2021 年 6 月 18 日 の投稿記事

2021年 06月 18日 UP!

6月18日(金)『オトノハにのせて』本日のお客様♪



11:10~「人ネットワーク」

北海道への緊急事態宣言発出を受け、当面の間、お客様はお電話でのご出演となります。

 

今日は、鳥瞰図絵師の青山 大介さんにご出演いただきました。

「鳥瞰図」とは、空を飛ぶ鳥の視点で描く絵や図のこと。一口に「鳥瞰図」と言っても、描くものや描き方はさまざまですが、青山さんが手掛けているのは都市の鳥瞰図です。都市にあるものを細かく精密に描くことに特化しています。

都市には建物がたくさんあります。その1つ1つを階数や窓の数まで正確に、あるものはあるだけ描いていきます。街路樹の本数も、もちろんあるだけ描きます

青山さんは、遠近感なく街をすべて同じ角度で描きます。地図をベースにして、手前の物も奥の物も同じように描いていきます。

スケールは、1600分の1。人間はわずか1mmの大きさになります。ペン先0.1ミリ、0.13ミリという注射針のようなペンで描くんだそう!!

青山さんが描いた鳥瞰図は、青山さんの地元・神戸で観光案内を兼ねた津波避難のハザードマップとして看板になっていたり、神戸市内の小学校4年生の副教材の表紙絵になっているそうです。

 

青山さんと鳥瞰図との出会いは高校生の頃。学校の倉庫にあった神戸都心部の鳥瞰図がきっかけでした。学校の先輩たちが手掛けたその作品は、鳥瞰図絵師・石原正さんの鳥瞰図を拡大模写したものでした。

その石原正さんが函館のご出身。北島三郎さんとは、函館西高校の同期生でいらっしゃるそうです。石原さんは生まれ故郷・函館の鳥瞰図を描きたいと願いながらも叶わず、2005年に亡くなられています。

 

石原さんに大きな影響を受けた青山さん。青山さんご自身は、神戸生まれ、現在も神戸在住ですが、函館の鳥瞰図を手掛けることになります。

2018年以降、大型連休などを使って何度も函館に足を運んでは街を歩き、写真を撮って鳥瞰図を作成するための取材を続けられました。描く範囲内の路地という路地を歩き、一歩進んでは止まって写真を撮るという作業だったそうです。

 

函館の春夏秋冬を体感された中で、外国人墓地近くの「ティーショップ夕日」からの景色や、立待岬から見る函館山の裏側や波の様子などをお気に入りと挙げて下さいました。

 

コロナ禍でしばらく函館には来られていないとおっしゃる青山さん。函館の鳥瞰図は現在、まもなく半分というところまできました。取材はほぼ終わっていて、あとは描くだけという段階ではありますが、ときどきは函館の空気を吸いたいとお話下さいました。

完成の暁には、函館で作品展を開催して多くの方に見てほしい、出版もしたいとおっしゃる青山さん。

函館がどんな風に描かれているのか、完成が楽しみです。

 

ホームページはこちら



| 3:27 PM | オトノハにのせて |

2021年 06月 18日 UP!

6月18日(金)Golden Beat Pops オンエアリスト



FMいるかでは、北海道に発表された緊急事態宣言を受け、
新型コロナウイルス感染症感染防止対策として、スタジオに来局しての新規番組収録をお休みしています。

このため、今回は、2019年6月7日放送分の再放送をお送りしました。
今週放送分の曲名は、こちらをご覧ください。



| 2:00 PM | Golden Beat Pops |

2021年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
 

最近の記事

月別アーカイブ

Tag Cloud - タグクラウド

6月18日(金)『オトノハにのせて』本日のお客様♪

BLOG PROFILE

*タイトル
807ブログ
*ブログ紹介
函館の地域密着型コミュニティラジオ FMいるか。 皆さまに役立つ情報や、地域の楽しい情報を楽しいパーソナリティがお届けします。

FMいるか Blog&SNS List

  • 函館山ロープウェイ
  • 日本コミュニティ放送協会
  • MUSIC BIRD
  • Adobe Reader

FMいるかの公式ツイッターアカウント

FMいるかのFacebook

80.7MHz 函館山ロープウェイ株式会社 FMいるか

〒040-0054 北海道函館市元町19-7
TEL 0138-27-3700/FAX 0138-23-3100
Copyright© 2003-2021, FMiruka. All Rights Reserved.