのせて |

2021年2月
« 1月   3月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  
 

最近の記事

月別アーカイブ

Tag Cloud - タグクラウド

2月24日(水)『オトノハにのせて』本日のお客様♪

BLOG PROFILE

*タイトル
807ブログ
*ブログ紹介
函館の地域密着型コミュニティラジオ FMいるか。 皆さまに役立つ情報や、地域の楽しい情報を楽しいパーソナリティがお届けします。

FMいるか Blog&SNS List

  • 函館山ロープウェイ
  • 日本コミュニティ放送協会
  • MUSIC BIRD
  • Adobe Reader

FMいるかの公式ツイッターアカウント

FMいるかのFacebook

80.7MHz 函館山ロープウェイ株式会社 FMいるか

〒040-0054 北海道函館市元町19-7
TEL 0138-27-3700/FAX 0138-23-3100
Copyright© 2003-2021, FMiruka. All Rights Reserved.