2021 年 2 月 4 日 の投稿記事

2021年 02月 04日 UP!

2月3日(水)『オトノハにのせて』本日のお客様♪



11:10~「人ネットワーク」

今日は、く~みん検定事務局 事務局長の川村 陽子さんにお電話でお話をお伺いしました。

「く~みん」とは、北斗市の久根別住民センターのこと。
ここで、英検®(実用英語技能検定)、漢検®(日本漢字能力検定)、計算検定(国際標準計算能力検定)を実施するのが「く~みん検定事務局」です。

昨年からのコロナ禍は、このような検定の受験にも大きな影響を及ぼしました。
試験日程や検定会場が当初予定から変更になったり、検定そのものを実施できない会場も出てしまいました。
現在このような検定は、子どもたちにとって、受験や単位取得のために必要なものになりつつあります。
一度、受験のチャンスを逃してしまうと、その後のスケジュール調整が難しくなる場合もあります。

昨年の第1回の英検®は、検定そのものの日程変更はあったものの、無事に開催ができました。
先月開催された、第3回は、北斗市では会場の変更はありましたが、日程的には予定通りの開催ができました。

検定を受験したい場合、情報を得るために公式のホームページを開く方が多いでしょう。
もちろん、受験のために必要な多くの情報が掲載されていますが、主には本会場の情報となります。
受験は、本会場だけでなく準会場でもできます。日程も、いくつかの設定がある場合が多くあります。
本会場の情報だけで、「会場が遠くて受けられない」「試験の日に他の用事があって受けられない」と受験を諦めてしまう場合もあるようです。
受験を検討される方は、検索の際に、検定名に加えてお住いの市町名を一緒に入力してみたり、塾等に通うお友達と情報交換をしてみることによって、より多くの情報を得ることができるかも知れません。

検定は、早い段階で年間のスケジュールが示されます。
学校の定期試験との兼ね合いや、万が一にも合格できなかった場合を考えて、早めに受験の計画を立てることも大切になってきます。
川村さんは「場慣れも大切」とお話下さいました。
必要に迫られて、ギリギリのタイミングで受験するのではなく、段階を踏んで受験することによって、気持ちに余裕を持って臨むことができそうですね。

函館近郊では、このように検定の受験ができたり、サポートをしてくれている団体があります。
是非、多くの情報を収集して選択肢を増やして下さい。

く~みん検定事務局のFacebookはこちら

ECC浜分小学校前教室のホームページはこちら
(イベント情報にジャンプします)



| 2:51 PM | オトノハにのせて |

2021年2月
« 1月   3月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  
 

最近の記事

月別アーカイブ

Tag Cloud - タグクラウド

2月3日(水)『オトノハにのせて』本日のお客様♪

BLOG PROFILE

*タイトル
807ブログ
*ブログ紹介
函館の地域密着型コミュニティラジオ FMいるか。 皆さまに役立つ情報や、地域の楽しい情報を楽しいパーソナリティがお届けします。

FMいるか Blog&SNS List

  • 函館山ロープウェイ
  • 日本コミュニティ放送協会
  • MUSIC BIRD
  • Adobe Reader

FMいるかの公式ツイッターアカウント

FMいるかのFacebook

80.7MHz 函館山ロープウェイ株式会社 FMいるか

〒040-0054 北海道函館市元町19-7
TEL 0138-27-3700/FAX 0138-23-3100
Copyright© 2003-2022, FMiruka. All Rights Reserved.