2021 年 7 月の投稿記事

2021年 07月 30日 UP!

7月30日(金)『オトノハにのせて』本日のお客様♪



11:10~「人ネットワーク」

マスクの着用、スタジオ内の換気、消毒を徹底してお客様をお迎えしています。

 

今日はお客様に、市立函館博物館 学芸員の佐藤 智雄(のりお)さんをお迎えしました。

 

今週27日の火曜日、函館の大船遺跡と垣ノ島遺跡を含む「北海道・北東北の縄文遺跡群」が世界文化遺産に登録されました。

その瞬間をご自宅のテレビの前で迎えたとおっしゃる佐藤さん。考古学がご専門の学芸員さんとして、市立函館博物館で縄文に関する展示を担当して来られました。

 

今年度の企画展は「大船・垣ノ島遺跡と世界遺産」。大船・垣ノ島の両遺跡からの出土品をはじめ、「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産の中から、北海道にある遺跡から出土された資料の展示もあります。

 

土偶と言うと、中空土偶(カックウ)を思い浮かべる方も多いでしょうが、実は大きさや形状はさまざま。表裏で表情の異なる(頭部のみなので、どちらが表でどちらが裏かは不明ですが)「双眼土偶」。板状の「板状土偶」など、この地域で出土したいろいろなタイプの土偶をご覧いただけます。「縄文人ってこんな顔だったのかな」「知り合いに似てるな」なんて、ご覧になっても面白いかも知れませんね。

 

遺跡からは炭化した木の実なども見つかっています。貝塚の出土品も含めて、食生活もうかがい知ることができますので、どんな風にたべていたのか想像するのも興味深いですね。

スプーン形の土製品も出土しています。土器から、そんな道具を使って食事をしていたのかも知れませんね。

 

世界遺産の構成資産は、このエリアでは大船・垣ノ島の2つの遺跡ですが、函館周辺には数多くの遺跡があります。今、皆さんがいるあたりも実は遺跡かも?

またそこからは、多くのユニークな遺物が出土しており、博物館や資料館で見ることができるものも数多くあります。

 

現在、それらの遺跡や博物館・資料館を巡るスタンプラリーも開催しています。スタンプを集めて応募すると抽選で豪華賞品が当たります。また各施設で来館者限定のミュージアムカードももらうことができます。ご家族でドライブがてらいかがでしょう?

 

是非、この機会に縄文巡りを楽しんでみませんか?その際、お時間がありましたら是非、学芸員さんの解説も聞いてみて下さい。お気軽にお声を掛けてみて下さいね。

 

「大船・垣ノ島遺跡と世界遺産」は、函館公園内の市立函館博物館で開催中。

9月26日(日)まで。(8月9日と9月20日を除く月曜休館)

9時~17時(最終入館16時30分)

一般 500円、大学・高校生 300円 小・中学生 100円

(各種割引制度等あります。来館の際は年齢等証明できるものをお持ちください)

 

ホームページはこちら



| 2:55 PM | オトノハにのせて |

2021年 07月 30日 UP!

7月30日(金)Golden Beat Pops オンエアリスト



70年代 POPS&ROCKシーンのスター達 #34
★エリック・クラプトン ソロ活動時代 Part.3

① プリテンディング/エリック・クラプトン

② バッド・ラヴ/エリック・クラプトン

③ ティアーズ・イン・ヘヴン/エリック・クラプトン

④ レイラ(アン・プラグド)/エリック・クラプトン

⑤ チェンジ・ザ・ワールド/エリック・クラプトン

⑥ マイ・ファーザーズ・アイズ/エリック・クラプトン

※ここから1980年発表9th.アルバム「エリック・クラプトン・ライヴ・アット・武道館(JUST ONE NIGHT)」からご紹介
⑦ セッティング・ミー・アップ/エリック・クラプトン

⑧ ブルース・パワー/エリック・クラプトン

⑨ ランブリン・オン・マイ・マインド/エリック・クラプトン

⑩ コカイン/エリック・クラプトン



| 2:00 PM | Golden Beat Pops |

2021年 07月 28日 UP!

