2020年1月22日、カテゴリ「オトノハにのせて」の記事

2020年 01月 22日 UP!

1月22日(水)『オトノハにのせて』本日のお客様♪



11:10~「人ネットワーク」

今日はお客様に、七飯男爵太鼓創作会 会長の高橋 理沙さんをお迎えしました。

七飯町を拠点とする七飯男爵太鼓創作会の会長として勇壮に太鼓を打ち、童話作家として優しくも生命力に溢れた温かい言葉を紡ぐ高橋さん。

2016年からは、七飯男爵太鼓創作会を主体に、歌声や芝居も取り入れた音楽劇を手掛けています。
1月26日(日)には、七飯町文化センター スターホールを会場に和太鼓合唱劇「Ryo(リオ)~男爵イモの父 龍と天使の物語」が上演されます。
男爵イモの父・川田 龍吉男爵の生涯を題材とした作品で、これまでさまざまなスタイルで上演してきました。
私も2度、朗読で参加をさせていただきました。

幕末の土佐に生まれ、イギリス留学を経て、帰国後は日本でさまざまな重責を担った川田 龍吉。
日露戦争後、苦境に立たされた、函館ドック再建のために北海道へ。
職を自ら退いた後も、道南に留まり、土を耕していもの栽培に当たります。

イギリス留学中の恋人・ジニーとは、その後再会は叶いませんでしたが、龍吉はジニーからのラブレターを大切に保管していました。
龍吉の死後に金庫の中から見つかった、その手紙の一部は現在、七飯町の「THE DANSYAKU LOUNGE」で見ることができます。

今回は、高橋さんの師匠で「Ryo」の楽曲を手掛けた佐藤 三昭さんが自ら指揮をされます。
また、仙台出身、現在仙台で演劇ユニットを主宰する飯沼 由和さんが、龍吉役で主演を務めます。

今回の七飯公演の後、来月には道南以外での初公演として、宮城県大崎市での公演が決まっています。
時代や立場が違っても、龍吉の生き方や思いは、今の私たちにも通じる、励みになることがたくさんあります。
作品を通じて、その熱い思いに触れてみませんか?是非、お出掛け下さい。

「Ryo(リオ)~男爵いもの父 龍と天使の物語~」
【日 時】1月26日(日) 14時 開場 14時30分 開演
【場 所】七飯町文化センター スターホールで開催
【入場料】一般 1,600円 高校生以下 500円(当日券300円増)
【ご予約・お問合せ】事務局 0138-78-1093/090-9744-6437

七飯男爵太鼓創作会のホームページはこちら



| 2:36 PM | オトノハにのせて |

2020年1月
« 12月   2月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
 

月別アーカイブ

Tag Cloud - タグクラウド

1月22日(水)『オトノハにのせて』本日のお客様♪

BLOG PROFILE

*タイトル
807ブログ
*ブログ紹介
函館の地域密着型コミュニティラジオ FMいるか。 皆さまに役立つ情報や、地域の楽しい情報を楽しいパーソナリティがお届けします。

FMいるか Blog&SNS List

  • 函館山ロープウェイ
  • 日本コミュニティ放送協会
  • MUSIC BIRD
  • Adobe Reader

FMいるかの公式ツイッターアカウント

FMいるかのFacebook

80.7MHz 函館山ロープウェイ株式会社 FMいるか

〒040-0054 北海道函館市元町19-7
TEL 0138-27-3700/FAX 0138-23-3100
Copyright© 2003-2020, FMiruka. All Rights Reserved.