7月28日(水)『オトノハにのせて』本日のお客様♪



11:10~「人ネットワーク」

マスクの着用、スタジオ内の換気、消毒を徹底してお客様をお迎えしています。

 

今日はお客様に、森町 地域おこし協力隊の山中 治さんをお迎えしました。

 

山中さんは北海道・岩見沢市のご出身。北海道内の大学で学んだ後、東京でシステムエンジニア(SE)としてお仕事をされ、2019年2月に森町の地域おこし協力隊として移住されました。

 

奥様は道南・八雲町のご出身。いつかは北海道に戻って生活したいという思いがおありだったそうです。

たまたま森町で協力隊を募集していることを知り応募します。実は森町の地域おこし協力隊は、山中さんが第1号。「チヤホヤしてもらえるのでは?」とやって来ましたが、何と役場にはSEとしてお仕事をして来られた山中さんをも上回るITに長けた職員さんがいらっしゃったそう!その方とは、すぐに親しくなったそうです。

 

会社勤め時代は、通勤に1時間かかっていたという山中さん。今は5分程度。お昼ご飯を食べに家に帰ることもできちゃいます。

2年半ほどになる森町での生活は、移住前に想像していたよりも不便がないそうです。

森町は美味しいものがたくさんあって、飲食店も件数が多く、さまざまなチェーン店もあります。

 

そんな森町の良さを発信するのも山中さんの役目です。協力隊のミッションのひとつが特産品のPR。野菜や海の幸など美味しいものがたくさんの森町ですが、林産業も盛んで炭焼き小屋がいくつもあります。これらを取材して情報発信をしています。

移住体験住宅の運営・管理もミッションのひとつ。コロナ禍以前は、各所に出向いて移住相談なども行っていたそうです。

 

協力隊と並行してデザインのお仕事も手掛けています。森町の特産品がたくさん描かれた、かわいいメモ帳も山中さんのデザインです。

地域の人たちと一緒に「一般社団法人 モリラボ」も立ち上げました。なんでも光らせちゃう「モリラボ」。地域の文化祭に光る盆栽を出展したり、小学生向けにLEDを使ったワークショップを開催したり、中止になった「桜まつり」のかわりに桜のライトアップをしたりと、楽しみながら活動をしているようです。

 

来年1月に協力隊の任期が満了となりますが、山中さんはその後も森町に住み続ける予定です。

今後の活動拠点となる場所も決めました。年齢層幅広く、さまざまな街の人が集える場所になりそうです。山中さんの今後の活動も楽しみですね。

 

山中さんは、31日(土)に開催されるオンラインの移住セミナー「第1回北海道・渡島地域の暮らしセミナー “住みたいまちを見つけよう!”」に参加し、森町のご案内と共に、先輩移住者としてご自身の体験をお話される予定です。

渡島地域への移住に関心がある方がお知り合いにいらっしゃいましたら、是非参加をお勧め下さい。

 

詳しくはこちらの渡島総合振興局のHPでご確認下さい。

 

山中さんのTwitterInstagramも是非ご覧ください

素敵な写真がいっぱいです♪



| 4:10 PM | オトノハにのせて |

2021年 07月 27日 UP!

サッポロビール「函館地元応援キャンペーン!湯の川とクラシックを楽しもう!」



Daytime Radio、本日のお客さまは、サッポロビール株式会社北海道本社北海道統括支社道南支社 川田 諒さんをお迎えして、現在実施されている「函館地元応援キャンペーン!湯の川とクラシックを楽しもう!」などについてお話していただきました。

 

昨年、実施された「函館山夜景」×「サッポロクラシック」のキャンペーンに引き続き、地元応援第2弾を実施中です。

是非皆さんもご参加ください!

 

☆キャンペーンの詳細、ご応募はこちらの公式ホームページから☆




2021年 07月 26日 UP!

7月26日(月)『オトノハにのせて』本日のお客様♪



11:10~「人ネットワーク」

マスクの着用、スタジオ内の換気、消毒を徹底してお客様をお迎えしています。

 

今日はお客様に、千代台陸上スクール(CRS)コーチの窪田 美津子さんをお迎えしました。

 

熱戦が続く東京オリンピック。30日からスタート予定の陸上競技には、函館出身の2人の選手、金井大旺(たいおう)選手(男子110メート障害)と、城山正太郎選手(男子走り幅跳び)が出場します。

窪田さんは2人を輩出した、CRSでコーチを務めています。

 

両選手は、共に小学生の頃に陸上を始めます。窪田さんは、その直後からコーチをしており、子どもの頃からの2人をよくご存知です。2人とも口数が少なく大人しかったそうですが、真面目で練習熱心だったそう。

金井選手は早くからハードルに取り組みました。一方の城山選手は、小さな頃から足が速く、始めは短距離で競技会に出場していました。現在の走り幅跳びに本格的に取り組むのは高校生の頃からなんだそう。城山選手の跳躍は、助走の速さに特徴がありますが、そのスピードはCRSで培われたものだったんですね。

お2人がオリンピック出場を決めた日本選手権を窪田さんは、ご自宅のテレビで見守っていたそうです。

 

函館出身で、ご自身も小学生の頃から走り幅跳びの選手だった窪田さん。中学校時代の陸上部の顧問だったのが、CRSで長くコーチとして活躍し、金井・城山の両選手も指導した田口純子さんでした。

学校卒業後、陸上からは離れていた窪田さんですが、娘さん2人がCRSで指導を受けることになり、ご自身もコーチとしてスクールに携わることになります。

窪田さんの陸上の師であり、共にコーチとしてCRSで指導に当たった田口さんは、一昨年2019年に他界しています。今回のオリンピックを見てほしかったとお話しくださいました。

 

今現在CRSには、幼稚園の年中さんから中学生くらいまで100名弱の子どもたちが所属しています。

先輩たちのオリンピック出場を喜びながらも、金井・城山両選手はテレビの中で活躍する遠い存在のようで、いまいち実感が湧いていないようです。

 

オリンピック終了後、陸上を始めたいというお子さんも増えるのでは?CRSでは随時、見学・募集を受け付けています。

運動が得意で選手を目指したい子どもたちはもちろん、運動会で早く走りたい、運動は苦手だけれど楽しみながらやってみたい等々、どんなお子さんも大歓迎。子どもには無限の可能性があると窪田さんもお話下さいました。短距離・中距離・跳躍など種目もさまざまです。

現在も、将来が楽しみな子どもがたくさんいるそう。今後も函館から世界の舞台に羽ばたく選手が出てくるかも知れません。楽しみですね。

 



| 4:28 PM | オトノハにのせて |

2021年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
 

最近の記事

月別アーカイブ

Tag Cloud - タグクラウド

7月30日(金)『オトノハにのせて』本日のお客様♪

BLOG PROFILE

*タイトル
807ブログ
*ブログ紹介
函館の地域密着型コミュニティラジオ FMいるか。 皆さまに役立つ情報や、地域の楽しい情報を楽しいパーソナリティがお届けします。

FMいるか Blog&SNS List

  • 函館山ロープウェイ
  • 日本コミュニティ放送協会
  • MUSIC BIRD
  • Adobe Reader

FMいるかの公式ツイッターアカウント

FMいるかのFacebook

80.7MHz 函館山ロープウェイ株式会社 FMいるか

〒040-0054 北海道函館市元町19-7
TEL 0138-27-3700/FAX 0138-23-3100
Copyright© 2003-2022, FMiruka. All Rights Reserved.